テニスにおける左利きのメリットとは?

テニスにおいて左利きであることはどれほど有利なのか?

ジュリイなりの見解を書いてみたいと思います。

今日の記事は左利きの方必見ですよ!?

レフティー(左利き)はこんなに有利!

サーブにおいては、左利きプレイヤーが普通にスライスサーブを打つだけで、右利きのプレイヤーのバック側へボール送ることができます。

やはりフォアの得意な人は多いので、その点、いとも簡単に相手にバックで打たせることができるというのは有利な点と言えます。

加えて、右利きのスライスサーブに比べて返球率が下がります。

経験したことがある方は分かるはず。

とにかく返しづらいです。

要するに慣れていないからなのですが、ダブルスのアドサイドで、ワイドにスライスサーブなんか打たれた時には、カンベンして(泣)と思います。

そして、そのスライスサーブを返球すると、自分から見て、思ったより右方向へボールが飛んでいきます。

これは普段右利きのスライスサーブを受けるのに慣れているからですが、右利きのスライスサーブを返球すると、実はボールは左へ飛んでいます。

しかしそれに慣れているので、あまり違和感を感じていないだけなのです。

右と左では回転方向が逆なので、左利きのスライスサーブを返球すると、思ったより右へボールが飛んでいくような気になります。

ダブルスならこれを利用しない手は無いですね。

左利きのパートナーがいるあなたは、この特性を利用してポイント稼いで下さいね。

スライスサーブだけでなく、さらに左利きのキックサーブ(ツイストサーブ)なんか打たれた日にはもうお手上げ状態です。

スライスサーブよりさらに回転量が多いし、バウンドすると逆に跳ねるし、ラケットに当てれば前述したように、右へボールが飛んで行くしで、慣れたころにはゲームが終わっていることも多いです。

勘弁して下さい<(_ _)>

一応攻略法もあります。知りたいあなたはメールかコメント下さい。

こっそりお教えしますよ(笑)

次にシングルスのストローク戦においての有利な点ですが、これはみんな大好きラファエル・ナダル選手のプレイを参考にして頂きたいと思います。

ナダルがもし右利きだったなら、ここまでの選手になってはいなかっただろう、なんて言う解説者がいるくらいで、逆に言うと、ナダルが自分の左利きの優位さをフルに利用して戦っているということになります。

ストロークにおいての有利さの一つには、左利きのプレイヤーから見て、自分のフォアVS相手のバックが実現しやすくなります。

それは前述した左利きのサーブの回転方向が理由で、返球が自分のフォアに返ってきやすくなっています。

後はそれをクロスのラリーに展開するだけで、自分のフォアVS相手のバックが実現します。

相手がナダルだった場合、それだけで主導権を握られてしまい、そのままポイントを取られてしまうことになります。

なので、ナダルVSフェデラーのストローク戦なんかは、お互いにバックのストレートの打ち合いが続く、異様な展開になります。

テレビで見ていると、コートの1/3しか使ってないやん?て、突っ込みたくなるほどの徹底ぶりです。

ナダルのフォアに持って行くと主導権を握られる。

フェデラーのフォアに持って行くと、さらに厳しいコースに矢のようなボールが返ってくる。

お互いがそれを分かっているからこそ、相手のフォア側には、ここぞ!という時以外は打たないのです。

一般プレイヤーはそこまでの展開にはならないと思いますが、左利きのプレイヤーとしては大いに参考になるはずですね。

ただ、残念ながら、自分が左利きであることを十分に活かしきれていない方もたくさんいます。

左利きのあなたは、このアドバンテージを十分に理解して、自分のプレイに取り入れて頂きたいと思います。

左利きのパートナーがいる方は、今日のこの記事をぜひ思い出して、相手の返球方向を予測してネットでのポイントを増やして欲しいと思います。

試合展開が有利になること間違いなしです。

ナダル好きのあなたにお薦めの本です。

ラファエル・ナダル 自伝

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    ハッピィさん、はじめまして!( ^^) _旦~~
    左利きの攻略法ですね。
    僕なりの考えでよければ記事にて返答させて頂きます。

  2. ハッピィ より:

    はじめまして♪
    いつも楽しく、またためになる内容をいつもありがとうございます!
    左利きの攻略法をぜひ教えて下さい。
    特にアドコートでのサービスリターンの立ち位置やリターンの仕方、また左利きへの有効な攻め方などなど…
    自分は右利きなので、バックハンドもフォアと同じように自信を持って打てるように、日々練習してはいるのですが、左利きの相手は苦手です。苦手意識も克服したいと思っています。よろしくお願いしますm(_ _)m

  3. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、こんにちは
    錦織選手、残念でしたね~(;´∀`)
    フェデラーがコントロール不能ですか( ゚Д゚)ナダルのトップスピンは凄いですからねぇ~
    左利きはやっかいですよね。左利きの友人のサーブ練習に付き合うふりをして、リターンの練習をするしかないですね(笑)

  4. てにまま より:

    ニシコリ君も負けてしまいましたね~ヾ(´∀`o)+

    さてサウスポーのお話ですけれど、
    フェデラーがナダルと初めての対戦をした試合をTVで観ていたことがありました。

    あのフェデラー様がナダルの球を受けるのに
    コントロール不能のあり様で、、、
    見ていて哀しくなったくらいの散々な試合でした。
    フェデラー様でも、そうだったのです!

    ましては、サウスポーとの対戦頻度が全く少ない私、、、
    アドにいてスライスサーブのノータッチ・・・思い出したくもないけれどw
    何個も献上しましたよヾ(´∀`o)+