ダブルスで勝ちたい、優勝したいあなたが最低限知っておくべきこと

どうも!

現役コーチのジュリイです!

突然ですが、ダブルスで優勝したくありませんか?

試合に出るからには、1勝くらいはしたいと誰もが思っているはずです。

そしてあわよくば優勝したいと思いますよね?

「べつに勝つために試合に出ている訳ではないですが何か?」

といった人を僕は知りません。

出るからには自分の可能な限りの高みを目指したい!

優勝したい!

そう思うのが自然ではないかと思うのです。

手前みそですが、僕はトーナメントで優勝したことがあります。

また、大きな大会で本戦に出場し、プロ選手が戦うような本線の試合会場で戦ったこともあります。

レギュラーメンバーとして、全員の期待を背に団体戦を戦ったこともあります。

そんな時はやっぱり素直に嬉しいし、自分を誇らしく感じます。

周りからも一目置かれるようになります。

あなたもそんな体験をしてみませんか?

あなたがどんなレベルであっても、試合に出る以上は優勝を目指すべきだと思います。

それが内輪だけのミニトーナメントでも、市民大会Bクラスでも良いのです。

一度はてっぺんを味わい、その空気を感じて欲しいと思います。

「おいおいジュリイさん、簡単に言ってくれるじゃねーか!」

そんな声が聞こえてきそうですね。

しかしシングルスならまだしも、ダブルスなら技術的にレベルの高い相手にも勝つ可能性は十分あります。

ダブルスのツボを分かっていれば、ですが。

僕の言うダブルスのツボとは、ダブルスに必要な技術と知識のことです。

もう少し噛み砕いて説明します。

テニスにはストローク、ボレー、サーブ、スマッシュというショットがありますが、ダブルスに勝ちたいと思うなら、ダブルスで使用頻度の高いショットを優先的に練習する方が効率的ですよね?

テニスの練習をする時に、とりあえずストロークから始めていませんか?

ダブルスで勝ちたいのなら、これは今すぐやめましょう。

いえ、ストロークの練習を止めろという意味ではなく、優先順位を変えましょうという意味です。

ダブルスで優先して練習するべきは、サーブとボレーです。

ところがテニスの練習となると、何は無くともストロークの練習をする人のなんと多いことか。

ほとんどボレーの練習時間をとらず、それでいて試合に負けた後に、

「ボレーが下手だったから・・・」と言います。

上に挙げた人はほんの一例ですが、要するにダブルスで勝ちたいならダブルスで大事なことを優先して練習するべきですし、ダブルスで必要な知識を得るべきだというのが僕の言いたいことです。

あなたが本気でダブルスが強くなりたいと思うなら!

周りの人から羨望の眼差しを受けたいと思うなら!

表彰台の一番高いところに上がって、拍手と称賛の嵐に包まれたいなら!

ダブルスのことをもっと勉強して欲しいと思います。

【ダブルスに勝つために作られたDVDの存在】

最近僕が購入した、ダブルスで勝つことに特化したダブルスノウハウDVDは、まさにそういった人の希望をかなえるためのDVDです。

試合に強くなるテニス「簡単に勝てるダブルス」というタイトルです。

内容については、詳しくこちらで書きました。

※右近貴志コーチの「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVDを買ってみました

ダブルスは戦い方しだい、ペアとの連携しだい、戦術しだい、メンタルしだいで、勝ちが転がり込んできます。

いえ、「転がり込む」ではなく、正しい知識と必要な技術を武器に「引き寄せる」ものです。

そう、勝利は引き寄せることができます!

そしてこのDVDは、ダブルスに特化した技術と知識を体系的に分りやすくまとめられています。

全日本ベテランダブルスで無敵の強さを誇った右近コーチが、自身の経験から強く必要だと感じたダブルスノウハウを厳選して詰め込んだDVDです。

ダブルスで優勝したい人にはぜひ手にとって見て欲しいと思います。

あなたがDVDで紹介されている技術、戦術、メンタルの全てを手に入れた時、あなたのダブルスのレベルは今よりも数段レベルアップしているはずです。

遠くから眺めるだけだったトーナメントの表彰式に立てるのも、決して夢ではありません。

ダブルスはただ闇雲に練習するだけでは試合に勝てるようにはなりません。

勝ちたいと思うなら、練習の時からダブルスを意識して練習をするべきです。

しかし、どのような練習をすれば良いのか、ほとんどの人は知らないのです。

あなたが人と差をつけたいと思うなら、先に行っているライバルに追いつこうと思うなら、ダブルスに向いた練習をするべきで、ダブルスの知識を得るべきす。

試合に強くなるテニス「簡単に勝てるダブルス」は、そんなあなたにピッタリのDVDだと思います。

▼右近コーチの「簡単に勝てるダブルス」公式サイトへは下のボタンから▼

公式サイトボタン

フォローする