シングルスでショートクロスが苦手な相手と、ボレーが苦手な相手との戦い方

どうも!

現役コーチのジュリイです!

テニスの試合では相手の弱いところを攻めるのがセオリーです。

特にシングルスでは守らなければいけないコートが広いため、相手の弱点を攻めやすいですね。

相手をよく観察し、苦手なショットや弱点がみつかったら徹底的にそこを攻めることが勝利への近道です。

最もよくあるのが、バックが弱点という人です。

ボレーが苦手だという人もいますね。

コメントでこのような質問を頂いたので、質問内容に絞って書いてみようと思います。

ショートクロスが苦手な人に対して、ショートクロスのパターンに持ち込みたい

ショートクロスが苦手な相手がいるとしたら、自分からショートクロスの展開に持ち込んでいくと良いのですね。

しかしショートクロスに打とうと思うなら、ある程度条件が整わないと打っても効果が薄いと思うので、その条件を満たしている時にショートクロスを狙うと良いです。

その条件は、

自分がシングルスラインの外側に振られた時

です。

ショートクロスは角度をつけたショットなので、コートの外に振られた時がチャンスです。

目安はシングルスラインの外に自分が走らされた時です。

コートの外側であればあるほど、自分のショットに角度がつくので有効なショットとなります。

逆にセンター付近から打つと効果が少ないばかりか、ミスが出やすく、相手に逆襲されやすくなりますので注意しましょう。

ショートクロスは一撃必殺のショットではなく、相手を走らせてミスを誘ったり体力消耗を狙う意味あいが強いショットだと僕は思います。

なので、ショートクロスを誘うような考えは持たずに、コートの外に走らされた時に切り返し、相手をさらに走らせるショットという位置づけの方が良いかなと思います。

ボレーが苦手な相手をネットに誘い出し、ボレーボレー戦に持ち込みたい

シングルスの試合でボレーボレーの展開になることはあまりないと思いますが、あえてその展開に持ち込みたいのであれば、まずは相手をネットに誘い出さなければいけません。

相手をネットに出すには、ネットの近くに弾ませ、なおかつチャンスボールにならないショットでなければいけませんね。

そう、ドロップショットです。

ドロップショットの打ち方のコツや、ドロップショットをいつ打つかに関しては過去記事知らないと損するドロップショット活用法を読んでみて下さい。

錦織選手のようなフォアハンドでのドロップショットは難しいので、バックハンドスライスと同じフォームでネット際にボールを落とす、バックでのドロップショットが良いと思います。

ボレーボレーの展開にするなら、ドロップショットを打ったら自分もネットに詰めましょう。

ボレーが苦手な相手なら、ストロークでパッシングショットを狙ったり、ロブで相手の頭の上を狙うのもアリですね。

僕からの回答は以上です。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    ドナドナさん、お母さん、こんばんわ~
    何も考えずにただボールを強く打つだけの学生が多い中、自分で課題を見つけてそれに取り組む姿勢は素晴らしいと思います。
    成果が出た時にも報告頂ければ僕も嬉しいです。
    頑張って下さい!

  2. ドナドナ より:

    回答ありがとうございました。本人が読んでのコメントをかいておきます。
    シングルスラインの外側に振られたときっとの回答から、とりあえず自分の今のスライスサーブを相手が外にでてくようなサーブがねらえるように、そのサーブの練習からはじめるそうです。ありがとうございました。ドロップショットは、ずーと、滑るスライスを練習していたので、遊び感覚でうっててたドロップショットがうてなくなってしまったので、きちんと練習するそうです。また、試合やゲーム練習で何か私も言ってることがよくわからなくなってきたので、すいません、お願いします。