コーチのボレーは振っている?感覚を真似て上達の扉を開け!

ボレーはスウィングしないように、とかテイクバックを大きく取らないように、とかのアドバイスを受けたことがあると思います。

実際にジュリイもレッスンではそのようなアドバイスをします。

しかしこう思ったことはありませんか?

「でもコーチのボレーって振ってるよね?」 と。

そう!上手な人のボレーって振っているように見えると思います。

でもその上手く見える人に直接聞いてみると、恐らく「振っているつもりは無い」と答えると思います。

なんでしょうか、このギャップは?( ゚Д゚)

スポーツでも僕の趣味の釣りでも、上手な人のマネをするのが上達の近道です。

確かにそうなのですが、見たまんまマネをするのは危険なのではないか?とボレーのスウィングの一件で思ったのです。

ということで、今回のテーマは見た目と感覚はどれくらい違うのか?ということに焦点を当ててみたいと思います。

テニスのスウィングは、テイクバック→インパクト→フォロースルーがあります。

スウィング幅は小さくともボレーでもそれはあります。

さて、それでは振っているつもりは無い上級者のボレーのスウィングの中に、初心者の方から見ると何か誤解を与えるような(ラケットを振っているように見える)アクションが隠されているのかどうか?

細かく分けてチェックしていきたいと思います。

まずボレーのテイクバックはラケットのセットと言い換えることもできます。

ここは問題なしですね。

次にインパクトのポイントまでラケットでボールを迎えに行くのですが、あえて言うならばラケットでボールを迎えに行くこの動きは、ラケットを振っていると誤解を与える動きその①かもしれません。

確かにこの動きはラケットを動かしている(振っている)ように見えますが、上級者の感覚はあくまでボールを捉えるポイントへとラケットをアジャストさせているだけです。

でも初心者の方からの見た目は、ラケットでボールに勢いを与える動きに見えてしまうかもしれないですね。

次はインパクトですが、ここは良いとして問題はフォロースルーです。

ボールを飛ばしたい方向へコントロールするため、インパクトで作ったラケット面の向きを変えないようにラケットを送るのですが、ここがまた誤解を与える動きその②です。

ここでの上級者の感覚は、ヒットしたボールのコースと深さをコントロールするためにラケットの面の向きの微調節を行いつつ、自分の身体ごと打球方向へ進むようにします。コート深くへとコントロールしたい場合は自然とフォロースルーも長くなりますが、これもボールに勢いを与えるためではなく、あくまでもコントロールするための動きだということです。

しかし外からみていると、長くラケットでボールを押しているように見えてしまいますね。

このようにしてボレーのスウィングを外から見てみると、ある程度の長さをラケットが動いているように見えてしまいます。

そしてそのスウィング幅をマネすると、大振りボレーの出来上がりです(^^;)

今までボレーの感覚が上手く掴めなかった方、いつも人からスウィングが大きいと言われる方、どうしてもボレーのコントロールが上手くいかない方は、ボレーの上手な方の見た目をマネでるのではなく、ボレーを打つ時の感覚や気をつけているポイントを本人に聞いてみましょう。

そしてフォームのマネではなく、感覚のマネをしてみることをお勧めします。

もしかすると上達の扉が大きく開くことになるかも知れませんよ?

おまけ

本文に書いた、「上達の扉」という言葉について。

上達というのは徐々になるものではなく、ある時一瞬で起こるものだという考えがジュリイの中にあります。

それは誰かのアドバイスだったり、自分で試行錯誤している時のとある1本のショットだったり、また偶然出したラケットが良い感覚で打てた時だったりします。

その扉は突然に開きます。

今まで厚く閉ざしていたはずの、大きく重いと思っていたその扉が何かの拍子に突然開くのです。

それは小さな感動の一瞬で、その先には上達への道がずっと先まで続いているのです。

もちろんその感覚を自分の物にするには反復練習が必要で、身体が覚えるには時間がかかります。

しかしその閃きは一瞬で訪れるので、ジュリイは「上達の扉」と呼んでいます。

そして自分の生徒さんや、このブログを読んでくれる読者さんが、自分のアドバイスやブログの記事によって一人でも多く「上達の扉」を開いてもらえたら嬉しいなと思っています。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする