テニスシューズに初心者、上級者向けはあるの?あなただけに教えるシューズの紐の結び方

テニスシューズの基本的な事柄について。

テニスをしている、又は過去にしていた方にとっては、テニスをする時にテニスシューズを履くことは普通のことだと思いますが、初心者の方にとっては違いが分からないもの。

テニス初心者の方が入会される時にもなるべく分かりやすく説明するのですが、同じような疑問を持っている方もいるかと思い、今回はテニスシューズのことについて書いてみようと思います。

テニスシューズの機能について

テニス未経験者の方にとっては、ランニングシューズやバスケットシューズとの違いが分からない方もいると思います。

テニスの動きってかなり複雑です。

サイドステップ、ジャンプ、ダッシュ、前後へのストップ、サイドへのストップなど。蹴るという動き以外は全てあると言っても良いです。

ではランニングシューズはどうでしょうか?ランニングは基本的に前向きに走るため、そのシューズは横向きに走る動きに対応するようには作られていません。

また高くジャンプしたり、急激にストップしたりといった動きにも対応していません。

仮にランニングシューズを履いて、そのような動きをするとケガをする可能性がかなり高いです。

僕はランニングシューズでは絶対にテニスをしたくありません。

かなりの確率で捻挫することでしょう。(>_<)

またバスケットシューズはテニスシューズに比べ、くるぶしが大きくガードされていて、捻挫しにくいようになっています。ジャンプが多いため靴底は厚く、その分重くなっています。

テニスシューズは足首の可動域を広く取るため(その方がパフォーマンスが上がる)くるぶしを覆うような構造のものは少ないです。また複雑な動きを長時間行うため、軽量化も考えて作られています。

コートの種類によってテニスシューズも変わる

テニスシューズは、同じモデルでもコートのサーフェスに合わせた靴底のパターンが用意されています。

<コートの種類>

  1. ハードコート(コンクリートなど、表面が滑らかなコート)
  2. クレーコート(土のコート)
  3. オムニコート(砂入人工芝のコート)
  4. カーペットコート(テニスコート用の絨毯でできたコート)
  5. 天然芝コート

このうち、1,4はハード用、カーペット用もありますが、オールコート用のシューズで大丈夫です。

2,3はオムニ、クレー用のモデルがそれぞれ出ています。

オムニクレー用は靴底の溝が深く、柔らかい素材でできていて滑りにくくなっています。

ちなみにハード用は、コートがストップしやすいため、靴底は逆に適度なスライドを出すために、靴底の溝は浅く、大まかなパターンでできていて、素材も硬い物でできています。

テニスシューズの靴底は、あなたがいつもプレイするコートに合わせて選んで下さい。

5の天然芝は日本ではほとんどお目にかからないと思うので、一般的には考えに入れなくて良いと思います。

ここで注意すべき点ですが、シューズの箱に「オールコート対応」などと書かれているものを目にすることがありますが、オールコートとは全てのコートに対応すると思わない方が良いということです。

オールコート用のシューズでクレーコートでプレイすると、靴底の溝が浅いため、専用の靴底シューズに比べて滑りやすくなります。

また逆にオムニ、クレー用を履いてハードコートでプレイすると、靴底が柔らかく止まりやすいため、ストップが効きすぎてねんざの原因になります。

結論は2足のシューズを持っておいた方が良いということになりますが、初心者の方にとっては2足もテニスシューズはいらない、と言うと思います。

そんな方のためにオールコート用がある、と思えば良いです。

テニスシューズにもテニスのレベルに合ったものがある

テニスシューズにも初心者向けから上級者向けまでラインナップがあります。

初心者は上級者ほどダッシュ、ストップは激しくないので軽量化を図られています。また衝撃吸収素材を用いてクッション性を上げています。

一方上級者向けシューズはクッション性は抑えられています。激しくダッシュするためには地面を蹴って、その反発で素早く動く必要があります。

地面を蹴った時にシューズのクッション性が高いと、その反発が吸収されてしまい、レスポンスが悪くなります。

またアッパー(足の甲部分)もしっかりと作られていて、激しいフットワークにも耐えられるようになっています。そのため自然と軽いシューズには仕上がらないし、逆にある程度の重さがある方が安定感があります。

後は値段についてですが、簡単にぶっちゃけて言うと、シューズの性能は値段に比例します。

値段が高いということは、様々な機能が付いているということです。

衝撃吸収材も前後の2か所に入っていたり、替えのインナーソールが付いていたりといった具合です。

競技志向の方向けで、個人的な最近のお勧めはSRIXSONのプロスパイダーですね。

これ、競技志向の方が望む機能を持っていて、さらにインナーソールで足幅を調整できるという優れものです。普通これくらい機能の高いインナーソールを付属させると、別料金がかかるものですが、このシューズには最初からこの高機能インナーソールが付いてきます。

価格も抑え目なので、手が出しやすいですね。

足幅の広い方には向かないかも知れませんのでご注意を。

シューズは一度実際に履いてみることをお勧めします。

自分の足に合わないシューズは痛くて履いてられなくなりますからね。

【フィット感抜群でほどけにくい靴紐の結び方を紹介します】

僕は試合の時はいつもこの結び方で臨みます。

あなたのテニスシューズをよく見て下さい。

そのシューズが、一番上の穴が2つあるタイプ(ダブルホール)しかこの結び方はできないので、あらかじめ確認して下さい。

①下の写真のように、穴が2つあるシューズだと、この結び方ができます。

シューズ1

②次に、この穴に下の写真のように紐を通し、輪っかのようにします。

シューズ2

③できた輪っかに、下の写真のように反対の紐を通します。

シューズ3

④通した紐を引っ張ると足が締まるのが分かります。この時に紐を上に引っ張らず、横に引っ張る事。地面と平行に両手を開く感じで引っ張るとしっかりと締まります。

後は下の写真のように蝶結びをすれば完成です

シューズ4

いかがですか?

この結び方、かなりお勧めなので1度は試して欲しいと思います。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、こんばんわ~(^-^)
    おばさま方がシューズの大事さに気づいてくれるといいですね。
    てにままさんのコーチの気持ち、少し分かりますよ。スライドフットワークが気持ち良いのでしょうね(笑)
    「試合結び」ぜひためして下さい(=゚ω゚)ノ

  2. てにまま より:

    >オールコートとは全てのコートに対応すると思わない方が良い

    毎日テニスをしているオバサンで、判ってない人が多いですよ(笑)
    そしてMYコーチは、オムニでたくさんスライドしたいために
    わざわざオールコート用を使っているそうです(笑)

    靴紐の結び方、明日のテニスで試してみますね。