右近貴志コーチの「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVDを買ってみました

右近貴志さんは大阪のテニススクールで現役のコーチとして活躍されている方です。

右近コーチは自分の所属するスクールでの草トーナメントに出場されていますが、 僕の周りのコーチ達はそこで右近さんと対戦し、撃沈して帰ってきます。

とにかく鬼強いのです。

それもそのはず、全日本ベテランテニスダブルスで何度も優勝し、35歳以上ダブルスランキング1位をキープしているほどの実績です。

その右近コーチが作ったテニスDVD の内容はどのようなものなのか?

右近コーチのテニスには他の人が知らない秘密があるのではないか?

秘密というほどでなくても、ダブルスで勝つ秘訣が収録されているかもしれない。

そんな思いを持っている人もいると思って、実際に買ってみることにしました。

「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」DVDの内容

DVD1,2の内容について

DVD は写真のように、3枚がワンセットとなっています。

DVD 1、2は基礎編となっていて、内容はストロークとボレー、それに右近コーチとの対談です。

各ショットの解説は右近コーチが実際にヒッティングをしながら行われます。

その解説は、どちらかというと中級者以上の人に向けたものであると僕は感じました。

なぜなら、始まって7分でトップスピンを打つ時の大切なポイントとは何か、といった内容の解説が始まるからです

トップスピンの次はスライスのスイングについての解説です。

いずれも初心者には難しいショットで、トップスピンやスライスが上手くなりたい人に向けた内容です。

DVD のタイトルにもあるように、基本編とはいえ、常に試合で使うショットを意識した内容となっていて、実践的なDVD であることが分かります。

もしこのDVD対象者を設定するとしたら、ある程度テニスの基本ができている方が対象となるでしょう。

右近コーチが解説の中に、「ミスを減らすために~~」とか、「安定した~~」という言葉が出てきます。

これは右近コーチがたくさんの実戦を積んできた中で身につけた、試合で本当に大事なことは何かというテーマに基づいた言葉だと感じました。

右近コーチはストロークもボレーもスマッシュも、実際の打点がどこなのか?それを知ることがイメージを作る上で大事で、結果的に安定したテニス、ミスのないテニスに結び付くと言います。

DVD 内では実際の打点から見たネットの高さや相手コートが一目瞭然に分かるようなカットが何度も出てきます。

これは個人的には非常に分かりやすいと思いますね。

実際の打点のアングルから撮影されていることにより、視聴者にイメージが湧きやすくなっています。

右近DVD説明シーン

DVD1と2の中での解説は、基本的なショットであるストローク、ボレー、スマッシュ、サーブは右近コーチが実戦で使うことを想定した上で、よく起こるミスや注意点をピックアップして解説しています。

そのために、単にテニスの技術を上達したいという人に向けた内容というよりも、試合に出場する人に向けての内容です。

試合で実際によく起こる場面や、正しいイメージの持ち方を取り上げているのですから当たり前ですね。

DVD1,2の基礎編で右近コーチが伝えたいことをまとめると、

〇試合でよくあるミスはコレです、だからココに注意!

〇ミスの原因は打点やボールの軌道を正確にイメージできていないことによって起こる。
正確なイメージを持つことが大事

でもこれは本当に大事なことで、これを知っているのと知らないのとでは、上達に雲泥の差が生まれると思います。

DVD3について

DVD 3は応用編となっていて、サービス、レシーブに分けた実践的な内容となっています。

ダブルスのノウハウについて、最も詳しく触れられているのがこのDVD3です。

トーナメントに出ている方にとって一番知りたいことが、この3枚目のDVDに詰まっています。

右近コーチがダブルスをプレイするにあたって心がけていることが、この3枚目のDVDで公開されています。

サーブの立ち位置を変えることによって起こるメリット、デメリットを解説されていますが、これはダブルスをプレイする上で、戦いを有利に運ぶために知っておく必要があります。

逆に知らないとそれだけで不利に働くし、自分の本来の力を引き出せなくなるかも知れません。

他にもサーブ&ボレーのコツや、実際に右近コーチがプレイしているポイントも収録されていて、まさにダブルスのお手本となるプレイが凝縮されていますね。

レシーブをする時の考え方については、こんなサーブがきたらどうするのか?についての右近コーチの対応の仕方を細かく解説されています。

構え方やポジショニングだけでなく、レシーブをする際のメンタルについても触れられているので、トーナメントを意識しているあなたにとっては非常に参考になるはずです。

リターンダッシュについても、右近コーチの実際のプレイが収録されていて、どこにポジショニングすれば良いのかや、ボレーのポジションについても、動画で一目瞭然に分かるように撮影されています。

右近DVDダブルスG形式

僕が3枚のDVDに順位をつけるとすれば、間違いなくこの3枚目を一番に推します。

ただ、サービスダッシュができることや、スライスサーブでコースを狙うことなどが必要であることなど、初級者レベルの方にとっては内容の理解はできても、自分でその通りプレイするのが難しいかも知れません。

そのため、やはりある程度のレベルにある方に向けたものであると言わざるを得ません。

対談、Q&A動画

1~3枚のDVDの終わりに、右近コーチと出演しているコーチ陣との対談、Q&Aが収録されています。

そして実は僕が最も良かったと思ったのがこの対談です。

コーチからの質問に右近コーチが答える形をとっていますが、恐らくシナリオ無しのガチ対談だと思われます。

右近コーチが質問に答える際には少し考えながら、時には考えを整理しながら答える様子が見て取れます。

しかし、逆にガチな対談だからこそ、右近コーチの本心が見えるように思います。

そしてその内容は、ベテランダブルスでは敵なしと言われた右近コーチの経験から導き出されたメンタルコントロール方法や、試合に活かせる練習方法、また過去の苦い経験までも惜しむことなく語られています。

ハッキリ言って、これは必見ですね。

この対談がDVDの価値を大きく引き上げていると言っても過言ではないでしょう。

右近DVD対談シーン

このDVDをお勧めするなら?

ダブルスを戦うなら、技術を磨くこともさることながら、必ず押さえておくべき大事なポイントを知るべきだと僕は思っています。

試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~のダブルスノウハウを実践すれば、自然とダブルスで必要な技術とメンタルが身につきます。

初心者、初級者や試合に出たことがない方にとっては難しく、理解できないかもしれません。

また、女子ダブルスで雁行陣メインで戦う方にとっても、自分がふだんプレイしているような内容の解説が少ないので、参考にしづらいかも知れません。

お勧めする方は、男性でダブルスの試合に出たことがあり、サーブ&ボレーをしたことがある、またはメインでプレイするくらいのレベルの方です。

試合でイマイチ勝ち切れないなどの悩みがある方は、このDVDを見てコツを掴めば、タイトルのように簡単に勝てるようになるかも知れません。

もっと詳しい内容を知りたい方や、購入を考えている方は下のボタンから公式サイトへお入り下さい。

公式サイトボタン

フォローする