テニス、ダブルスの考え方のコツ 来ないコースは捨てるべし!

久々にダブルス家訓シリーズです。

このシリーズは、ダブルスをプレイする上で有利になる方法や戦略、知っておくと得する情報を書いていきます。

今回のテーマは、来ないコースは捨てる、ということです。

ダブルスはシングルスに比べて展開が速いため、いかに次の展開を予測するか?

これが最大のキモとなります。

次に来るボールが全て予測できたとしたら、めちゃくちゃ有利になることは、あなたも想像できると思います。

この予測力を磨くことで、あなたのダブルスがワンランクUPすることは間違いありません!

しかし現実的にはすべてのボールを予測することは、たとえプロ選手であっても不可能です。

でもダブルスの試合中に、相手がどんなボールを打ってくるか、を予測できる場面が多ければ多いほど、結果的にポイントを取る確率が高くなります。

100%は無理でも、50%くらいはできるのでは?

40%なら・・・?

30%くらいは・・・?

というふうに、あなたのテニスのレベルに合わせて、予測することにトライしてみて欲しいと思います。

今まで全く予測なんかしていなかった、というあなたは是非とも実践して欲しいですね。

<予測を立てることの大事さ>

タイトルの、来ないコースを捨てるべし!というのはまさに予測することの大事さを表しています。

ダブルスは2人でコートを守りますが、それでもコート内の全てを守ろうとすると結構広いですよね。

それでは、相手が打ってくるコースのうち、ここには絶対来ないだろう、と確信できるとしたら?

もう、そのコースは守る必要がなくなりますね。

その来るはずのないコースを切り捨てることによって、来る可能性の高いコースにあらかじめポジション出来ていたとしたら?

もうポイントはあなたのものですね?

仮にあなたとパートナーで、並行陣をしていたとします。

相手の打ってくる可能性のあるコースは、左サイド、センター、右サイド、ロブと、大まかに4つあるとします。

この4つのコースを全てケアするとなると、ネットに詰めてポイントを取りに行くような動きはできないはずです。

しかし自分、またはパートナーの打ったボールが、相手を追い込むような状況になった場合は、相手の返球が限定されて来ます。

相手の置かれた状況を、自分に置き換えて考えると理解しやすくなります。

これはストレートに打てる状況ではないな、とか、強打するのは無理だな、などと想像できるはずです。

すると、相手の打ってくる可能性のあるコースの4つのうち、1つ、または2つが消えることになります。

そうなれば、来ないコースを守っているのはバカらしいですよね。

それが分かれば、(予測できれば)ポイントの取りやすいポジションにすかさず移動することができます。

このような状況はダブルスではよくあります。

しかし、せっかく相手を追い込んだのに、限りなく来る可能性の低いコースをいつまでも守ってしまい、ポイントできるのにチャンスを逃してしまう人が非常に多いです。

よくジュリイもアドバイスするのですが、できない人の多くが考えていることは次のように思っています。

「こんなに自分のコートにスペースが空いてたら不安」 とか、

「もし、そこ(スペース)にボールがきたらどうするの?」

というふうに思ってしまうようです。

ここで大事なことをお伝えすると・・・

テニスは確率のゲームだ、ということ

来る可能性の高いコースがあれば、可能性の低いコースは捨ててでも、そちらに賭けたほうが結果的にポイント獲得の可能性が高まります。

常に確率の高い選択を続ければ、多少のレベル差はあっても勝利できるのです。

次にテニスをする時には、今回の記事を思い出して、思い切って来ないコースを捨ててしまって下さい。

仮にそのポイントを失っても、あなたのテニスが劇的にレベルUPするかもしれませんよ?

【朗報!】

ダブルスで勝ちたいあなたのためのDVDがあります。

試合に強くなるテニス「簡単に勝てるダブルス」 です。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ▼

ダブルスで勝ちたい、優勝したいあなたが最低限知っておくべきこと

フォローする