テニススクール業界の現状を暴露します!

テニスコーチという職業に興味のある方のために、テニス業界のことや、テニスコーチの働く環境、その他いろいろなことについて書いてみたいと思います。

1ページでは語りつくせないと思うので、カテゴリーを新しく作って、しっかりと書いてみたいと思います。

今回のテーマは、「テニススクール業界の現状」です。

テニススクールは何を収入源に運営されているか?

言うまでも無く、生徒(お客様)の支払う会費です。

生徒が少なくなると、経営が立ち行かなくなり、最終的につぶれてしまいます。

実際にテニススクールも、毎年つぶれていきます。

よそ様のスクールのタイムスケジュール表を見ると、おおよそ何人の生徒がいるか、くらいは見当がつきますが、単純に生徒数が少ないからつぶれる、という訳でもなく、そこそこ人数がいても、つぶれる所はつぶれます。

これは立地条件や、オーナー地主との契約状況によるので一概には言えないのです。

都会で、駅前立地であれば、集客には有利ですが土地代が高い。

田舎の方がコート面数も多く取れて、土地代も安いが、集客には不利となります。

ここにオーナーとの賃貸契約であったり、収益の配分であったり、クラブハウスの施設のこと、駐車場のことなど、色んな要因がからみあって、スクール毎に様々な環境で運営しているのです。

ただ、共通して確実に言えることは、スクール運営の代表者(社長)に、経営能力があるかどうか?

最終的にはここに行きつくと思います。

つぶれるテニススクールって?

厳しい状況でも活路を見出し、独自路線を打ち出して、スクールの売り上げのみで黒字営業を続けているスクール会社もあります。

これに対し、経営能力の無い社長が作ったスクール会社はやはりつぶれます。

つい最近もつぶれたスクールがあって、数か月前にはそのスクールの生徒にも告知されていて、近隣の他のスクールへの斡旋を行っていました。

何か寂しいものを感じましたね。

こうなってしまっては、そこに愛着を持って通っていた生徒も可哀想ですし、そのスクールで働いているスタッフは働く場所を失ってしまいます。

テニス業界全体としてみても、決して喜ばしいことではありません。

原因は一概には言えませんが、そのつぶれたスクールは、一人のプロ選手がテニスクラブのオーナーと契約して始めたスクールだったそうです。

ここからはジュリイの想像になりますが、プロ選手が新しくスクールを開講する!ということで、最初は流行ったのではないか?と思います。

しかし、そんなネームバリューも長くは続きません。

引退するプロ選手は毎年たくさんいるのです。

最初の集客に成功しても、色々な理由で生徒は辞めていきます。

最低限減った人数くらいは新規入会が無いと、運営に必要なスクール生の数を保つことができません。

テニスブームでもなく、世間は景気が悪い、となれば、ますます新規入会者は減ってきます。

そこを試行錯誤し、対策を練って実行して生き残るのか?

それともどうすれば良いのか分からず、日々のレッスンをこなすだけで、ただ指をくわえて自分のスクールがやせ細っていくのを見ているのか?

その差は大きいです。

テニスの腕が良いことと、経営能力があることはまったくの別物だということです。

ブームは永く続かないということ

昔、テニスブームというものがありました。

ジュリイはそれを経験していませんが、ブームの当時はテニスラケットを持ったまま街を歩くのがカッコいいとか、長髪でフィラのポロシャツを着たファッションが流行ったそうです。(ビヨン・ボルグ?)

スクールは入れる所が無いくらい、どのクラスも満員で、1面1クラス15人でレッスンをするのが当たり前で、大企業もこぞってテニススクール事業に進出しました。

しかし、そんなことが永く続く訳もなく、ブームの終わりと共に、つぶれるスクールも続出しました。

その時代から今でも続いているスクールもありますが、数はかなり少なくなっていると思います。

テニスコートは、枠の中だけがコートでは無いので想像以上に面積を取ります。

家を建てたら、余裕で10棟くらいは立つと思いますね。

スクール運営なら、最低2面は必要ですが、広い面積を取っても、1面あたり10人も入るとかなり窮屈です。

平均すると6人くらいになります。(※注:流行っている場合です)

1時間当たり、6人しか入れないし、午後の時間帯は集客が難しかったりするので、この時間は全くのムダになります。

そう考えると、あまり効率の良い土地の使い方をしているとは言えませんね。

不景気と言われる中、スクールの収入のみで施設の建設費、そのランニングコスト、人件費、光熱費、その他をすべて賄い、黒字経営を続け、テニススクール経営をして行くのは大変難しい時代になっています。

うちは儲かってるよ~♪ なんていうスクールの責任者の方がいれば、ぜひお話を聞かせて頂きたいものです。

こまめに更新しますので、また見て下さい。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. 町田 より:

    空き地にテニスコートをつくりたいです。
    道路付けは良くありません。
    軽自動車位しか入れません。
    清瀬市内です。

  2. ジュリイ ジュリイ より:

    はじめまして。
    メールにてお返事させていただきましたので、ご確認ください。

  3. 赤ちゃん連れ見学者のマナーが悪い より:

    生徒が我慢しないといけませんか?
    レッスン生徒であるママのご主人と赤ちゃんが毎週、来られます。大人しく見学をしている分には全く問題もなく気にならないですが、パパが静かにさせている赤ちゃんをレッスン中にわざとあやして騒がせて大声を出させるのでコーチの声が聞こえない場合が多々あります。またパパが赤ちゃん片手にコートの中に入りママを手取り足取りコーチングをしている光景を目撃すると危なくて怖くて心配になっています。一度、通っているスクールへその旨を伝えましたが全く対応してもらえない状況で益々、パパの得手勝手な言動が増殖してきています。この赤ちゃんは休憩中であるスクール生のウエアも掴み上機嫌な様子でそれを見ているパパは止めさせようとしないで赤ちゃんと一緒にケラケラ笑っているのです。パパに注意をした日から益々、得手勝手な振る舞いが酷くなり私のラリー中には赤ちゃんとパパがわざと手を叩いたりして私を怒らせるように挑発までされる有様です。このようなスクールは退会した方が賢明でしょうか?