スマートテニスセンサーの登場でDUNLOPスウィングラボはどうなる?

SONYから、テニスラケットのグリップ部に装着し、スウィング解析ができる機器「スマートテニスセンサー」が発売されます。

グリップエンド部分に、写真のようなオレンジのセンサーを埋め込み、そこで得た様々な情報を自分のスマホやタブレットに送信することができるものです。

その情報とは、スウィングスピード、ラケットのどの部分でボールを捉えたか、飛んで行くボールのスピード、回転といった情報で、自分のスウィングや飛んで行くボールの分析ができます。

詳しくはこちらの記事や、スマートテニスセンサーで検索すると出てきます。

このような解析センサーは、すでにランニングアイテムなどですでに商品化されていますが、テニスにこれを導入させたのは画期的ですね。

一般発売は2014年5月下旬で、18,000円ほどだそうです。

ジュリイのスクールでも導入を考えていますが、今のところYONEXのVコアxiシリーズやEゾーンAiシリーズにしか装着できないようです。

他のメーカーのラケットや、未対応のラケットに装着したい場合はグリップ内部を加工する必要があり、今のところYONEXのみがその加工を受け付けるようです。

スクールでこの機能を体感してもらいたいのですが、このセンサーの着脱がどれほど手間がかかるのか、またセンサー1台でたくさんのスマホに対応するのかなど、実際に使うにあたり不明なことは多いですが話題になることは間違いないので早く使ってみたいですね。

もちろんその時にはこのブログでレポートしたいと思います。

さて、これが発売されることによってDUNLOPがプロジェクトを勧めている「スウィング・ラボ」がどうなるかが気になります。

スウィングラボを簡単に説明すると、グリップエンドに外付けのセンサーを取り付けて、実際にそのラケットでボールを打ち、その打球情報をPCに送ってドクターと呼ばれるスタッフが分析することにより、最適なラケットを提案するというもの。

当然ですが、その最適なラケットとはDUNLOPまたはBABOLATのラケットです。(※BABOLATのラケットはDUNLOPを通して日本で販売されているため、自社のラケットと同じように推してきます)

スウィングラボ

写真はこんな感じなのですが、このスウィングラボ、DUNLOPから社員が最低2人と、PC、プリンタなどの機器も持ち込んで結構大がかりなものとなります。

このシステムを使って消化できるのは、大体30分で1人。

以前スクールでこのスウィングラボのイベントを行った時は、夕方までで12人が精一杯でした。

イベント自体は好評で、実際にラケットによるスウィングの違いがデータで示されるので、納得してラケットを購入された方もいました。

しかしこのスウィングラボ、初めに紹介したスマートテニスセンサーに比べ、コストとかかる時間が違いすぎますね。

スマートテニスセンサーは自分のスウィング、打球されたボールを分析して上達に生かすことが目的で、かたやスウィングラボは最適なラケットを見つける事ですが、その過程であるシステムはほとんど同じと言って良いです。

これはDUNLOPさん、ピーンチ!

だってスマートテニスセンサーの方が圧倒的にお手軽で、コスパ良すぎでしょ?

価格については、個人で購入するにはためらう金額ですが、団体やスクールならこれは買い!ですね。

皆でワイワイ言いながらデータを見せ合いしたり、コーチにそのデータを見てもらうこともできますよね。

今後は対応するラケットも多くなってくると思われ、またSONY以外のメーカーが参入して、価格も安くなってくれれば良いですね。

おまけ

全豪オープン2014は男子はワウリンカ、女子はリー・ナが優勝でしたね。

全豪へ観戦に行った元コーチから、錦織選手のサイン貰った報告がありました。

なかなかラッキーな奴です。

会った時に土産話を聞こうと思うのですが、その元コーチはオーストラリア放浪中で、日本に帰って来るのは秋になるとのこと。

結構先になりますが、楽しみにしたいです。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、こんばんわ~( ^^) _旦~~
    てにままさんもそう思います?
    YONEXが先手を取った感じですね。
    全豪のワウリンカの優勝でYONEXの新作ラケットは好調な売れ行きが予想されます。
    今年はYONEXの躍進の年ですかね~(^-^)

  2. てにまま より:

    「スマートテニスセンサー」面白そうですね~( ´ ▽ ` )ノ

    使っているラケットはYONEですし
    試してみたいわ^^