テニスコーチがテニス肘(テニスエルボー)になった!?どうやって治すの?

肘がだるいです。

どうやらジュリイの腕に再びテニスエルボーがやってきたようです。(-_-;)

今はまだ痛みというほどでは無く、腕全体がだるい感じです。

あなたもテニスエルボーに苦しんだことがあるかもしれないですね?

テニスエルボーの初期症状は人にもよりますが、いきなり肘に出ることは少なく、腕の筋肉にコリのようなものが出ることが多いようです。

ジュリイも以前は筋肉痛かな?と思って特に気に留めていなかったのですが、徐々に肘が痛くなり、ボールを打つたびに痛むようになりました。

そこでやっと整骨院に行って、テニスエルボーと診断されました。

え?( ゚Д゚) て感じでしたね。

テニスのコーチがテニスエルボーって・・・

テニスエルボーって、テニスの初心者がなるものだと思ってましたから・・・

それから完治まで3年程かかりました。

一番の薬は休むこと、というのは分かっていましたが、テニスが仕事なだけに簡単に休むこともできず痛みを抱えながら通院していました。

先生が言うには、痛みがある間はとにかく冷やしなさい、とのこと。

確かに冷やすと肘の痛みも少し和らぎます。

後は整骨院でのマッサージや電気治療、針治療もしてもらいましたがなにぶん毎日ラケットを握っているだけに、完治に向かっているのか、それとも悪化しているのか、正直よく分かりませんでした。

当時はとにかく週に2回は整骨院に通院し、治療を続けていましたが、ケガに詳しい人からある病院を勧められました。

今までジュリイは整骨院しか通っていなかったのですが、その紹介された病院は整形外科で、スポーツ障害を専門に扱っているとのこと。

セカンドオピニオン、ていうんですかね? 別の先生に診てもらうことも大事だ、というアドバイスも頂いたので、その整形外科に行くことにしました。

結果としてこの通院をきっかけに症状が改善することになります。

スポーツ障害の専門医に症状と自分の職業を伝え、使いながら治したいということを言うと、その先生は「注射打つか?」と言われました。

え?それで治るの?( ゚Д゚) と正直驚きました。(;´∀`)

注射は根本的な治療ではないということと、痛いのは嫌なので断ると、別の専門トレーナーが、リハビリメニューを作ってくれるというので、それを毎日することにしました。

そのメニューとは、500グラム~1キロの軽いダンベルを使い、インナーマッスルを鍛えるというもので、3種類の動きをそれぞれ20回くらい。それを1日に2~3回行う、というものでした。

具体的には、ダンベルを持った腕を固定し、

❶内側(手のひら側)への動き

❷外側(手の甲側)への動き

❸ダンベルの丸い部分を持ち、縦への動き、の3種類です。

とくに難しい訳でもなく、お金がかかる訳でもないので、そのリハビリメニューを続けることにしました。

すると、10日くらいで早くも効果が現れ、3週間くらいで完全に治ってしまいました。

これには本当に驚きました。( ゚Д゚)

今まで治療に費やした時間とお金は何だったの?というくらいの劇的な治り方だったのです。

この治療方法が誰にでも当てはまる、とは言いませんが、現在苦しんでいる方の参考になれば、と思います。

さて、肝心の自分の腕ですが、今回の症状はまだ初期症状のようなので、アイシングを小まめに行うところからスタートしたいと思います。

今回は病院には行かず、自分で治すつもりです。

完治したらこのブログで報告しようと思います。

おまけ

自分の体験談なので、今回ジュリイが書いたようなリハビリメニューが全ての人に当てはまる訳では無いと思います。きちんと病院の先生に診てもらった方がベターだと思いますが、しかしテニスエルボーで苦しんでいる人がいるのも事実なので、今回の記事が少しでも役に立ってくれれば嬉しく思います。

希望があれば、リハビリメニューを写真や動画で載せても良いと思っています。

リクエストあれば気軽にコメントお願いします。

こちらでもテニス肘について書いています⇒

テニスエルボー(テニス肘)の改善について

>>2015年10月、テニス肘の痛みを軽減させるテーピング方法(動画あり)更新しました。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    みーたんさん、こんにちは
    テニス肘でお悩みなのですね?
    ダンベルの使い方については、YouTubeにアップしてみましたので、そちらをご参考下さい。
    また、質問と回答という形で記事にもしました。
    テニス肘はホントに辛いですよね。
    お互い頑張りましょう!

  2. みーたん より:

    当方もテニス肘を患って、3ヶ月を経過しますが、一向に改善の気配が見られません。
    紹介して頂いたリハビリを実行してみようと思います。そこで、
    「ダンベルを持った腕を固定し」の意味をもう少し詳しく教えて下さい。
    立った状態でダンベルを持ち、肘を90度に曲げた状態をいっているのでしょうか。
    それとも、立った状態で真下に腕を伸ばした状態をいっているのでしょうか。
    それとも机か何かに腕を乗せた状態でしょうか。
    また、「縦への動き」とは具体的にはどのような動きでしょうか。
    お手数ですが、ご教示頂けると助かります。