テニスの試合まで残り10日間で行う練習とその考え方を公開します

どうも!現役コーチのジュリイです!

先日ひょんなことから試合出場へのオファーがあり、MIXダブルスの大会に出ることになりました。

何でもペアの男性の方がケガをしてしまって、このままでは出場を辞退するしかないとのことでした。

肘に不安を抱えているために、ろくに練習をしていなかったので、最初は

「検討します」

という名のお断りをしようと思っていたのですが、いつもお世話になっている方の依頼でもあるので、出場することにしました。

オファーと言っても、地方の小さな大会なのでそこまで気張ることもないのですが、出るからには今の自分のベストを尽くしたいと思います。

そうした背景があり、試合を近日に控えた場合の練習内容や調整方法などを自分の計画書代わりに書き留めてみようと思います。

そして少しでも、このブログを見てくれているあなたの参考になればいいかと思います。

「いやいやアンタ、テニスのコーチだろ!?いつでもテニスできるじゃないの!?」

というツッコミが予想されるところですが・・・。

もちろんラケットとボールに触る機会は、一般プレーヤーと比べて圧倒的に多いと思います。

しかし、レッスンと自分の練習は別物です。

レッスンでフォアハンドをフルスウィングする訳にはいきません。

サーブのデモンストレーションをすることはあっても、自分のために1球1球集中して、コースを狙って、回転をかけて・・・なんてしていたら生徒にアドバイスなんてできません。

ラケットを持ってボールを打っていても、レッスン中のコーチのテニスは常に生徒のためのテニスなのです。

それでも、すぐそこにテニスコートがあり、ボールも自由に無料で使える訳ですから、一般の方に比べれば恵まれていることは認めますけどね。

それでは僕が試合日まで残り約10日間で行った、また行う予定の練習内容と、それをする理由などを書いていこうと思います。

10日で行う練習内容と考え方

>>ベースとなる考え

●技術アップは考えず、今ある実力を出せるようにすること。

●練習してすぐに効果が期待できることを行う(速いボールに慣れることなど)

●試合当日にベストなパフォーマンスになるようなペース配分を考えて練習する

>>サーブについて

これ以上のスピードアップは求めずに、コントロールを重視していこうと思います。

スピードアップにはフォームの矯正と筋力アップが必要ですが、どちらも時間が足りません。

だからやりません。

試合で大事なのはスピードよりも確率とコントロールだと思っています。

時間が限られているので、技術や筋力をアップさせる考えではなく、自分のテニスを思い出すことを最優先に考えたいと思っています。

サーブの具体的な練習方法は、一番使用頻度の高いスライスサーブと、セカンドサーブで使うトップスライス(ナチュラルスピン)サーブを半々に練習します。

ボールを2球持って、それぞれ1stサーブと2ndをイメージして、デュースサイドとアドサイドから行います。

相手がいれば、サービスダッシュから1stボレーまでの練習を繰り返し行います。

相手がいない場合も、ダッシュして1stボレーを打つイメージでボレーの素振りまでを一連の流れとして繰り返し行います。

たくさんボールを打ちたいところですが、1日につき全部合わせて1カゴくらい(約90球)にしておこうと思います。

なぜなら、頑張りすぎると次の日に肩が重くなって回らなくなるからです(>_<)

>>リターン練習

誰かにサーブを打ってもらい、自分のサイドのリターンの練習です。

その際にクロスへのリターン、ストレートへのリターン、クロスへのチップ&チャージ(リターンダッシュ)、ストレートロブの練習をそれぞれ行います。

これらは上達が目的ではなく、実戦から遠ざかっていたために、あくまでも感覚を思い出すために行います。

もちろん相手がいない場合はできないので、試合までに2回くらいできれば良いかなと思います。

>>ボレー練習

ボレーだけの練習は行いません。

ボレーやスマッシュは、試合の中の流れの中で使うショットなので、ボレー単体の練習では片手落ちというか、分断されていると感じます。

時間が無い今の自分には必要ないかなと思っています。

あ、スマッシュはやっておいても良いかな?と思いますので、機会があればやりたいです。

ボール出しを打つ練習ではなく、ロブ対スマッシュなどの実戦的な打ち合いを少しでも、できればアウトドアのコートでやりたいです。

>>ストローク練習

やりません。

自分のダブルスでは優先順位が低いからです。

自分のサービスゲームは常にダッシュするし、リターンゲームも相手がどう出てこようとダッシュするつもりです。

リターンについては、僕の感覚ではリターンはストロークではなく、どちらかというとボレーに近いので、あらためてストローク練習をする必要性を感じません。

もちろん試合中に1本もストロークを打たない訳では無いと思います。

しかし、限られた時間の中で練習するのであれば、試合に使う頻度の高いショットに時間をかけたいと思います。

>>その他の装備や準備物

前日にガットの張り替え・・・やはり貼りたてのガットは違いますね!

キャップ・・・お気に入りのアディダスのキャップです。つばは短め

サングラス・・・アウトドアのため、お気に入りのオークリーのサングラスで気分もUP!

CWXサポートタイツ・・・あと1歩が出るようになる、オヤジのための高機能サポートタイツ

ピンクイオンタブレット・・・これを飲んでおけば足がつりにくい

スポーツドリンク「トップアスリート」・・・スタミナに不安があるので、最後までベストなパフォーマンスを発揮したい!

ファイテンネックレス、サポーター、ブレスレット、クリーム・・・ファイテンの信者ですが何か?リラックスできますよ!

試合前日は軽い練習にするか、練習はやらずに疲れを残さないことを優先しようと考えています。

増してや、朝からコートを借りてガッツリ練習するようなことは絶対にやりません。

朝からそんなに動くと、疲れて最後までスタミナが持たなくなるからです。

それに当日に練習しても、上達する訳ではありませんからね。

ケガをしたくないので、ウォーミングアップやストレッチは行いますが、テニスの練習は試合前のサーブのみで良いと思っています。

以上、備忘録代わりの僕の試合前の練習内容と考え方でした。

練習時間のトータルは、10日で5時間も取ることができれば良い方だと思っています。

10日で5時間であれば、一般プレーヤーでも何とか時間を捻出することが可能ではないでしょうか?

もちろん十分な練習時間とは思いませんが、社会人ともなればテニスだけに時間を割くこともできませんからね。

しかし満足に練習できないあなたには、今回の記事が参考にしてもらえるのではないか?と思っています。

もうすぐフレンチオープンが始まります。

観戦準備はお済みですか?

フレンチOPをテレビで見るにはWOWOWへの加入がお勧めです。

【WOWOW】今すぐ加入で見放題

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    あつさん、ありがとうございます。
    こっそりと出場するので、結果は・・・???としておきます。
    その気になったら書いてみたいと思います。
    CWXの良さが分かってくれましたか!?
    僕はおじ、おばにはもはや必携アイテムだとさえ思っています。
    楽しみですね(^-^)

  2. ジュリイ ジュリイ より:

    へたれさん、こんばんわ~
    ミックスでおじさん、おばさんペアに負けてしまいましたか~(p_-)
    でも元実業団選手ならかなりのレベルなのでしょうね。
    ダブルスはシングルスとは違う考え方をしないとですね~。
    おすすめのダブルス練習、と言ってもレベルによって色々ありますから、もう少し絞り込んで頂けると記事にしやすいです~。
    またコメントお待ちしています!

  3. あつ より:

    こんにちは(^-^)
    ミックスダブルス頑張ってください。できれば結果も♪なんて(笑)
    その時の心理状況など解説していただけるといいですね。コーチも同じとは言え、やっぱり何か違う?と期待してしまうのは私だけでしょうか。

    ブログにも紹介されてますCWーX。テニ友達からも「あれ、いいよ。」と、怪我後復帰を気遣ってくれて勧めてくれるので、私も購入してみました。まだ実際に使用してませんが、ちょっと楽しみです。

  4. こんばんは、へたれです
    自分は市民大会でミックスにも出場しましたが1回戦でおじさんおばさんのペアに負けてしまいました(笑)
    シングルスプレイヤー同士で平均年齢18のペアでは試合経験が不足していたようです・・・・

    後から聞いた話でどうやらおじさんおばさんは元実業団の選手だったそうです
    まがいなりにもテニスコーチの自分が1回戦負けなんてあまりにもみじめなのでもっとダブルス練習をしたいと思います。

    おすすめのダブルス練習があったら教えていただきたいです。