レベルに関係なくフォアハンドストロークに必要なものとは?身体の回転が大事!

テニスを始めて一番最初に教わるのがフォアハンドストロークだと思います。

そして上達していく中で何度も壁にぶつかるのもフォアハンドストロークです。

今回はそんなフォアハンドストロークに焦点を当ててみようと思います。

僕は様々なレベルのクラスを担当しています。

キッズクラスからジュニアクラス、成人初心クラスから上級者クラスまで幅広く担当しています。

同じフォアハンドストロークでも、各々のレベルに応じてアドバイスする内容は変わってきます。性別、年齢によっても変わります。

グリップが変わるとスウィングも変わります。

最終的にはアドバイスする人によって全く違うことを言ったりします。

フォアハンドストローク1つ取っても、ブログのように、アドバイスをする対象が見えない人に対して、どのように発信することがベストなのか?

恐らくこれが正解!という答えって無いのではないかと思うのです。

しかしどのような年齢、性別、レベルであっても共通することがあります。

これ無くしては上達はあり得ないというものです。

いくらプロ選手や憧れの先輩のフォームを真似しても、このポイントを外してしまうと全く意味がなくなってしまう、というもの。

現代フォアハンドストロークで最も重要だとされるのは・・・

身体の回転運動です!

いくら腕を振り回しても速くて正確なコントロールはできません。

ナダルのようなフォロースルーだけを真似しても、決して同じボールは打てません。

大事なのは身体を回転させることです。

体幹とか軸とか、はたまた骨盤という言葉を聞いたことがあると思います。

以前に「パワーポジションで骨盤を動かせ!」という内容の記事を書きました。

また、質問と回答では、「テニスのスウィングに腕の力は必要か?」という記事でお答えしています。

これらも全て同じことを伝えているつもりなのですが、つまりは身体を回転させると自然にスウィングできますよ、ということです。

腕はこう、足はこう、ラケットはこう、などといちいち考えなくても良いのです。いや、むしろ考えない方が良いのです。

大事なのは身体の軸を回すこと。

コマのように、ですね。

他には、でんでん太鼓のように、という例えもあります。

頭のてっぺんから首筋、背骨から尾てい骨までを一本の軸にして、その軸を回してあげて下さい。

すると、自分の胴体を中心にした回転運動になります。

レベルを問わず、現代フォアハンドに通用する考え方です。

身体が回ると勝手に腕が振られます。当然ラケットも遠心力で振られます。

その時も腕や手に力は要りません。

腕を意識して振る必要はなく、腕や手のひらはラケットの面の向きを調節する役割に使います。

逆に言うと、腕を振ってしまうとラケット面の向きの調節をする役がいなくなり、コントロールは悪くなってしまいます。

身体を回しましょう。できれば骨盤を回す感覚を持ちましょう。

ひとつだけ付け加えるなら、頭は(目線は)ボールを見たままで、と言っておきます。

フェデラー

※ぜひお手本にして欲しいフェデラーの画像

( ゚Д゚)「いつまで見てんねん!」と思わず言いたくなるくらいですよね?

さらに詳しいテニスのスウィングの秘密について知りたい方はコチラをお勧めします。 アナトミー・トレインテニス動画 7つの秘密(特典付き)

ジュリイが実際に見て良いと思ったものだけを紹介しています。

アナトミートレインテニス動画の感想については、「ジュリイの感想はこちら」をご覧下さい。

ランキングに参加しています。ボタンを押してくれると投票完了です。2秒間のご協力、よろしくお願いします。


テニス ブログランキングへ

おまけ

分かりやすい解説になっているかはなはだ疑問ですが、スランプに陥りやすいのはバックハンドよりフォアハンドです。

あなたも一度は悩んだことがあるはずです。

疑問点などあれば、遠慮なくメール、コメントをお待ちしています。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする