テニスの上手い人の99%が行っている、今すぐできる超カンタンなことって?

ボールを打つ時に、力が入りすぎる方って多いですよね?

これでもか!ってくらい、力を込めてボールを打ってしまい、とんでもなくボールが飛んでいったり、微妙なコントロールができなかったり、と。

気持ちは分かります。

しかし、あなたも分かっている通り、スウィング時に力の入れすぎは良くありません。

そんなことはコーチにいつも言われてるし、自分でも分かってるよ!

そう言われると思って、今日はとっておきの方法をあなたに教えたいと思います。

誰にでも簡単で、すぐ実行できて、効果も実感できる、魔法のようなテクニックです。

実は上級者やプロ選手の誰も自然にが行っている、ある動作のことです。

しかも!この方法を使うと、ダイエットにも効果がある!?というウワサです。

読んだ後で、なーんだ!そんなこと?

というくらい身近で、普段から誰もが行っていることです。

スウィングの時に行って欲しい、超簡単なこととは?

これは非常に効果があるので、プロ選手も行っていることですが、かといって一般プレイヤーができないようなことでは全くありません。

その代表的な選手は、あなたもきっと知っている、マリア・シャラポワ選手はじめ、少し古いですが、モニカ・セレス選手もそうです。

その他にも多くの選手が、というか、ほとんど全ての選手が自然に取り入れているはずです。

それは・・・

ボールを打つ瞬間に、息を吐くこと

これだけです。

あなたがリラックスする時、ホッと一息つきませんか?

それとは逆に、あなたが緊張する時、息を止めていませんか?

シャラポワ選手は、「ホーーーウッ!」と言いながら(叫びながら)ボールを打ちますが、あれは何も叫んでいるのではなく、息を吐いているのです。

その結果、叫び声となっているだけなのです。

男子選手にも、サーブを打つ時に「ッアーー!」って叫んでいる選手、いますよね。

あれもそうです。

息を吐きながらボールを打つことにより、身体の余分な力が抜けて、スムーズなスウィングになります。

すぐに実践できて、効果も実感できます。

あなたも明日からぜひ叫んで欲しいと思いますが、いきなりあなたがボールを打つ時に叫び声を上げると、周りの人はあなたから距離を置こうとするか、知らない人のふりをするか、または心配して良いお医者さんをを紹介してくれるか、のどれかになってしまいます。

決して日本人のあなたをシャラポワ選手だとは思ってくれることはないので注意が必要です。

周りの評価が全く気にならないあなたは外国選手になった気分で叫ぶのも良いでしょう(笑)

さて、ダイエットに興味のあるあなたは、有酸素運動という言葉を聞いたことがあると思います。

有酸素運動は脂肪を燃焼させやすい、という説です。

有酸素運動の代表的なものは、マラソンなどの長距離走です。

確かに長距離選手に太った人はいないので、それは間違いではないと思います。

要するに、息を吸ったり吐いたりしながら継続的に動けば良いのです。

もうお分かりのように、テニスをしながら、有酸素的な要素を取り入れれば良いのです。

打球時には息を止めず、息を吐きながらボールを打ち続ければ、それ即ち有酸素運動となります。

あ、息を吸うのも忘れずに!

テニスって、本気でやれば、かなりきついスポーツです。

ボールを追いかける時に走り、身体を捻ってテイクバック。捻った身体を戻しつつスウィングし、打球後はすぐに次のボールに備えてベストなポジションへと戻る。戻っても相手が打つまではリズムを取るために足を動かしつつ、相手がボールを打つ瞬間にはスプリットステップを踏む。

ボールを1球打つだけで3行使うほど、テニスは動きが多く複雑なのです。

最近、巷では「RUN」などと言って、走ることが流行っていますが、テニスはそれ以上に激しく、そして何倍も面白いと思うのですが、あなたはどう思いますか?

おまけ

読んでみれば、なーんだ?と思ったかも知れませんが、力の入りすぎに悩んでいる方が多いのもまた事実。

1人でも「役に立ったよ?」と、言ってくれたら嬉しいです。

その際にはぜひコメントをお願いします。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする