テニスのカウントの仕方って?分かりやすい方法はコレ!

テニスを始めて知った時、そのカウントの仕方が変わっているな、と思った方は多いと思います。

なぜこのようなカウントの仕方をするのか?

元々はどこから来たのか?

諸説ありますが、ジュリイがいつも初心者の方へ分かりやすく伝えるための方法を紹介しようと思います。

まず、テニスのカウントは4ポイントが1セットとなっています。

0点=ラヴ

1点=15(フィフティーン)

2点=30(サーティ)

3点=40(フォーティ)

4点=ゲーム!

3点目以外は15点づつカウントアップされています。

ここは3点目のカウントの仕方はひとまず置いておいて、このカウントアップのスパンを時計に置き換えましょう。

スタートは0点

1点目を取ると、アナログ時計では15分まで針が進みます。

2点目は30分まで針が進みます。

3点目は45分まで。

4点目を取ると時計の針が1周して0点に戻る、というカウントの仕方です。

問題は3点目。

なぜかここでプラスされるのは10点だけ。

ここが謎なのですが、これは単に発音しにくい、面倒くさいので「フォーティ」ということにした、ということです。

この考え方が初心者には一番覚えやすく、忘れそうになったら時計を思い出せばよいので簡単でお勧めです。

実際初心者クラスのレッスンでも皆が納得してくれます。(^^;)

テニスを始めたばかり、というあなたも是非この考え方を採用して下さいね。

ついでに初心者の方に向けて、カウントについてのルールのようなものも書いてみたいと思います。

まず、このカウントはサーバー(サーブを打つ人)がサーブを打つ前に相手に聞こえるようにコールします。

「15-0」(フィフティーン、ラヴ)て感じですね。

この場合はサーブ側が1点、レシーブ側が0点ということになり、逆の場合は

「0-15」(ラヴ、フィフティーン)ということになります。

カウントが進むと点数が同じになる場合が出てきます。その場合は、

「15-15」(フィフティーン、オール)と言います。

さらにカウントが進むと、

「40-40」となります。

公式のルールではこの場合は

「デュース」となり、デュースの次は

「アドバンテージ〇〇」※〇〇の中はサーバー又はレシーバーです。

どちらかが2点差をつけるとゲームです。

公式ルールでは、と言いましたが、現在は日本でダブルスを行う場合、ノーアドバンテージルールが一般的と言っても過言ではありません。

ノーアドバンテージルールとは、デュースになったら1ポイントで決着をつけるルールです。

この場合、レシーバーがどちらのサイド(デュースサイドか、アドバンテージサイドか)でレシーブを受けるかを選ぶことができます。

ノーアドで行う場合のカウントの仕方は、

「40-40」は、フォーティオールと発音します。

相手がルールに慣れていない場合は、「レシーブサイドのチョイスお願いしま~す」と、優しく言ってあげましょう。

ちなみにこのノーアドルールはプロのダブルスの試合にも採用されていて、半分公式ルールのようになっています。

このノーアドルールができたのは元々は時間短縮のためです。

テニスは試合時間が決まっていないため、シングルスの長い試合だと5時間くらいかかることもあります。

戦う方も大変ですが、見る側も大変で、テレビ放映をするにしても時間が読めないためにこれまた大変、ということになります。

そこでノーアドルールの登場です。

デュースが延々に続くとどうしても試合時間が長引くため、1本で決着をつけてしまおう、という考えです。

しかし、プロの試合で採用されているのはダブルスのみです。

伝統と格式を重んじるためでしょうか?ノーアドルールはシングルスには採用されていません。

しかし、元々ダブルスは展開が早く、そこまで時間が掛かるのか?と言われると、そうでもないと思います。

なので、ノーアドルールで大幅な時間短縮ができたのか?というと非常に疑問ですが・・・。

話を戻して・・・。

フォーティの次にポイントを取れば、ゲーム!となり、そのゲームを取ったことになります。

次のゲームに入った時にはその時のサーバーが、

「ゲームカウント〇ー〇」と、自分たちのカウントを先に言って、新たに次のゲームをスタートします。

※本当のカウントの仕方は少し違いますが、一般的にプレイする場合はこれで問題ありません

カウントの仕方が分かれば自分達でテニスを楽しむことができるようになります。

いつまでも分からない、と人に頼っていないで、自分でしっかりカウントできるようになりましょう!

次回はレンタルコートでテニスを楽しむための注意点やポイントを書いてみたいと思います。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする