両手打ちバックハンドの上達のコツ ~身体の回転は大事~

バックハンドストロークが苦手、と言う人って多いですよね。

ジュリイの周りにもそんな人は多いです。

しかしバックハンドストロークは1度覚えてフォームが固まってしまえば、大きなスランプに陥りにくい傾向があります。

フォアハンドに比べて自由度が低いため、スウィングが乱れにくいのです。

ダブルハンドの場合、両手でラケットを握っているため、手打ちになりにくいということもあります。

しかしそれでも苦手な人は多いです。

ではなぜ苦手な人が多いのか、その理由を挙げてみます。

バックハンドが苦手な理由

理由❶両手打ちの場合、両手で持つと、つい利き手に力が入ってしまうため

(※力の入れ具合は均等か、利き手と反対の手に力が入る方が良い)

理由❷利き手と反対の手に力を入れてラケットを操作することに慣れていないため

理由❸単なる練習不足

理由3の説明ですが、バックハンドはフォアハンドの倍の練習量が必要と言えます。

それはバックハンドスライスがあるからです。

ある程度のレベルになってくると、プレイの幅を広げるためにバックハンドスライスが必要になってきます。

しかしバックハンドスライスはフラットドライブのスウィングに比べて、グリップも違えばスウィングも違う。全く違う感覚でスウィングする必要があります。

バックハンドはスウィングが2種類ある。

ということはフォアハンドの倍の球数を打って練習しなければいけない、ということになります。

ところがほとんどの人がフォアハンドと同じくらいの球数か、むしろ少ないくらいですね。

それではフォアハンドと比べて上達が遅くなることは当たり前と言えます。

さて、両手打ちバックハンドストロークのコツですが、昨日の記事で述べたように、身体の回転が大事なことは大前提です。

これを理解した上で、さらに付け加えると・・・

スウィング幅はフォアハンドの半分で良い

になりますかね。

あ、ダブルハンドに限ります。

シングルハンドのコツは以前お伝えした、シングルバックは居合抜きで斬れ!で書いていますので興味のある方は色付きの文字から入って下さい。

両手打ちバックハンドは身体をターンさせるとほぼテイクバック完了です。

フォアハンドは比較的大きくテイクバックを取るプロ選手もいますが、両手打ちの場合は大きく引く選手はいません。

両手を大きく身体から離すと不安定になるだけです。

両手で持っているため、テイクバックからインパクトまでの距離が短くてもパワー不足の心配はいりません。

なので、テイクバックを大きく取っている方はボールの後ろにセットするくらいのシンプルテイクバックにトライしてみて下さい。

大きなフォロースルーも必要ありません。

ボールを飛ばしたい方向にラケットのフェイスをキープするようにしましょう。

インパクトからフォロースルーにかけて、後ろの手(利き手の反対の手)でボールを1個か2個分グイッとプッシュする感じを持って下さい。

最後にトップスピン大好きな人へのアドバイスを一つだけ。

フォアハンドと両手打ちバックハンドを比べると、明らかにフォアハンドの方がトップスピンをかけやすいはずです。

両手バックハンドでもスピンはかけることはできますが、フォアハンドと同じようにとはいきません。

両手打ちバックハンドで強烈なスピンをかけることを諦めることが上達への近道ですよ。

あのナダル選手も、よく見てみるとフォアとバックのスピン量は違います。

いろいろ書きましたが、ベースとなるのは身体の回転です。

それは「レベルに関係なくフォアハンドストロークに必要なものとは?」の記事にも書きました。

そして両手打ちバックハンドの特性を理解してスウィング練習を重ねれば、必ず上達します。

腕や手を動かしているうちは上手くいかないし、速いボールも打てません。

身体をしっかり回すこと。打ち終わった後、おへそが打球方向に向いているか、も合わせてチェックしましょう!

<お知らせ>

テニスに限らずスポーツは体幹が大事です。

この本にはテニスのパフォーマンスが上がる体の使い方や、技術を伸ばすための体幹トレーニング法について詳しく書かれています。

こまめに更新しますので、お気に入り登録をお願いします。

メール、コメントもお待ちしています。

ありがとうございました。

フォローする