サーブのグリップと富士山への道

サーブで悩んでいる方は非常に多いですね。

僕の生徒にもサーブで悩んでいる方が大勢います。

サーブが苦手な方の中に、グリップに原因がある方が多いので、今回はサーブのグリップについてお話ししようと思います。

よく、ストロークの握り方そのままに握っている方がいますが、できるだけ早いうちにコンチネンタルグリップに直すことをお勧めします。

ストロークの握り方そのままを、仮にフォアハンドイースタングリップ(※写真)だとします。

イースタンG(手のひらをラケットのフェイスに当てて、グリップまでスライドさせた握り方です)

テニスを始めて間もないころにサーブを打とうと、ラケットを肩に振りかぶると、ほとんどの方がこの握りになってしまいます。

なぜなら、スウィング方向=ボールが飛ぶ方向なので、ボールを投げる感覚で、分かりやすいからです。

しかしここに大きな落とし穴があります。

最初はどんな握り方でも上手くいきませんが、フォアハンドイースタングリップだと少しの練習でコントロールができるようになります。

サービスエリアに入れることも、力加減しだいでは初めてでも入るようになります。

しかしこのグリップには大きな欠陥があって、スピードを出せば出すほど入らなくなるのです。

打点も低くなりがちなので、余計に入らなくなります。

もちろんゆっくり打てば入るのですが・・・。

どうせ覚えるなら正しいグリップで練習しましょう!

イースタングリップでサーブを打ち続けることのたとえ話ですが、富士山に登りたくて山登りをしたところ、頂上に着いた!と思ったら隣の低い山の山頂だった、ような感じでしょうか?

もっと上に行きたい(上達したい)といくら思っても、それ以上の高い場所はなく、正しい道を進んで富士山の山頂に登りたいと思うなら、一度下山し、再び一からスタートしなければいけない、ということになります。

それなら最初から富士山に向かうべきですよね?

サーブが上手くなりたいと思うならコンチネンタルグリップを強くお勧めします。

コンチネンタルグリップのデメリット

さて、コンチネンタルグリップのメリットとデメリットですが、最初にデメリットを挙げます。

これは、さっきのフォアハンドイースタングリップとは違い、スウィング方向とボールの飛ぶ方向が違うということ。

この点を最初に理解しておくと、迷うことが少なくなります。

しかし、この感覚にどうしてもなじめずに、気づいたらフォアハンドイースタンに戻ってしまう人が非常に多いです。

あきらめずにぜひここをクリアして、ラケットは右へ振る。ボールは左へ飛ぶ。

この感覚を覚えて欲しいと思います。

僕のスクール生の方も同じように最初はフォアハンドイースタンで打っていましたが、僕を信じてコンチネンタルに変えて、今ではキレイなスライスサーブを確率良く打てるようになりました。

やはりすぐにはできませんでした。

サーブが完成するまで週1回のレッスンで、3か月くらいかかりました。

もっと期間が必要な方もいると思います。

しかし、あきらめずにトライすれば、必ず上手くなります。

今よりもっと良いサーブが入るようになり、ポイントも取れるようになります。

コンチネンタルグリップのメリット

次はコンチネンタルグリップのメリットですが、回転がかかるようになるのでスライスサーブ、スピンサーブが打てるようになります。

回転がかかったボールはネットを越えた後、ストンと落ちるようになり、確率も格段に上がります。

しかもこのグリップは手首の自由度が高いので、ラケットが柔らかく振れるのです。

その結果、スウィングスピードが上がり、サーブのスピードがアップします。

まさに良い事ずくめのコンチネンタルグリップ。

最初の段階で、コンチネンタルグリップから始められるかどうかが上達の分かれ道ですが、誤った道(イースタングリップ)に進んでしまったあなたも、いつでもやり直せるので、明日からコンチネンタルグリップにチャレンジして欲しいと思います。

サーブ初級者から中級者への壁がここにあります。

ぜひこの壁を乗り越えて、一度ふもとまで戻って、再び富士山(理想のサーブ)を目指して一歩ずつ登って下さい。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする