フォアハンドの打点が安定しません ~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

フォアハンドストロークは基本のショットですが、一番悩みの深いショットでもあります。

質問を頂いたので回答したいと思います。

質問者:ユースケさん

質問内容:

今はスクールに通っておりクラスは中級クラスを受けています。右利きです。

ここから質問というかアドバイスを頂きたいのですが、フォアハンドが安定しません。

相手の打球に依りますが、スピン、トップスピンロブ、タウンザラインはある程度打てるのですが、勘で打点を合わせて打っていることを実感しています。

バックハンドは両手打ちなのですが、こちらは踏み込み脚の位置を打点として考え目安としているのでフォアより安定しています。

フォアの打点の取り方、練習方法、ボールを打つときの意識などアドバイス頂ければ幸いです。

ジュリイの回答:

こんにちは、はじめまして。

フォアハンドストロークの打点にお悩みなのですね。
バックハンドは安定するが、フォアハンドは不安定だということですが、
バックハンド、特に両手打ちのバックハンドは、スウィングや打点がフォアハンドに比べて安定しやすいです。
理由は、両手でラケットをもっているために不自由だからです。
対してフォアハンドは自由度が高いため、逆に不安定になります。
これはユースケさんだけでなく、多くの人がそう感じています。
僕もそうです。
>>フォアの打点の取り方、練習方法、ボールを打つときの意識などアドバイス頂ければ幸いです。

フォアの打点はグリップによって違ってきますが、まずは自分のグリップでスウィングをした時に力の入るポイントを探します。
ネットポストなどの動かないものにラケット押し当てて、力の入るポイントを確認して下さい。
次に実際にボールを打つ時には、そのポイントで打てるように足を動かして打点に入るよう意識しましょう。
自然にグッと力が入るポイントにボールが来れば、良いボールが飛ぶはずです。
ネットポストで打点を確認する際には、踏み込んだ時(スクエアスタンス)と、オープンスタンス、体重が後ろに乗った時なども確認しておきます。
なぜなら実際には踏み込んで打てるボールばかりではないからです
色んな状況を想定して打点を確認しておくと、応用が利きます。
フォアハンドは片手なので、腕を伸ばせばラケットが届いてしまうので、手打ちになりやすいショットです。
フォアも、バック同様に足を動かして打点に入ると、安定したフォアハンドになります。
スウィングで一番大事なのは打点だと僕は思っています。
一番良い打点まで、しっかり足を動かしましょう。
回答は以上です。
また更新します。
ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    こんにちは、はじめまして!
    質問に対する回答を記事にしましたのでこちらをご覧下さい。

    4歳の子供がどうしたらソフトな返し方ができるようになりますか?~質問と回答~

    ありがとうございました!

  2. 佐藤つかさ より:

    こんばんは(^^)楽しく読ませて頂いてます! さて、私の4才になる息子がテニススクールに通い始めました。 2才半ごろからATPなど見始め、習いたい!とせがまれていましたがさすがに小さ過ぎてスクールがなく、待って×2やっと通えるようになったのですが… 憧れのジョコビッチや錦織圭くんのように強打しようとします( ̄▽ ̄;)ボールの勘はよくラリーは出来るのですが、ソフトにかえす、というのは嫌なようで とにかくあの「スパーンー!」という音を求めて大振りしたがります… どうしたらコーチの言うようなソフトな返しかたをわってくれるようになるでしょうか…(*T^T)?