ジュリイのプライベートレッスンを公開(シングルス)

今回は今日行ったプライベートレッスンの様子を書いてみたいと思います。

今日のプライベートレッスンの生徒は40代女性。

来週女子シングルスに出場するので、シングルスに絞った内容でレッスンをして欲しいとのこと。

スクールでのレッスンは、各ショットの練習を行います。

中級以上のクラスでは各ショットを、どの場面でどう使うか?などを行いますが、基本的にダブルスを想定したレッスンがメインとなります。

普段ダブルスしかしない人がいきなりシングルスをしても、すぐにシングルスコートの感覚に馴染めないと思います。

この方が試合のためにプライベートレッスンを受けたい、というのもうなずけます。

女子シングルスのプライベートレッスンの内容

さて、プライベートレッスンですが、完全にその人に向けた内容になるので、まず生徒の希望を聞くところからスタートします。

今回のこの方の希望は、シングルスをするとどうしてもミスが出てしまい、それを無くしたい、というものでした。

ちなみにこの方は普段から僕のクラスでレッスンを受けている方なので、特徴や性格もある程度分かっています。

ミスをなくしたい、ということですが、この方の場合は恐らく厳しいコースを狙ってのミスだと思われます。

チャンスボールならある程度厳しいコースを狙っても良いのですが、ベースライン上からのショットでもコーナーを狙っているのではないか?それが早い段階でのミスに繋がっていると思いました。

コートの内側に仮想ラインを作る

そこで、シングルスコートのコーナーから縦、横に約1M内側にミニコーンを置いて、そのコーンを仮のシングルスコートのコーナーということにしました。こうすることで1M内側のコーナーを狙ったとしても、アウトすることが少なくなります。

仮想コート2

ストロークでボールを相手コートの狙った地点に落とそうとしても、必ずバラつきが出ます。

プロ選手であってもバラつきは出ます。

それが一般プレーヤーなら、なおさらボールにバラつきが出るのが当たり前です。

そのバラつきを前提にして、コートのさらに内側に自分の狙いのコートを作るというものです。

レベルによって仮想コートの幅を変えると良いです。

仮想コートより外側はアウトというルールで、僕とシングルスラリーを行いました。

実際ラリーがよく続き、これならちゃんとした試合になると思いました。

すると次なる課題が見えてきました。

浅いボールを打つ時の考え方

浅いボールを送ると、ポイントを取ろうとコーナーを狙って来るのは良いのですが、必ずと言って良いほどミスをするか、鈍いスウィングになるのです。

むしろベースライン付近から打ったボールの方が球威があります。

話を聞いてみると、強いボールを打とうとすると力が入ってしまうとのこと。

気持ちは分かります。

せっかくのチャンスボールは強く打ってポイントを取りたいですもんね?

だからと言って、力を抜きなさいと言ってもすぐにできるものではありません。

できるならすでにやっているはずです。

なので、ジュリイはこう言いました。

自分がコート内に入って打つ時は、相手は時間を奪われています。

強いボールを打つ必要はありません。

コートの中に入って通常通りのボールを打つだけで、相手へボールが届く時間はベースラインから打つ時に比べて短いのです。

だからスピードを上げるよりむしろコースをきちんと狙うように、と。

と、このへんで時間となったので今回のプライベートレッスンは終了となりました。

<プライベートレッスンのまとめ>

❶実際のコートのラインより内側に仮想のラインをイメージし、そのラインをベースにストレート、クロスを狙い分けること。

❷チャンスボールで強く打つ必要は無く、普段通りの打ち方でコースを狙うこと。

この方は試合が来週だということで、今からじっくりシングルスのための技術を身に付ける時間がありません。

今持っている実力で勝負するしかないのです。

しかし実力を発揮できれば、そこそこ勝ち上がれるレベルのトーナメントなので、この方なら優勝しても不思議ではありません。

でも試合で自分の実力をフルに発揮することほど難しいものはありません。

あなたもそうではないですか?

実力の半分も出せずに終わった試合って誰でも経験があると思います。

しかも今回は慣れないシングルスです。

なので、今できることは何か?

今の実力をどのように試合に活かすかがポイントだと思って今回のプライベートレッスンを進めていきました。

継続的なプライベートレッスンの場合はまた違った内容になると思います。

ほんの一例ですが、あなたのテニスの参考になれば嬉しいです。

おまけ

深夜の「探偵ナイトスクープ」という番組で、テニスの股抜きショットの実践をしていました。

依頼者が探偵役のタレントと一緒に新しい発見をしたり、色んな体験をする番組です。

中級者と思われる男性がテニスの股抜きショットを成功させるためにプロ選手を2人も呼んでのロケでした。

最終的に依頼者が股抜きショットを成功させるのですが、とても面白かったです。

近藤大生プロがなかなかのイケメンで、駒田プロも良い味を出していて、バラエティーでありながら、内容のあるものでした。

ちなみに近藤プロも駒田プロも、スクールのプロクリニックでお世話になったことがあります。

特に駒田プロは気さくな人柄で、しかも分かりやすい指導をしてくれました。

皆さんもスクールにプロ選手が来る!といったイベントがあればぜひ参加してみて下さい!(^^)!

シングルスの上達にとてもお勧めのDVDがあります。

僕が実際に買ってレビューしていますので、気になるあなたはこちらからどうぞ

ザ・スパニッシュテニスDVDがあなたのストロークを劇的に変えるかもしれないというお話

こまめに更新しますので、応援お願いします。

ありがとうございました。

フォローする