テニスの試合で使える小技2つ※使うかどうかはあなた次第です

どうも!

現役コーチのジュリイです!

テニスは背が高い方が有利だし、力があれば強烈なボールを打つことができます。

でも、体格が良ければ試合で有利なのかと言われれば、そうでもないと思っています。

テニスと言う競技はあらゆるものを試される、総合スポーツだからです。

奈良くるみ選手や、土居みさき選手は背は小さいですが、堂々と世界で戦っていますね。

僕は背が低い方で、腕力もそれほどありません。

それでも戦い方しだいで体格の良い選手に勝つことができます。

ではどのような戦い方をすれば良いの?となりますが、今回は戦い方という大きなくくりではなく、あなたが今すぐマネのできる小技、小ネタを2つ紹介しようかと思います。

地道なトレーニングもいらず、すぐに試合で使える技なので知っておいて損はないはずです。

ただしあくまでも小ネタにすぎないので、大きな効果は得られません。

期待しすぎないようにして下さい。

それではテニスの試合で使える小技ですが、

その前にどうしても先に伝えておきたいことがあります・・・

相手や周りの人たちにセコイと思われるかもしれないので、使うかどうかを慎重に考えてからにして下さい。

また、僕のことをセコイ男と思わないで下さい。

この2つの約束を守れるあなただけ読み進んで下さいね。

テニスの試合で使える小技を2つ紹介します

①サーブの時に使える小技

ダブルスの時、あなたがデュースサイドに立って、サービスサイドラインいっぱいに入るスライスサーブを高確率でエースにする方法です。

サーブの立ち位置で言えば、コートの外に近ければ近いほど、スライスサーブを相手コートのワイドに打ちやすく、かつエースを取りやすくなります。

ただ図1のように、最初から自分(青)が外寄りへ立ってしまうと、相手(黄)はそれを見てワイドへのスライスサーブを警戒し、相手も外側に立つでしょう。

図1

コート図1

このように相手レシーバー(黄色)が、自分(青色)のポジションに合わせてワイドを警戒されては、エースを取ることが難しくなります。

ということで、相手のワイドへの警戒心を薄れさせるために、あなたは図2のような位置に立ちましょう。

このような位置なら、相手にワイドを警戒されることはないでしょう。

コート図2

さて、準備は整いました。

あなたは1stサーブのモーションに入り、トスを上げます。

ここからが大事です。

あなたはそのトスを打たずに、トスを上げ損なったふりをします。

そして再びサーブのモーションに入るその前に、ほんの1Mくらい外に寄るのです。

相手にバレないように(⇐これ大事)

図3 ※赤丸が最初にトスを上げた位置

コート図3

実際に1Mくらいなら相手は気づかないことが多いです。

レシーバーは相手サーバーのポジションに合わせて自分のポジションを対応させていくのが基本ですが、1Mほど外に寄ったサーバーに気づかないままだとどうなるか?

ワイドに切れていくスライスサーブへの対応が、1Mほど届かないことになります。

このようにして、相手レシーバーに気づかれず自分のポジションをずらすことに成功すれば、ワイドへのスライスサーブでエースを取る確率が上がります。

②相手のスマッシュミスを誘う方法

これは雨が降り始めた時にしか使えない方法です。

しかも相手プレーヤーがメガネをかけていることが前提です。

雨が降っている時にはメガネのかけている相手プレーヤーに高いロブを上げます。

少し高めのロブが良いでしょう。

メガネに水滴がつくとボールが良く見えなくなるので、スマッシュミスを誘えるという訳です。

あまりに高いロブだとスマッシュを断念し、ボールを落としてくるかも知れませんので、通常ならスマッシュが打てる程度の高さが良いでしょう。

おまけ

②はあまりに限定的なので、おまけの小技をもう一つ紹介し、②と③合わせて1個ということにしたいと思います。

③試合前のトスで勝ち、選択権(サーブ、レシーブ権)を取る方法

これは少し練習が必要ですが、それほど難しくないので少し時間の空いた時に練習して下さい。

それではトスで勝つ方法についてです。

一般の試合では、ほとんどの場合どちらかがラケットを回し、一方がその表裏を当てるという方法でトスをしますね。

その時に、あなたは相手より先にラケットを差し出し、すかさず

「ウィッチ?」(スムースorラフ)(アップorダウン)

と聞いて、自分でラケットを回すようにして下さい。

大方の場合、相手はすぐに答えてくれます。

ここであなたは、相手の答えを聞いてからラケットを回します。

そう!

ラケットを自分で回すことにより、自分で好きな方のラケットフェイスを上に向けて倒れるようコントロールするのです。

その回転数は、2~2.5回転がベスト。

それ未満だとあまりにもラケットが回っていないので、怪しまれます。

逆に3回転以上ラケットを回すと、コントロールすることが難しくなってきます。

試行錯誤して、最終的に行きついた答えが2回転から2.5回転なのです。

え?ふざけてますか?

セコイ奴ですか?

でも、相手に気づかれないように相手をコントロールすることができたら良いと思いませんか?

相手をコントロールすることは、試合をコントロールすることです。

今回紹介した小技を採用するもしないもあなた次第です。

でも、遊び心のある小技を取り入れると、もっとテニスを楽しくプレイできると思います。

こんなバカなこと言ってるテニスコーチがいるよ、なんていいながら話のネタにでもして頂ければ嬉しいです(笑)

フォローする