ダブルスは予測が命!予測力UPの考え方とは?~ダブルス家訓シリーズ~

テニスのダブルスの初級レベルと中級レベルの差はここにある!と言っても過言ではないとジュリイが思うのが「予測力」です。

トーナメントに出ても、なかなか予選が通過できない。

いつも相手に操られているような気がする。

バタバタしているうちに、いつの間にか試合が終わっている。

などと思う事はありませんか?

そんなあなたはもしかすると予測力が不足しているのかも知れません。

ダブルスは展開が早いだけに、予測力があるのと無いのとでは雲泥の差が出てしまいます。

テニスの技術レベルが同じくらいでも、いざ試合になると予測力のある方が勝ちます。

それほどダブルスにおいては予測力が大事なのです。

プロ選手のダブルスを生で見たことのある方は分かると思いますが、ありえないスピードと展開に圧倒されますね。

もはや人間技ではないと感じた方もいると思います。

しかし、プロ選手も人間です。反応のスピードにも限界があります。

ありえないボレーボレーの展開や、至近距離からのストロークをボレーで返球する反応のスピードも、ある程度予測を立てているからできるのです。

もし相手がどこに打ってくるのか、全く予測できないままでは、さすがのプロ選手もそんなにポンポン返せる訳がないのです。

予測力=ダブルス力、と言っても言い過ぎではありません。

レッスンのゲーム形式練習で、コーチの言ったことを1つ1つ覚えても、パターンは無限にあり、覚えるのは不可能です。

そもそもテニスは同じボールが2度とは来ません。

この時はこうする、というのはある程度ありますが、すべてに対応することはできず、基本的な動きに限定されてしまいます。

では、どうすれば予測力をUPさせられるのか?

これは実は簡単です。(^-^)

答えは・・・

相手を自分に置き換えて考えるべし!です。

そうすることによって色んな事が見えてきます。

この場面であなたが相手ならどこに打ちたくなるか?

追い込まれた時にどんなボールを返すか?

追い込まれた時に、果たしてアウトの可能性の高いストレートを狙うのか?

それとも時間を作るためにロブを上げるのか?

コートの外に走らされて、やっとの思いでラケットに触れたようなボールをショートクロスに狙えるか?その時自分ならどうするか?

打ち頃なセカンドサーブが自分のフォアに入ってきたらどうするか?

踏み込んで打てるなら相手(自分)にアタックや、ストレート抜きを狙うのではないか?

相手(自分)のアプローチショットが低く滑るようなスライスで、ネットより低い打点で打たないといけない。

そんな時にネットの高いストレートを無理して狙うのか?

そういった場合はクロスへ返球するのではないか?

などなど・・・。

全てのシチュエーションに自分を重ねることによって見えてくるものが必ずあります。

そして相手の打ってくるボールを予測できたら、後はそのコースにラケットを出しておくだけです。

常にそういう考え方をしておくと、身体が自然に動くようになってきます。

ぜひ明日からトライして下さいね。(^-^)

頭では理解できても、予想したボールが来ないこともあるんじゃ?という疑問が湧いてくると思います。

それについてはまた明日にでも書いてみようと思います。

【朗報!】

ダブルスで勝ちたいあなたのためのDVDがあります。

試合に強くなるテニス「簡単に勝てるダブルス」 です。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ▼

ダブルスで勝ちたい、優勝したいあなたが最低限知っておくべきこと

こまめに更新しますので、また読んで下さい。

ありがとうございました。

フォローする