スウィッチ後のセンターを狙うべし!

ダブルスをプレイしていると、1試合に何度か、ペア間でポジションの切り替えが行われます。

分かりやすいパターンとして、雁行陣のボレーヤーの頭の上をロブで抜かれた場合、ストローカーはボールを追いかけますね。

抜かれたボレーヤーは反対サイドへポジションを移します。

同じサイドに2人プレーヤーがいると、逆サイドのコートががら空きになるため、そうならないようにお互いに逆サイドのコートをカバーすることによって、バランスよくコートを守れるようになります。

初心者の方でも、これは早いうちに習うと思うので、理解している方が多いと思います。

今回ジュリイが伝えたいことは、雁行陣の単純なスウィッチパターンではなく、例えば、片方のプレーヤーがセンターにボレーに出た時に、片方のプレーヤーが機転を利かし、自然に空いたコートを守りに走る、というような、ある程度息のあったペアへの狙い目の方法です。

相手ペアが上のような状況で、積極的に仕掛けてきて、そのボールを返球する際に、ある程度コントロールできるような場合は、迷わずセンターへ打つべし!です。

するとあら不思議!( ゚Д゚)

そのボールがそのままエースになってしまうことも珍しくありません。

こちらは特にエース級のボールを打つ必要もありません。

確実にセンターを狙うだけで良いのです。

これは上に書いたような状況だけでなく、スウィッチ直後であれば常に狙えます。

スウィッチ直後の相手ペアは、お互いがお互いのコートをまだカバーしきれていません。

そのため早く移動しようと、お互いがコートの外側に意識が向いています。

センターへの意識が薄いため、センターへボールを送ると、驚くほど簡単にエースになります。

2人のポジションをスウィッチする時に、必ず交差する瞬間があります。

交差してその後、お互いが逆サイドのコートをカバーするため、お互いの意識がどうしても逆サイドのコートに向きます。

その一瞬を見逃さず、相手の交差した直後のセンターへ打ちましょう。

「⇒矢印」の画像検索結果

これは実戦でかなり使えるはずなので、ぜひトライして欲しいと思います。

逆に言うと、上のような状況ではサイドへ返球しないほうが良いとも言えます。

相手が交差している時は、確かに両サイドが空いています。

しかし相手もそれは分かっているので、急いでお互いの逆両サイドをカバーしようと必死です。

そうなると、自分のボールが相手コートに届くころには、カバーが間に合ってしまう事がよくあります。

そしてそれは、走り込んでのボレーということになるので、結構キツイボールを打たれることになります。

相手にとっては、「来る!」と思っているところの延長戦にボールが来るわけですからむしろ、「ありがとう!」と言いたいくらいのボールになってしまいます。

また、もっと外に打つと、今度は自分のミス、サイドアウトの危険が大きくなります。

スウィッチの直後はセンターを狙え!

頭の片隅に入れておいてください。

あなたも経験があるはずですが、

①ネットに立ってセンターに意識を持っていたら、相手が突然サイドを狙ってきて抜かれてしまった。

②逆にサイドを意識しすぎていたために、手を出せば届く距離のセンターへのボールに手が出ず、センターを抜かれてしまった。

③前ばかり意識していたら、あっさりロブで抜かれてしまった。

思い返してみれば、誰もがこうした経験があるはずです。

もちろん僕もあります。

スウィッチ後のセンターに限らず、意識が向いていない方へのボールは対応が遅れる、または反応ができないものなのです。

毎回相手の逆を突くのは無理ですが、少し冷静になれば意外と狙える場面は多いものなので、この記事をヒントにあなたの得意パターンを作って行って欲しいと思います。

【朗報!】

ダブルスで勝ちたいあなたのためのDVDがあります。

試合に強くなるテニス「簡単に勝てるダブルス」 です。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ▼

ダブルスで勝ちたい、優勝したいあなたが最低限知っておくべきこと

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする