灼熱の全豪オープン、コートの上は70℃?錦織選手と奈良くるみちゃん大活躍!

全豪オープン2014が真夏のオーストラリア、メルボルンで行われています。

そんな中、我らが錦織選手は2回戦を危なげなく勝利し、3回戦へとコマを進めました。

試合終了後には「意識が朦朧とした」と語っていましたが、最短の3セットで終われたことにより、体力の消耗は最小限に抑えられたのではないか、と思いました。

奈良くるみ選手も2回戦に勝利し、次の対戦はエレナ・ヤンコビッチ。

完全に格上の相手ですが、真夏の全豪では何が起こるか分かりません。

失うものは何もない奈良選手は全力でぶつかって欲しいと思います。

真夏のオーストラリアはまさに灼熱。

気温は40℃にも上り、試合中に体調が悪くなる選手が続々と出ているようです。

本当の話かどうか分かりませんが、コートに置いてあったペットボトルの底が溶けたとか、コートの上の温度は70℃はある!といった話が飛び交っています。

ついに大会運営側も危険と判断し、中断する試合もありました。

中断された試合は、アンドレアス・セッピ(イタリア)VSドナルド・ヤング(米国)の対戦中でした。

この2人の勝者が次の3回戦で錦織選手と対戦することになります。

フルセットの熱戦の結果はヤング選手の勝利でした。

錦織選手にとってはセッピよりヤングの方が組し易い相手(相性の問題)のようで、次の試合も錦織選手の勝利に期待できると思います。

気温への対応がカギになると言える今回の全豪オープンですが、ここからが正念場となってきます。

3回戦まで勝ち残る選手は、テニスの好調ぶりもあるでしょうが、暑さへの対応ができた選手と言い換えることもできます。

世界は広く、あらゆる環境で行われるトーナメントですが、選手にとってはその度に環境に対応していかなければなりません。

しかし私たちが住む日本も、四季があるために季節によってプレーヤーが対応するのが当たり前になっていますよね?

今は気温が低いですが、ジュリイの住む大阪の夏はハッキリ言ってスポーツのできる環境ではないのではないか?と思うくらいの暑さです。

オーストラリアほどの気温ではないかも知れませんが、日本の夏は蒸し暑い!!

そんな日本の、しかも大阪の夏の暑さに鍛えられた奈良くるみ選手にとっては、もしかするとオーストラリアの暑さくらいはどうってことのない暑さではないのでしょうか?

日本人選手の活躍に期待しましょう!

フォローする