ボレー上達のための2つのポイント

華麗なネットプレイを身につけたい、とは誰もが思うのではないでしょうか?

今日はネットプレイの軸となるボレーについて書いてみようと思います。

ボレーが上手くいかない方のうち、考え方を変えるか、自分のボレーを客観的に見ることで、すぐにでも上達します。それではそのポイントを2つご紹介します。

ボレーはコースと深さをコントロールするもの。

スピードは2の次、3の次!

ボレーとストロークの境界線の無い人がいます。

ストロークと同じ感覚で打とうとする方のことです。

ボレーというのはストロークに比べて相手に近いポジションを取っています。

しかもノーバウンドで返球します。

ということは、相手にとっては時間が奪われているということ。

ネットの近くでポジションして返球するだけで、すでに有利な立場に立っているということに気づきましょう。

後は少し相手から遠いエリアにボールを落とせばポイントは目の前です。

落としたいエリアへラケットを向けて、そのまま当てれば良いのです。

相手にとっては、すでに時間が奪われている上に、さらに自分のポジションから遠いエリアにボールが飛んでくるので大変です。

打ってはすぐ次のボールを追いかけるような状況は長くは続きません。

2~3球以内にはボレーヤーのポイントで決着がつくはずです。

あなたが目指すのはそういうボレーヤーではないですか?

そのようなボレーをする人は、傍から見ても上級者と思われることは間違いありません。

コンパクトにラケットをセットし、自分からボールに勢いを与えるのではなく、相手のボールの勢いを利用してボールを思い通りのコースへ飛ばす。

これこそボレーの醍醐味であって、決して1発でポイントを決めるような気持ちは持っていません。

一方ボレーの苦手な方は早くポイントを終わらせようとするあまり、ラケットを動かしすぎています。

その結果ミスが出たり、思い通りのコースに飛ばなかったりと、悪循環をループします。

ネットについているいるということは、すでに有利なポジションにいるということです。

まずは自分が有利なポジションにいる、ということを理解しましょう。そしてポイントを焦らず、自分のラケットのフェイスの向きを調整することに全神経を注いでください。

ぜひ今日を境に考え方を転換させてほしいと思います。

自分のボレーを客観的に見てみよう!

これについては以前も書いていますが、誰かに動画を撮影してもらうのが一番です。

できれば横から撮ってもらい、自分がラケットをどれくらい引いているかを確認して下さい。

上手くいかない人のほとんどはラケットの引きすぎによるものです。

ラケットの引きすぎは様々な弊害を引き起こします。

ラケットを引きすぎると、引いた分をスウィングすることになります。

ノーバウンドで高速で飛んでくるボールに対してラケットを振るのはラケットとボールの衝突です。

衝突したボールが思い通りのコースへ飛ばないのは当然です。

ラケットの引きすぎ、しかしこれは自分ではなかなか気づけません。

自分ではそんなにラケットを引いているつもりはないでしょうが、ボレーの上手な人と比べれば一目両全です。

自分を客観的に見ることにより、新たな気づきがあると思います。

百聞は一見にしかず、とはよく言ったものです。

最近はスマホに動画撮影機能が付いているので、ぜひそれを活用してみて下さいね。

こまめに更新します

ありがとうございました。

フォローする