テニスのイップスについて考えてみたが・・・

テニス歴が浅い方の悩みとして、トスが不安定なのは、ある意味仕方ありません。

練習すれば必ず上手くなってきます。

しかし、これとは別に、トスを上げる瞬間に、腕や指が自分の意思に反して動くため、トスがあらぬ方向に上がってしまう方がいます。

ジュリイの生徒の中にもいます。

これはイップスという症状です。

精神的なことが原因で、思い通りのプレイが出来なくなります。

・自分の腕じゃない気がする

・心と身体が分離している

・~したいのにできない

サーブのトスだけでなく、サーブのスウィングやフォアハンドストロークでも起こります。

テニスだけでなく、ゴルフ、野球、バドミントン、卓球、その他さまざまなスポーツでもイップスはあります。

イップスは一般プレイヤーのものだけではなく、プロ選手の間にも起こります。

これが原因で引退することになったゴルフ選手もいます。

イップスになる人の特徴は、真面目で責任感が強く心の優しい人だそうです。

イップスの原因は様々で、主に精神的なことが原因でなってしまう方が多いようです。

緊張した試合などで、トスアップに失敗してしまうと、本人の性格も影響し、次も失敗するのではないか?など、必要以上に緊張してしまいます。

その結果ダブルフォルトになり、大事な試合に負けてしまった。

パートナーにも申し訳ない気持ちで一杯になった。

別の日の試合で、緊張状態の中のサーブで自分の指が上手く動かず、トスが安定しないままダブルフォルトの山を築いた。

次からは練習時のサーブでさえ上手くトスが上がらなくなった。

その後は、サーブのたびに失敗の記憶が蘇ってきて、トスが全く上がらない状態になってしまった。

こんな具合でイップスは進行していくのです。

イップスになってからの記憶も影響するので、ますますトスが上手く上がらない。

フォアハンドなら、まともにボールが打てないということになってしまいます。

じゃあ、どうやって治すの?と言われそうですが、実際レッスン中のアドバイスとして言うならば、

「あまり深く気にしないで下さい」とか、

「リラックスして、悪いイメージは取り除いて、上手くトスが上がるイメージを持って下さい」

くらいしか言えないと思います。

ここまで来るとテニスコーチの専門領域を超えているので、軽はずみなことは言えなくなってくるので、原因が精神的な所、無意識の領域にあるのなら、テニスコーチのできることは限られてしまいます。

悩みが深く、どうしても治療しなければいけない、などの場合は、イップス治療のカウンセリングを受けることをお勧めします。

関連記事:フォアハンドストロークのイップスに悩んでいます!~質問と回答~

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする