確率で考える、ダブルスポイント獲得術 ~ダブルス家訓シリーズ~

予測力を磨くとダブルス力がUPする、という記事がありますが、以前にも予測について触れた記事、「来ないコースを捨てるべし」があるので、合わせて読むとより理解しやすいかも知れません。

今日は一歩進んで、予測がある程度できる方向けの内容になりますが、初心者の方にも分かりやすく書くつもりなので、ぜひ最後まで読んで下さいね。

予測は大まかに分けて2つあります。

1つ目は、自分達がチャンスの場合の予測。

2つ目は、逆に自分達がピンチの場合の予測です。

プレイスタイルや性格にもよると思うのですが、ジュリイが見てきた中で多いのが、ピンチの予測には優れているが、チャンスの予測ができていない方。

相手がハイボレーで強打してきてもしっかりブロックして返すことができたり、さらにはスマッシュを打たれても返してしまうことができる方。

パートナーの弱い所を相手が突いてくることを予測して、そのカバーに走って簡単にポイントを取らせない方。

こういったピンチの状況にいち早く気づき、対応し、イーブンの状況に引き戻してしまうことができてしまう方はピンチの予測力に長けていると言えます。

しかし、ピンチの予測はできているのに、チャンスの予測ができていない人の方が圧倒的に多いように思うのです。

いや、チャンスの予測もできているが、行動に移せていないだけなのかも知れませんね。

今回はこのような方の役に立てるような考え方をお伝えしたいと思います。

分かりやすい例を出して説明しますね。

自分またはパートナーが相手を追い込むようなボールを打ったとします。

図1ロブそのまま

図1の中の、Cが自分だとします。

パートナーのDがロブで相手Aを走らせました。

図1では、C(自分)のポジションはクロスのポジションから変わっていません。これでは仮にセンター付近にチャンスボールが来ても、ポイントに繋げることは難しいでしょう。

次は図2です。

図2ロブ

あなたは斜線の来ないコースを捨てて、大きくセンターに、しかもネットに詰めています。

これなら甘いボールは全てポイントに結び付けられるでしょう。

相手Aはこの時、斜め後ろに走ってボールを追いかけています。

このような状況であなたがAなら、振り向きざまにショートクロス(斜線のエリア)にボールをコントロールできるでしょうか?

斜め後ろに走って、しかも斜線のエリアに背中を向けて、高く弾んだボールを、ある程度のスピードを出してショートクロスの斜線のエリアにコントロールする。

無理ッス!(;´∀`)

せいぜいストレートにロブで返球するのが関の山です。

そのストレートのロブが浅くなった場合があなたの出番です。

深いボールはパートナーに任せればいいですね。

また、並行陣ができるレベルのパートナーなら、DはAから上がってくるロブをさらに攻撃するため、サービスライン付近にポジションを上げると、ポイントできる可能性が上がります。

これはかなり分かりやすい例でしたが、斜線のエリアに相手が打ってきてポイントを取られる可能性はかなり低いです。

5%くらい?でしょうか。(^-^)

この5%が気になるあまり、来る可能性の高いコースのボールを見逃してしまうのはかなり勿体ないです。

この考え方は何も例に出した状況だけでなく、色んな場面で使えます。

時には、斜線のエリアに来る可能性が30%になるかも知れません。

しかし行動は同じです。

来る可能性のより高いポジションへと移動するべきです。

では残りの30%に来たらどうするのか?

ポイントを取られるかも知れません。

その場合、あきらめて下さい。

( ゚Д゚)???ナニ?

と思ったあなたに、もう一度言います。

あきらめて相手に拍手を送って下さい。パチパチパチ~!(^^)!

冷静に考えると分かるのですが、

図2のポジションを取ることによって、ポイントを取れる確率が仮に70%だとします。

その代わり、ポイントを取られる確率は30%あります。

図1のようなポジションなら、ポイントを取れる確率も20%。取られる確率も20%で、残りはラリーが続くということになります。

ということは、単純に考えると、ポイント獲得率は50%となります。

70&と50%。あなたはどちらを選びますか?

一瞬訪れた70%でポイントを取れるチャンスを見逃してはいけません。

30%のリスクに気を取られてはいけないのです。

気持ちは分かります。

しかしここはぜひ思い切って、大きくコートを空けてでもポイントを取りに行って欲しいと思います。

※ダブルスのポジションや配球でお悩みの方にお勧めする動画、「テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム」というものがあります。

ジュリイの感想は「ダブルス必勝プログラムの中身を公開」から見れます。

おまけ

なんだか真面目に語ってしまいましたが、いかがだったでしょうか?

コメント、メールなど頂けると励みになるので、遠慮なく送って下さい。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする