失敗しないテニス用品の選び方とは? ~ガット編~

ヤフー知恵袋のテニスについての疑問、質問を見ているとガットのことで悩んでいる方が多いように思います。

そこで今回はガットについてのジュリイの考えを書いてみようと思います。

まず僕自身の使用しているガットですが、YONEXのATG850というマルチ系ストリングです。

マルチ系ストリングの特徴として、打球感が柔らかく肘に優しいので、肘を痛めている僕にはピッタリという訳です。

ATG850はマルチ系ストリングの中でも張りがあって飛びが良いと感じているので使用しています。もちろん自分がYONEX契約のインスラクターだからという理由もありますが、その理由を差し引いても自分に合ったガットだなと感じています。

張り替えの頻度は2週間に1度。

それ以上になると明らかに飛びが悪くなり、ボールが重く感じられて肘にも良くないと思い、必ず2週間に1度、自分で張り替えています。

生徒さんにもこのガットを勧めることが多いですね。

ガットというのは消耗品です。

毎日ラケットを持ってボールを打っていれば、嫌でもボールの飛び具合が変わっていくのが分かります。

自然にガットに対するこだわりも強くなり、自分に合った物を探すために色々な種類のガットを張ってきました。

しかしテニスを職業としている人は提供品をメーカーから貰ったり、社割で安く買えたり、自分でガット張りをすることで安く抑えることができますが、ほとんどのテニス愛好家の方はそうではありません。

週に1回テニスをするした場合、3か月は同じガットを使うことになります。

そのガット選びに失敗はしたくないと考えるのは当然だと思います。

そこで、新しい視点でのガット選びを提案したいと思います。

この考え方はガットのみならず、ラケット選びにも応用できます。

いや、テニス用品に限らず、あらゆる商品を選ぶ時の失敗しない選び方、と言っても過言ではありません!?

さて、自分でハードルを思いっきり上げたところで(^^;)

一体その中身とはどういうものなのか?というと・・・。

①自分の好きなメーカー、又は有名メーカーの物を選ぶ

ガットのメーカーならBABORAT、ルキシロン、テクニファイバーなど

理由:上記のメーカーは自社でストリング製造工場を持っていて、独自のノウハウを持っています。他にもそのようなメーカーはありますが、ここに挙げたメーカーは歴史も古く、プロ選手が使用するヒット商品もたくさんあり信頼できます。種類も多いので選びやすいですね。

②その中から、昔から変わらない定番商品を選ぶ

理由:一時的にヒットしたものではなく、昔からあるド定番商品というのはそれなりの理由があるからこそ、今でも売れ続けています。売れなくなった商品、ユーザーに支持されなくなった商品は数年で廃版になります。良い物だからこそ今でも変わらず店頭に並んでいる、という考え方です。

BABORAT、エクセルシリーズ、テクニファイバーTGV、ジュリイのお勧めするATG850もそのひとつです。

ざっくりとした説明でしたが如何でしょうか?

定番商品を選ぶ場合のメリットは他にもあります。

その商品の情報を、スクールのコーチやショップの店員さんが知っている(張ったことがある)ということ。

その商品のことを聞けば教えてくれるし、ネットでも情報が載っています。

しかしマイナー商品や新商品の場合そうはいきません。

コーチやショップの店員さんも全ての商品を張って試した訳ではないので、憶測でその商品の説明をする可能性があります。

もちろん自分で新しい商品を試すという楽しみ方もあるので、新商品を試してみるのもありだと思います。

そうして考えると、ラケット選びも同じように考える事ができる、ということにも気づいて頂けたかと思います。

WILSONのSIXONEシリーズ、BABORATのピュアドライブなどが該当しますね。

ここに挙げたのはほんの一部で、よく見ればどのメーカーにも定番商品というのはあります。

あなたのテニスライフが充実したものになるように祈っています。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする