テニスの上達に他のスポーツの経験はプラスになるのか?バドミントン編、卓球編

過去、学生時代に経験したスポーツはテニスのプレイにどう影響するのか?

ジュリイが今までレッスンしてきた経験を元に、そのプラス面とマイナス面を解説してみたいと思います。

バドミントン

同じラケットスポーツということもあり、共通する部分は多いですが、特に似ているのはスマッシュです。

バドミントンの代表的なショットのスマッシュとテニスのスマッシュ、この2つはグリップ、スウィングともに共通しています。

ほぼ同じだと思って問題ありません。

サーブに関してはバドミントンの場合、アンダーサーブのみのため全く違うものです。

テニスのサーブはどちらかというとスマッシュに近いと言えるでしょう。

バドミントンとテニスの道具の違いを上げてみます。

バドミントンのラケットはテニスラケットに比べて軽く、シャトルも軽いため、手首を積極的に使うことが重要になってきます。

一方テニスの場合はラケットの重さとボールの重さがあるため、手首はバドミントンほど使わない方が良いです。

ラケットとボールの重さがあるため、テニスのスウィングは体重移動と身体の回転運動を積極的に行って、ボールにパワーをぶつけます。

バドミントンの場合は、パワーより反射とタイミングが大事なのではないかと思います。

テニスと同様にパワーを出すことも重要だとは思いますが、実際の試合を見ると時間的余裕の無い状況が多く、毎回しっかりとスウィングできる訳ではないように思います。

同じラケットスポーツですが、身体の使い方とラケットワークの違いを理解する必要がありそうですね。

テニスのボレーは、バドミントンの「プッシュ」に似ていると思います。

バックハンドを打つ場合もバドミントンは積極的に手首を返す動きがありますが、テニスでその動きをするのはキケンです。

バドミントン経験者がテニスをする場合、手首の使い過ぎによる故障に気をつけて欲しいと思います。

卓球

同じラケットスポーツで、テーブルテニスとも呼ばれる卓球ですが、これも似ている部分が多いスポーツです。

卓球の経験者は、速いピンポン球に反応する目と、身体の反応が特に良いという印象があります。

テニスでのネットプレイでは特に生かせると思います。

卓球のスウィングはテニスのスウィングに比べ、コンパクトです。

それはコートの広さの違いと、ボールの重さ、ラケットの重さの違いから来ています。

卓球経験者が初めてテニスをすると、ラケットの長さの感覚に慣れるのが大変かもしれません。

ボールに回転をかける、ということについてですが、卓球の場合はテニスよりバリエーションが多く、回転量が多いと有利になることが多いと思います。

卓球台とピンポン球は、共に表面が滑らかなため抵抗が少なく、相手コート(テーブル)に球が届いてもなお回転が強く残り、相手の打球に影響を与えます。

回転方向と回転量を見極めた上でラケットを出さないと、とんでもない方向に球が飛んでいってしまいますね。

しかしテニスの場合は相手コートまでの距離が長いことと、ボールに重量があり空気抵抗も大きいため。またボールとコートの表面の抵抗も大きいために、相手コートにバウンドするとほとんどのボールは順回転に変わります。

テニスのボールは毛が生えていることにより空気抵抗が強く、回転のかかったボールは空中で曲がり、バウンド後はさらに曲がります。

ボールに回転をかけることにより直接ポイントを取ることを狙う卓球と、回転をかけることはポイントを取るための戦術という位置づけのテニスとの違いは面白いところだと思います。

また卓球のラリーのタイミングは非常に速いため、テニスのボレーに応用できると思います。

テニスのストロークのタイミングは、もっとゆっくりしたテンポなので、それに慣れることが必要になってくるでしょう。

テニス経験の浅い方へ向けた、「失敗しようがないテニス上達法動画」というDVDを買ってみました。
DVDを観たジュリイの感想と評価はこちら⇒テニス初心者、初級者にぴったりのテニス上達法DVDがありました!

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする