痛い、テニス肘が痛い・・・今やっているテニス肘対策まとめ

どうも!現役コーチのジュリイです!

先にお伝えしておきますが、僕のテニス肘は現在進行形です。

なのでテニス肘を治す方法を求めてこの記事にたどり着いた方へ。

ごめんなさい。

テニス肘が治ったよ!と早く報告したいところですが、この記事では僕が今行っているテニス肘対策をお伝えすることしかできません。

できませんが、何か参考になることがあるかもしれませんので、最後までどうぞお付き合い下さい。

テニス肘の現在の症状

肘の内側に鈍い痛みがあります。

フォアハンドやサーブの時に痛みます。

バックハンドで痛む方の場合は肘の外側に痛みが出るようですが、僕の場合は内側です。

また他の症状としては、腕全体がだるくなり熱を持ちます。

こうしてPCのキーボードを叩いても腕がだるくなってきます。

もちろん様々な対策を講じてテニス肘に対抗していますが、それは後で書くことにします。

肘の痛みの原因と先生の診断

複数の先生の言うことが共通しているので、僕の場合はこれが原因だと思いますが、

肩周り、首周りの張りが強く、もちろん腕の張りも強いため柔軟性が失われており、負荷の掛かるところや弱いところに痛みが出ているということです。

その箇所が肘の内側になっているだけで、他の箇所に痛みが出てもおかしくないそうです。

腕の筋肉や筋を痛めているのかと思いきや、そうではないらしいことが複数の病院、整骨院に通った末に分かりました。

どこの病院、整骨院に行っても、僕の腕を触診した先生が最初に言うのが、

「固っ!」

この一言です。

その後上腕部や肩、首を触り、

「カチカチやな~」と言うのです。

少し前に似たようなセリフを言うお笑い芸人がいましたが、先生は真面目な顔で僕に言います。

そこから整骨院の先生なら指圧や矯正などの施術となり、整形外科の先生は処方箋を出してくれます。(この前は注射を打たれました)

出された薬はこちら。

20150213_133357.jpg を表示しています

さらに首サポーターも購入

20150214_131702.jpg を表示しています

3週間飲んでも変わらないので薬が増えました。

漢方薬も違うものになり、それを飲んでいましたが、しばらくすると身体に湿疹ができたので飲むのをやめました。

今は3種類の薬だけです。

20150611_001101.jpg を表示しています

ステロイド注射を打ってもらったが・・・

この間はとうとうステロイド注射を打たれました。

打たれて2日くらいは注射薬の痛みがありましたが、それから1週間は見事に肘の痛みから解放されました。

さすが注射!

さすがステロイド!

注射ばんざーい!!!・・・。

しかし残念ながら効力が切れたのか、約1週間経つと以前と同じような症状に戻ってしまいました。

現在のテニス肘への対抗策

①サポーター

僕の使っているのはテニス肘専用のものではなく、ぴったりと腕にフィットするタイプのサポーターです。

ファイテンの製品には効果を感じているので、それを使っています。

テニス肘にファイテンサポーターは効果があるのか?

②プレイ前と寝る前にマッサージクリーム

ファイテンの「メタックスクリーム」を塗って、腕の疲労軽減をはかっています。

ファイテンのメタックスクリームを買って使ってみた

③ストレッチ

ヒマがあれば腕のストレッチを行っています。

④テニス肘改善プログラムのエクササイズ

テニス肘を改善するためのエクササイズを学んだので、今でもこれを行っています。

テニス肘の改善について

⑤クエン酸の摂取

クエン酸は疲労軽減だけでなく肩こりにも効果があるらしく、こまめに補給しています。

⑥処方薬をきちんと飲む

薬についてはあまり効果を感じないので、今もらっているものを飲み切ったら止めようと思っています。

まとめ

僕の場合、毎日レッスンがあるために、腕を長期間休めることができません。

上に挙げた対抗策も焼け石に水なのかもしれません。

しかし、何か対策をしないと本当に腕が使えなくなるかもしれず、そうなると仕事になりません。

幸いひどい痛みではないので、ラケットは握れています。

そう考えると、日々の対抗策がテニス肘の進行を食い止めているのかもしれません。

日々のテニスによる疲労の蓄積がバケツに上から水を足しているのだとすると、水の入ったバケツの底に穴を開けるのがテニス肘への対抗策のようなもの。

痛みや症状がひどくなっていないということは、疲労の蓄積(上から足される水)と、痛みの軽減(穴から出ていく水)のバランスが取れているということでしょうか?

どうにかして穴から出ていく水の量を増やせないかと試行錯誤の毎日です。

ともかく僕のテニス肘との闘いは今も継続中で、今のところ終わる気配はありません。

気長に付き合っていくしか無いのかもしれません。

憂鬱です。

>>2015年10月、テニス肘の痛みを軽減させるテーピング方法(動画あり)更新しました。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする