相手が嫌がるボレーヤーになろう! ~ダブルス家訓シリーズ~

サービスキープできるかどうかは、ボレーヤーの働きにかかっている、と言っても言い過ぎではないくらいボレーヤーの役割は重要です。

パートナーが、レシーバーに好きなように打たれるようなサーブしか打てない場合を除いて、ボレーヤーにはするべきことがたくさんあります。

ボレーヤーは、サーブに合わせて様々に動くことによりポイントを取って行くのです。

では具体的に、どのような働きをするのかを書いてみたいと思います。

ポーチボレーの動き出すタイミングは?

一番見ていて分かりやすいのは、ボレーヤーがポーチに出てポイントを取ることですね。

ポーチを成功させる時に重要なのは、タイミングと予測です。

そのタイミングとは、相手のストローカーがフォワードスウィングを開始した瞬間です。

フォワードスウィングとは、ラケットを振り出そうとする動きのことです。

このタイミングで動き出すということは、相手がまだボールを打っていないのに動き出す、ということなので、これには思い切りが必要です。

しかしポーチを成功させるためには相手がボールを打ってからでは遅いのです。

相手はラケットを振り始めたら、それを途中で止めることはできません。

フォワードスウィングを途中で止めたり、コースを変えたりすることはできないので、このタイミングがベストということになります。

唯一、相手が最初からストレートを狙っていた時は、あっさりと抜かれてしまいます。

こうなった時は素直に相手を褒めるしかないですが、そうならないために予測を立てることが重要になります。

さて、この予測するということ。これがダブルス最大のキモと言っても良いかもしれません。

今回は自分達のサービスゲームで、自分がボレーヤーだという設定でお話します。

予測ができればポーチボレーの成功率は大幅にUP!

このリターンはかなりの確率でクロスに返って来る!ということが分かればポーチはほぼ成功します。

例えばパートナーのサービスがセンターに入れば、相手のリターンはクロスに来る確率が高くなります。

サーブにスピードとキレがあれば、リターンのコントロールは難しくなるので、さらに予測を立てやすくなります。

これは相手の立場に立つと分かりやすいのですが、そんなぎりぎりの状況でストレートに狙えるか?と自分に置き換えて考えると分かりやすいと思います。

すると、まず来ないコースが見えてきます。

来ないコースは棄てて、より来る可能性の高いコースに意識を持って行く方が良いのは当然ですね。

※参照(来ないコースは捨てるべし

相手のプレーヤーの特徴も加えて考えると、さらに成功確率が上がります。

慎重なタイプなのか、思い切りの良いタイプなのか、クロスが多い、又はクロスにしか打てないレシーバーか、ロブやチップ&チャージを使ってくるタイプか、こういったことを試合の序盤に情報収集しておくことにより、後半の試合を有利に運べることになり、予測も立てやすくなります。

さらにその時のポイントが40-15など、大きくリードしている場合は、こちらが思い切ったプレイもしやすくなり、逆に相手の選択肢は狭くなります。

こういった情報をあらかじめ蓄積しておくことと、その時の一瞬の判断でポーチの成功率を上げていきます。

良いボレーヤーはボールに触らずにポイントを取る!

先ほどのように、実際にボレーヤーがボールに触ってサービスゲームに貢献するプレイも大事ですが、次はボレーヤーの動きひとつで相手のミスを誘うようなプレイと、実際の動きを書いてみたいと思います。

これにより相手に心理的動揺を促すことができ、相手は勝手にミスをしてくれようになります。

直接ボールに触るより、むしろこのようにしてポイントを重ねてサービスキープして行くことが理想です。

それらの例を挙げてみると・・・

  • 自分のパートナーのサーバーの打球音が聞こえたらポーチに出るフェイクを入れて、実際にはストレートのケアをする。
  • 最初から大きくストレートを空けたポジションを取っておき、サーバーの打球音とともにストレートのケアをする。
  • 最初から大きくストレートを空けたポジションを取っておき、サーバーの打球音とともにストレートのケアをするフェイクを入れ、実際にはポーチに出る。
  • べたべたにネットに詰めて、ポーチの気配を見せておき、ロブを誘い、サーブが入ったら素早く下がってスマッシュする

などなど、色んなことができます。

こういった動きを毎回入れることにより、相手はボレーヤー(あなた)が非常に気になります。

そのようなフェイクを入れつつ、ここぞ!という時には実際にポーチに出て得点すると、もう相手はどこに打ってもボレーヤーがいるような錯覚さえ覚えるようになります。

そんな状態まで相手を追い込めば、まともなリターンは返ってこなくなるので、労せずしてサービスキープができてしまいます。

いかかでしょうか?

サーバーまかせのサービスゲームではなく、自分の動きひとつで相手の心理状態まで操作してしまうボレーヤーになれれば、サービスゲームでブレイクされる心配は無くなります。

あなたもぜひ対戦相手から嫌がられるボレーヤーになって頂きたいと思います。

【朗報!】

ダブルスで勝ちたいあなたのためのDVDがあります。

試合に強くなるテニス「簡単に勝てるダブルス」 です。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ▼

ダブルスで勝ちたい、優勝したいあなたが最低限知っておくべきこと

フォローする