テニススクールにお化けが出る?ジュリイの心霊体験

季節外れではありますが、テニススクールでの怪談を書いてみようと思います。

これはジュリイが実際に体験した話です。

それは今から18年前のことでした。

すでに大学テニス部としての活動も終わり、学生生活は終わりを迎えつつある頃でした。

その頃すでにジュリイは学生アルバイトコーチとして、現在も勤めているテニススクールの会社に所属していました。

スクールにはいくつかの系列校があり、その内のひとつのスクールで行われたダブルスの試合に友人とエントリーしました。

系列校ではあるものの、行ったことの無い場所で試合をするということで、どんな所なのか、半分楽しみでもありました。

そのスクールはアウトドアで、ハードコートが3面ありました。

試合当日、会場のスクールに着いた時に、何となく暗い雰囲気のするスクールだな、と思いましたが、試合まであまり時間が無いので、着替えをするために男子更衣室に行きました。

入った瞬間に思いました・・・。

「早くこの場所を離れたい・・・」(-_-)

念のため言っておきますが、僕はいわゆる霊感がある訳ではありません。

むしろどちらかというと鈍感な方です。

そんな僕がその時は本当にそう思いました。

なんとも重苦しく嫌な感じがして、着替えている間もずっと悪寒がしていました。

着替えもそこそこに更衣室から転げるように出てきてコートへ行きました。

その日の試合が終わりましたが、あの更衣室で着替えをする気にはどうしてもなれないので、スクールの事務所で着替えをさせてもらいました。

その日は何かを確信した訳ではなく、スクールの雰囲気が暗いこと、特に更衣室の周辺は何となく近づきたくないな、くらいに思っていました。

それから2年くらいが過ぎた頃です。

再びそのスクールへ行くことになりました。

既にジュリイは社員として働いており、普段は行かないそのスクールに、半日だけの出張として行くことになったのです。

2年前のかすかに感じた印象など、行く前はすでに忘れていました。

その日の仕事はトーナメントの運営でした。

あまり人の来ないそのスクール内のイスに座って、ワープロを打ったり受付をしたりとゴソゴソしていました。

そのスクールは流行っていないのに、フロアがやけにだだっ広く、天井の照明を点けているのに暗い雰囲気がしていました。

あまりにも雰囲気が暗いので、天井からアンパンマンとか、食パンマンやらの人形を吊り下げて、明るくする努力をしていました。

そんなことで明るくなるのか?とジュリイも思いましたが、まだ新入社員なので黙っていました。

そんなことを思いながら仕事をしていると、

ふっ・・・

と、何かが横切るのです。

反射的にその方向を見るのですが、誰も来ていないし、何もいません。

気のせいか?と思ってワープロ作業をしていると、また何かが横切る気配がします。

今度は空間ではなく、鏡の中を何かが横切ったのが見えたように思いました。

しかし誰も来ていないし、何もいないのです。

その方向を見ても、無駄に広いフロアがあるだけで、人が通ったら絶対に気づかないはずは無いのです。

鈍感なジュリイもさすがに気味が悪くなって来ました。(;^ω^)

そんなこんなで、結局決定的な何かを見た!という体験ではありませんでしたが、後でそのスクールに常駐している社員に聞いてみました。

「なあなあ、〇〇テニススクールって、なんか雰囲気おかしくない?もしかして・・・?」

普段そこで働いている者にそんなことを聞くのもどうか、と思い、控えめに聞いてみると

「ああ、やっぱり分かった?・・・いてるよ?」

( ゚Д゚)  そ、そんなはっきりと答える???

と思いましたが、つい

「やっぱり!?」

と言ってしまいました。

「やっぱり」って何やねん!!( ゚Д゚)と、あまりにもあっさり認めるのもどうか、と思いましたが、その社員はジュリイが体験したようなことは日常的に起こっているので慣れたらしく、少々のことではビビらなくなっているようでした。

しかしある日、夜の9時ごろに5歳くらいの男の子が真っ暗なテニスコートに立っているのを見た時はさすがに怖かったようです。

他には、やはり男子更衣室は誰も近づきたがらない、ということも聞きました。

・・・やっぱり(ジュリイ)

それからはできるだけそのスクールには近づかないようにしました。

それからしばらくして、地主の都合でそのスクールは廃校となり、今はその土地にマンションが建っています。

・・・・・・いいのかな?(;´∀`)

おまけ

お化けが出る、などの話はどこにでもありますが、実際にその場所で仕事をしてみると、強烈に怖かったです。(^^;)

今でもよく近くを通ります。そのたびに思い出すので、ブログに書いてみました。

また何か思い出したら書いてみます。

ありがとうございました。

フォローする