今すぐワンランク上のシングルスができる。自分の武器を知れ!

シングルスについての記事は今回が初めてですが、この記事はあくまでも草トーレベルでのお話です。

シングルスのトーナメントにチャレンジしているが、なかなか勝てない方への参考にして頂ければと思います。

シングルスは過酷です。

テニスは対戦相手がいるものですが、シングルスの本当の相手は自分です。

いかに自分に勝てるか?

シングルスの試合を重ねると誰もが突き当たる壁だといえます。

ジュリイも壁に突き当たりまくりで、乗り越えたと思うと、また次の壁がやってきます。

シングルスで相手に勝つには自分に勝つこと。そして、自分に勝つ前に、まずは自分を知ることから始めてみましょう。

自分のやりたいプレイも大事ですが、それよりも自分ができることは何か?

得意な事、苦手な事を一つずつピックアップしてみて下さい。

さらに、自分で考えるだけでは無く、他人に聞いてみることをお勧めします。

きっと客観的なアドバイスをもらえるはずです。

自分で何気なくプレイしていても、相手からすると嫌なことがあったりします。

例を挙げると、自分はいつものタイミングで打っているストロークが、相手側からするとライジングで返って来るので、ついワンテンポ差し込まれてしまったり、構える余裕がなかったりします。

また逆に、自分ではできの良いショットだと思っていても、相手からするとさほど苦にしていないショットなどもあります。

これも例を挙げると、自分では納得の行くキックサーブが相手のバック側に跳ねているが、相手はダブルハンドで、キックサーブの処理には慣れており、普通に返されてしまう、などです。

むしろ本当に嫌なサーブは低く弾むスライスサーブだったりします。

このように、相手のレベル、スキルによって変わってきたりしますが、客観的に見ることが自分のテニスを知る上では大事なことだと思います。

あなたの自己分析はできましたか?

自分の武器、自分の弱点を理解すると、自分に適したプレイスタイルが見えてきます。

あなたがサーブとフォアハンドストロークが得意だとします。

それならサーブで相手を崩し、返って来るボールは可能な限りフォアハンドで強打する。

相手のサービスゲームなら、セカンドサーブは回り込んででもフォアで打つことを徹底する。

ベースラインのポジションは、大きくフォア側を空けた形にし、来たボールの8割をフォアハンドで打つ。

バックで打つことになった場合、相手に攻撃されない程度に(中ロブや、返すだけのスライス)返すだけにする。

あなたは攻撃は苦手だが、ミスのないストロークだけは得意だとします。

それならサービスゲームであろうがなかろうが、相手が音を上げるまでつなぐこと。

自分からコースを変えるようなことはしないで、相手がコースを変えてきた時にだけカウンターを狙う。

相手がネットに出てきたら、可能な時だけパスを打ち、少しでもミスの危険を感じるなら高いロブを上げる。

どうでしょう?

自分の武器を最大限使って、苦手なことはできるだけ避けて、どうしてもの場合は最低限のボールで返球する。

こんな相手と対戦するのは嫌だと思いませんか?

上の例は、どちらも自分の武器と弱点を十分把握した上で、自分のプレイスタイルを作り上げ、そのことを徹底しています。

シングルスは何でもできる、テクニック豊富なプレイヤーが有利なわけではありません。

むしろ、一つしかない武器を磨き上げたプレイヤーの方が試合に強いことが多いです。

きっとそんなプレイヤーがあなたの周りにもいるはずです。

あなたもシングルに挑むときは自己分析から初めて下さい。

そして、自分の武器を元に試合で起こりそうな状況を頭の中でシミュレーションし、この時はこうする。あの時はこうやって凌ぐ、などと、一つひとつ頭の中で整理してみて下さい。

相手は自分です。

対戦相手がどう出てくるか、はその時に考えれば良いです。

あくまでも自分がどうしたいか?自分の武器を活かして、どう戦うか?をベースに戦略を練ってみて下さい。

すると、簡単には負けなくなるはずだし、自分のプレイを貫いて負けたなら、きっと試合内容にも納得できたと思えると思います。

もし良い結果や、納得の試合内容ができたなら、お気軽にこのブログまでメール下さいね。

シングルスが強くなりたい人にピッタリの動画を購入し、その感想を書いた記事はこちら⇒ザ・スパニッシュテニスDVDがあなたのストロークを劇的に変えるかもしれないというお話

こまめに更新しますので、お気に入り登録をお願いします。

ありがとうございました。

フォローする