パワーポジションで骨盤を動かせ!

最近のテニス雑誌によく特集されている、骨盤を動かせ!というフレーズ。

一体どういうこと?

ぶっちゃけどうすればいいの?

と思ったあなた。

心配いりません。ジュリイも同じように思っていました。

今回は難しい言葉を使わず、誰でも分かるような方法を紹介したいと思います。

その前に、最近雑誌で取り上げられる、骨盤を動かすことによって得られるものとは何か?を書いておこうと思います。

現代テニスは、身体の回転運動でスウィングすることが当たり前となっています。

この骨盤を動かすスウィングについては、打ちたい方向に踏み出すスクエアスタンスではなく、セミオープン又はフルオープンスタンスでスウィングすることを前提として解説している、ということです。

まずはここをご理解下さい。

それぞれのスタンスには状況によってメリット、デメリットがありますが、今回はそこはスルーして、セミオープン、フルオープンでの身体の回転運動によるフォアハンドストロークのスウィングに絞って解説します。

骨盤を動かすことによるメリットですが、効率よくパワーを上半身に伝えることができることです。

地面を蹴りだす下半身のパワーを増幅して上半身に伝える役目です。

分かりやすく言うと、自転車の変速機能のようなものです。

骨盤を動かすことによって、今よりもよりパワーのあるボールが打てるようになる!ということですね。

骨盤と言われると、腰の辺りかな?と思われると思います。

実際その通りなのですが、それを動かせ!と言われるとどうすれば良いのか・・・?

その前に大事なことを一つ。

骨盤を上手く動かすには、その準備が必要です。

今回ジュリイが伝えたいのはまさにこの部分です。

骨盤を動かすためにあらかじめやっておかなければいけない事。

これが無いと上手く骨盤が動かないので、骨盤を動かそうとするよりも先にこれをやって欲しいと思います。

骨盤を動かす準備・・・。

それはパワーポジションです!

これも簡単に言いますね。

❶まずスタンス(足の幅のこと)を肩幅より広く取って下さい。

❷背筋は伸ばしておいて下さい。

❸次にお尻を1個ぶん落として下さい。

※背筋を伸ばしたまま腰を落とす感じです

本当はもう少し条件がありますが、とりあえずこの3つを保ったままラケットを構えて下さい。

これで準備完了です!

突っ立ったままでは骨盤は動かないのです。

この構えがあって初めてうまく骨盤を動かすことができます。

この構えを意識しなくても行えるようにクセづけて下さい。

そして骨盤の動きを気にしなくても、この構えからスウィングするだけでも十分効果があります。

そしていよいよスウィングですが、あとはセミオープンスタンスでテイクバックを取ったら自然に右脚が少し引かれた形になるので、ボールをヒットする一瞬に右の腰と左の腰を入れ替える動作を意識して行います。

ここでは腕を速く振ろうと思わず、腰に意識を持って行く方が良いです。

どうでしょう?

自分では強く振っているつもりが無いのに鋭いボールが飛んだなら、上手く骨盤を動かせている証拠です。

この感覚を一度でも体感できれば衝撃が走ると思います。( ゚Д゚)

自分にもこんなボールを打てるんだ!と。

さあ!あとはやってみるだけ!

レッツ、トライ!ですよ!?(^-^)

さらに詳しいテニスのスウィングの秘密について知りたい方はコチラをお勧めします。 アナトミー・トレインテニス動画 7つの秘密(特典付き)

ジュリイが実際に見て良いと思ったものだけを紹介しています。

アナトミートレインテニス動画の感想については、「ジュリイの感想はこちら」をご覧下さい。

おまけ

やってみて初めて分かることがあります。

まずはトライすることが大事です。

トライ&エラーの繰り返しでテニスは上達します。

頑張って下さいね。!(^^)!

フォローする