テニスの試合で実力を発揮できないあなたに読んで欲しいこと

どうも!

現役コーチのジュリイです!

テニスの試合で思ったようにプレイできなかったという経験ってありませんか?

僕は経験がありますし、今でもよく思います。

  • 緊張により思うようにプレイできなかった
  • 環境の違いに戸惑った
  • 雰囲気に飲まれてしまった
  • いつものようなショットが打てなかった

などですね。

時と場合によっていくつもの原因が考えられますが、共通して言えることは、

「練習のようなプレイが試合でできなかった」

ということですね。

ではなぜ試合では練習のようなプレイができなくなるのでしょうか?

その原因と対策をお伝えしようと思います。

どのような気持ちでボールを打ったのか

テニスの試合中に難しいショットではないのにミスをしてしまうということってありますよね。

イージーミスと言われたりしますが、でもそのショット、あなたにとって本当に簡単なショットだったのでしょうか?

そのボールは特に意識しなくても相手コートに返せるようなボールだったかどうかを考えてみて欲しいという意味です。

なぜなら本当に目をつぶっても打てるような簡単なショットなら、試合でもミスをするはずはないからです。

仮にミスったとしても気にならないはずです。

今のはたまたまミスっただけで、次は必ず入る!

このように思えるので、精神的なプレッシャーを感じることはなく、実際に次はミスをすることなくコートに入ります。

日常生活に置き換えると、階段を登り降りするようなものです。

あなたは階段を1歩登るたびに、

「足を踏み外さないだろうか?この1歩は大丈夫でも次の1歩は踏み外すかもしれない・・」

なんて思いますか?

思わないですよね。

簡単なショットはそれと同じようなものです。

階段を登るような感覚でいつも通りにできることであれば、試合になっても特に意識せずにできるはずです。

逆に、「もしかしたらミスするかも?」と思いながら打っているショットは、自分が自信を持てていないショットです。

階段どころか、1本飛ばしの縄ばしごを登っているようなものですね。

いつか足を踏み外すんじゃないか?といった気持ちでボールを打っていてはそのうちミスが出るでしょうし、ミスが出ると不安が生まれ、不安は次のミスへと繋がります。

これでは試合に使えるショットとは言えません。

ポイントは試合での1本のミスをどのような気持ちを持って打っていたのかを振り返ってみることです。

そうやって分析すれば試合で思うように打てるショット(自信のあるショット)とそうでないショット(自信のないショット)が見えてくるはずです。

自信は練習でしか身につかない

試合で使えるショットとそうでないショットが分かれば課題が見えてきます。

後は試合で使えるようになるまで自信をつければ良いということになります。

短い階段を登るのと同じ気持ちでボールを打てるようになるまで自信をつけましょう。

自信があればミスをしても気にならなくなります。

そして試合で自信を持ってボールを打つことに必要なのは練習です。

練習で繰り返しボールを打って自信をつけるしかありません。

その練習はハードなものや条件の厳しいものほど良いですね。

なぜなら厳しい環境の下で練習を積んだということ自体が自信に繋がるからです。

自分はあれだけ厳しい練習を積んできたのだからできるはず!

こういう気持ちですね。

その自信があれば多少のミスも気にならず、前向きな気持ちで試合に向かうことができるようになるはずです。

という訳で、試合で実力を発揮したいなら練習が必要ですよ、というめちゃくちゃ当たり前の結論となってしまいました。

あまりにも当たり前すぎるので、最後に僕が学生時代に先輩から聞かされた言葉を書いておきますね。

試合は練習のように、練習は試合のように

と、僕の先輩が言っていました。

その先輩が実践できていたかどうかは疑問ですが、僕はなるほどと思いました。

思いましたが、すぐにできるようなものでもないと思います。

僕もできていませんしね。

試合は練習のように!なんて言われても、やっぱり試合は勝ちたいですから気持ちが入ってしまいます。

ですから僕の場合は、

練習は試合のように

これだけは意識するようにしました。

試合の時間より練習の時間の方が圧倒的に長いし、これなら自分の意識の持ち方しだいでコントロールできると思ったからです。

この本がよく読まれているようです。

あなたが今まで試合らしきものに出たことがないなら、思い切って試合に出てみてはどうでしょうか?

日常生活では味わえない緊張感をぜひ感じて下さい。

きっと新しいテニスの扉が開くはずですよ。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする