シングルスの強い人が持っている3つの要素

テニスが上手いことと、テニスの試合に強いことは必ずしも比例している訳ではありません。

特にシングルスにおいてはその傾向が強いと思います。

あなたもそう感じたことはありませんか?

例えば、

サーブもストロークもボレーも綺麗なフォームで卒なくこなすA君よりも、バックストロークとボレーはイマイチだけど、フォアストロークとフットワークが抜群に良いB君の方がシングルスでは強い。

こういうのはシングルスあるあるだと思うんです。

総合力ではA君もB君も違わないのに、シングルスの試合となるとB君に軍配が上がるといったケースです。

一体なぜこのようになるのでしょうか?

単に「シングルスが得意」と言えばそれまでですが、もう一歩踏み込んで考えてみるとシングルスの上達に繋がるのではないかと思います。

僕はそれほどシングルスは得意ではありませんが、シングルスの強い人はいくつかの要素を持っていると思いますので、シングルスの強い人が持っている要素についてまとめてみました。

守備力の高いテニスができる

シングルスは攻めも守りも全て1人で行わなければいけません。

そしてシングルスの強い人はベースを守備に置いています。

相手からエースを奪ってやるという気持ちより、まずは自分からミスをしないようにという気持ちを強く持っているということです。

①まずはネットを越すこと。

②次にコートの枠内に入れること。

相手との駆け引きはその次であり、①②をクリアしないことには始まらないということをシングルスの強い選手は知っているのです。

そのため一発逆転という発想はなく、1球1球を相手コートに返すことからスタートします。

自分の実力を過信することなく試合を進めていくことができる人ですね。

見た目は地味ですが、テニスというゲームの本質を理解したプレーと言えるでしょう。

コートカバー力が高い

守備力と似ているように思われるかもしれませんが、コートカバーとは何も守備の時にだけ使われるものではありません。

攻める時に良いポジションにいることもコートカバーのうちだと思って下さい。

コートカバーが上手くなりたいなら、まずは相手を良く観察することです。

相手は苦しそうなのか、それとも余裕があるのか?

相手が攻めようとしているのか?

相手は次にどんなショットを繰り出してくるのか?

そうしたことを予測し、その時に応じた適切なポジションを取ることができる選手がコートカバーの良い選手です。

あなたはシングルスの対戦相手に対して、どこに打っても追いつかれるような感覚を味わったことはありませんか?

それはきっとコートカバーの上手い選手です。

手ごわい相手だったのではないでしょうか?

自分の長所と短所をよく分かっている

冒頭のB君のように、ボレーが苦手であればネットには出ない。

バックはそれほど得意ではないので、クロスに返すことだけしかしない。

その代わりストロークの7割をフォアハンドで打ち、予測を元にしっかりコートカバーをしてミスの少ないテニスを展開する。

チャンスと見れば得意のフォアハンドで攻撃する。

このように自分の苦手なことをなるべく回避し、得意なことだけを徹底してプレイすれば、多少の実力差は簡単に埋めることができます。

それができるのは、自分の強みと弱みを分析できているからですね。

試合中によくある例ですが・・

相手にオープンコートに打たれてランニングショットのような状況になったとします。

やってしまいがちなのは、誰が見ても入りそうにないのにランニングショットのダウンザラインでエースを狙うことです。

そんな無謀なショットを打っている人って実際はかなり多いと思いますがいかがでしょうか?

シングルスの強い人は自分の実力以上のことはできるだけしないでおこうと考えますから、同じ状況なら一発逆転のランニングショットという選択はしないでしょう。

スライスで返球するか、無理なら天井ロブで時間を稼ぐなど、ボールの質は問わず相手コートに返すことを優先します。

そうして返球したボールがたとえ力の無いロブだったとしても、相手コートに返していれば僅かであっても相手のミスに期待できます。

相手がそのロブをポイントにできず、ラリーがイーブンの状態に戻る可能性もあります。

しかし強打して自分からミスをしてしまえばその可能性は0な訳です。

自分のできることとできないこと、自分の長所と短所を自覚し、なるべくリスクを抑える人は大きく崩れることのない粘りのあるテニスのできる人ですね。

シングルスに強い人と呼ばれたいですか?

シングルスは戦い方を知ればテニスの上手い人にも勝つことができます。

自分の実力以上の人にだって勝つ可能性は大いにあります。

あなたがシングルスで本当に勝ちたいと思うならそれは可能です。

テニスというゲーム、シングルスという種目の特性を理解すれば、伸び悩んでいるあなたもきっと今以上の結果を残せるようになるでしょう。

シングルスの戦い方を知らないだけで、それを知って実践すれば多少の実力差をひっくり返して勝つことは奇跡でもなんでもありません。

あなたがもしシングルスが得意だと感じているなら、今回の要素をの内のいくつかを持っているのではないですか?

持っていない方も、それを知って実践すれば今までより勝率が上がるはずなので、諦めずに頑張って欲しいと思います。

日本ではコート事情の関係でダブルスがプレイされることが多いですが、世界ではシングルスが主流です。

シングルスの職人を目指してみるのも面白いですね。

▶▶シングルスに強いスペインテニスの記事はこちら

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする