テニスのスウィングに腕力は必要か?質問と回答

以下のような質問を頂きました。

お久しぶりです。先日の技術カテゴリーにあった腰を使って打つというのがとても参考になって自分もやってみようと思いました!そこで質問なんですが、腰を回すと力を入れなくても自然と腕が付いてくる感覚は分かったんですが、実際に打つときに腕の力は全くいらないんでしょうか?もし力を入れないとなると体が開いた後に打つことになると思うんですが正しいですか?逆に力を入れて腕を振ろうとすると腰を使ってる実感がわきません。正しい感覚を教えてください!

ここまで

パワーポジション骨盤を動かせ!に対しての質問だと思います。

>腰を回すと力を入れなくても自然と腕が付いてくる感覚は分かったんですが

とありますね。

この感覚が分ればあと一歩ですね。

それに次のようにあります。

>実際に打つときに腕の力は全くいらないんでしょうか?

そう!その通り!

腕に力を入れる必要はありません。

>もし力を入れないとなると体が開いた後に打つことになると思うんですが正しいですか?

これで合っています。

腰が回転すると、胴が回り、肩が回り、そこから腕が引っ張られます。

実はその前には母指球で捉えた地面を、足で蹴る動きも行われています。

これらの動きは運動連鎖と呼び、運動連鎖は下半身から起こります。

下半身からスタートした動きは徐々に上半身へ移り、ほんの少しづつ遅れて加速しながら次の動きへとつながっていきます。

下半身から上半身へ、大きな筋肉から小さな筋肉へと続いていき、最後に手首でラケットヘッドを返す動きでフィニッシュとなります。

>逆に力を入れて腕を振ろうとすると腰を使ってる実感がわきません。正しい感覚を教えてください!

先ほど書いたように、腕や指や手のひらに力を意識して入れる必要はありません。

運動連鎖がスムーズに行われるためには、動きの順番が正しく行われる必要があります。

簡単に言うと、腕や手に力を入れるということは、その順番を守っていないということになり、結果として腰を使っている実感がわかない、ということになります。

質問者のK君は、自分の身体からの情報を敏感に受け取れる力があると思いますね。

たとえ自分の身体であっても実際のスウィングの中で、自分の身体がどうなっているかが理解できていない方がほとんどですから。

運動連鎖の最後に加速したラケットヘッドが急激に返り、ボールをヒットすることによって、爆発的なボールが弾き出されます。

上手く運動連鎖がつながったスウィングができて、きちんとスウィートエリアでボールを捉えることができたら、ボールの重みもほとんど感じないので、ボールに負けまいと腕に力を入れる必要もなくなりますよ。

こんな感じの回答ですが、いかがでしたでしょうか?

また質問などあれば、気軽にコメント、メールを頂けたらと思います。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    K君、こんにちは。
    お役に立てて良かったです(^-^)
    また気軽にコメント下さいね~♪

  2. shodai.k より:

    とてもわかりやすかったです!ありがとうございました!今日自分でやってみて、今までの練習してきたショットがなんだったんだろう・・と思ってしまうくらいきれいにはいって気持ちよかったです。今までは手の力で打ってたので、オープンよりもクローズのほうが力が入れやすくてクローズで打ってたんですが、オープンで腰を使ったショットは、力もいらずに、手の力だけだと難しい緩い球の打ち込みも安定して打ちこむことができてとても大きな収穫になりました”まあ今までのがあったから少しの調整で出来たと考えることにします。
    ジュリイさんのブログは面白いし役に立つので見るのが楽しみです!リクエストするとしたらもっと今回のような技術面をいろいろ教えていただきたいで~す!
    回答ありがとうございました!