コーチによって言うことが違う!?

テニススクールに通ったことのある人は、一度は思ったことがある事。

「コーチによって言うことが違う!?」

これに対するジュリイなりの回答と、対処の仕方を書いてみたいと思います。

コーチから生徒へのアドバイスの内容が、2人のコーチで全く違う内容のものだったとします。

この場合、どちらのコーチの言うことを信じれば良いのか?

生徒であるあなたは悩むと思うし、スクールやコーチに対する不信感さえ覚えるかも知れません。

実際に体験したことのある方、意外と多いかも知れませんね。

これには大きく分けて、2つの理由が考えられます。

コーチによって言うことが違う理由①

まずひとつ目の理由として、テニスの打ち方はひとつではない、ということ。

テニススクールで教えるストロークの打ち方ひとつ取っても、スクールにより指導方針が違います。

Aというスクールと、Bというスクールではスウィングガイダンス自体が全く違うということは普通にあります。

また、同じスクール内のコーチでも、指導の仕方に違いがあります。

さらに、同じコーチであっても、あなたのレベル、性別、年齢、筋力、経験などによって、指導内容に違いが出てきます。

例えば、ジュリイならあまり速くラケットを振ることができない女性に、厚いグリップでトップスピンを打つようなスウィングはお勧めしないでしょうが、違うコーチが見ると、この人にはトップスピンが向いているのでは?と思って、それを勧めるかもしれません。

また、ラケットの使い方を見て、スライスを推奨するコーチもいるかも知れませんね。

さらに言うと、あなたがどのレベルを目指しているかによって、コーチの言うことが違ってくることも考えられます。

あなたが試合に出場し、何かの大会で上位入賞するのが目標とするならば、コーチの指導内容も細かく、厳しいものになると思います。

しかし、週1回のスクールでのテニスを社交の場と捉え、楽しむことを第一に考えているとしたら、アドバイスの内容も違ってきます。

ストロークひとつ取り上げてみても、フラット、スピン、スライスと打ち分けられるなら、テニスの幅が広がるのは間違いありません。しかし各ショットが打ち分けられないと、テニスが楽しめないのか?というと、全くそんなことはありません。

少し例を挙げてみますね。

Aコーチというあなたのことを良く知っている担当コーチがいて、Aコーチからは、リターンでは思い切って打ちにいって、ポイントを取りに行くべきだ、と言われたとします。それはあなたが試合になると弱気なスウィングをしてしまうことを知っているから。

振り替え先のBコーチからは、リターンはコンパクトにラケットをセットして、まずはクロスに返すこと、と言われました。

これはどちらが正しいのでしょうか?

答えは両方です。

Bコーチはリターンの考え方としては全くのセオリー通りで、間違ったことは言っていないと思います。

しかし、Aコーチはあなたに合わせたアドバイスとして言っています。

このようなケースはまだ分かりやすいかも知れませんが、自分にテニスの知識が無いと判断がつかない場合もあると思うので、どうしても分からず悩んでしまうくらいなら、信頼のおけるコーチに相談してみるのがよいと思います。

コーチによって言うことが違う理由②

もうひとつの理由として、コーチの感性の違い、表現の仕方の違いが挙げられると思います。

あなたへのアドバイスとして、2人のコーチが同じことを伝えようとしているが、コーチも人間なので、伝え方に違いが生まれます。

理論的に説明するコーチもいれば、感覚を重視したアドバイスをするコーチもいます。

人間が行う以上、違いが出てきて当然ですが、この場合は、自分が心地よいと思える方。又は、心にスッと入ってくる方といいましょうか?

自分の感性を信じて、それを採用するのが良いと思います。

ジュリイ自身も、どういう表現をすると分かりやすいか?を日々試行錯誤しながらレッスンをしています。

この人には細かく説明した方が良いかな?とか、この人は10秒以上の話は聞いてないから簡潔にしよう (;´∀`) などと、考えながらアドバイスしているものです。

これは今でも覚えていますが、高校のOBの方に、ほんの少しアドバイスをもらったことがきっかけで、ジュリイはバックハンドが得意ショットになりました。

そんな心に残るようなアドバイスができたらな?と思って日々レッスンをしているのですが、生徒の心に響くアドバイスはできているのか?自問自答の毎日です。

おまけ

身体のあちこちが痛いです((+_+))

ピンクイオンをがぶ飲みしてレッスンに励む、夏バテ気味のジュリイです。

こんなことを書いて欲しいと、いったリクエストをお待ちしています。

コメントも頂けるとやる気が出ます。

無視、スルーはしませんので気軽にコメント寄せて下さいね。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. なお より:

    返信ありがとうございます!
    自分に合うコーチを探すのってなかなか難しいですね…。前のコーチは厳しかったですが本当にいいコーチだったので…(>_<)

    これから振り替え等で他のクラスにも行ってみて、色んなコーチのレッスンを受けてみます!

    ありがとうございました(^-^)

  2. ジュリイ ジュリイ より:

    なおさん、こんばんわ。
    お返事遅れてすみません(;´・ω・)
    ヘッドコーチが転勤ですか・・・
    残念ですね(>_<) 記事にも書きましたが、コーチによって言うことが違うことってありますね。 ただ、なおさんがレッスンを受けられたコーチはフォームを矯正するよう指導されているようですが、 なおさんがそれを受け入れがたいのであれば、そのコーチのレッスンはもう受けない方が良いのではないでしょうか。 なおさんの通われているスクールには他のコーチもいるでしょうし、他のスクールに変わるという選択もあります。 テニスの打ち方には色んな正解がありますので、自分に合わない打ち方だと思うならそれを取り入れる必要はないと思います。 フォームについてうるさく言わないコーチもいますよ。 なおさんにテニスを楽しめる環境が見つかるよう祈っています。 ジュリイ

  3. なお より:

    ジュリイコーチこんばんは、お久しぶりです!
    先週で2年間ずっと担当してくれていたヘッドコーチが神戸に転勤になってしまいました(;_;)心から信頼していて、週3のレッスンやプライベートレッスンもたくさんしてもらい、今の私のテニスはそのコーチと作り上げてきたもので、本当にショック過ぎて未だに立ち直れません…。

    今日他のコーチのレッスンを受けてきたのですが、私はフォアはウェスタン、テイクバックはコンパクトに、ワイパースイングでかなり強めにトップスピンをかけているのですが、そのコーチからは後ろから前に体重移動+テイクバックは大きく、ラケットフィニッシュは左耳の上と、出来るまでずっと打つよう指導されかなり厳しめに指導されました。
    正直前のコーチと作り上げてきたテニスを否定されたみたいで物凄く悲しくなりました。

    コーチによって言うことが全然違うので、戸惑うばかりです…。
    何かいい方法はないでしょうか…。

  4. ジュリイ ジュリイ より:

    テニス大好きさん、こんばんわ~
    喜んでくれて、コメントまで頂けて僕も嬉しいです(^-^)

  5. テニス大好き より:

    このブログにもっと早く出会えればよかっなたと思ってます。まさに悩みましたね。かれこれ5年ほど前に。いまはおかげさまでスーっと入ってくるコーチに巡り会えたので解消されました(笑)あとは生徒側の受け取りかたもある程度テニスレベル知識も技術も含めてあがらないとなかなか難しいことです。かえすがえす、早くに巡り会えれば。でもいま読んでもなるほどと、ありがとうございました。