スマッシュのフットワークのコツ 意外と知らないスマッシュの最初の一歩とは?

どうも!現役コーチのジュリイです!

ダブルスではスマッシュは避けて通ることのできないショットです。

ダブルスで相手を追い込んで、せっかく相手から甘いボール(スマッシュのチャンス)が来たのに、ミスしたり繋ぐだけになって結局相手のポイントになってしまった、なんてもったいないですよね。

チャンスボールを気持ちよく相手コートに叩き込んでポイントを取るのか、それと相手にポイントを与えてしまうのかは大きな違いです。

しかし、実際によく見かけるパターンです。

あなたも経験があるかもしれませんね。

スマッシュに限らずですが、テニスは最初の一歩が大事です。

テニスコートは広いといってもダブルスなら半分をカバーすれば大体はOKですし、後ろは3~4歩動けば十分です。

問題はボールのスピードについていけるかどうかということ。

テニスは高速でボールが行き交うスポーツのため、そのテンポについていかなければいけません。

そのためには最初の一歩が大事だということです。

最初の一歩に素早く反応することができればほとんどのボールには追い付けます。

それでは最初の一歩をどこにどう出すべきかということをこれから書いていきます。

最初の一歩はチョー大事!その出し方は?

その答えはズバリ!

「動きたい方向の逆の足で地面を蹴る」

これが正解です。

例えばあなたが右へ動きたいとします。

右へ動くには、左足で地面を蹴ります。

すると右側へ素早く動けるようになります。

右へ動く時に右足から出すと考えている人は意外と多いですが、速く動きたいのならこれは間違いです。

左へ動きたい場合は右足で地面を蹴りましょう。

勢いよく蹴れば、素早いスタートが切れます。

ぜひ試してみて下さい。

ではスマッシュではどうか?

スマッシュは後ろに動きたいので、前の地面を蹴ることになります。

あなたが右ききなら、左足で地面を蹴って下さい。

するとその勢いで身体も横を向くはずなので、ボールの落下点まで下がりスマッシュをしましょう。

このことを説明すると、最初は、???となる人がいます。

僕が口や文章で説明してもなかなか理解できない人もいると思うので、実際にやってみることをお勧めします。

コートの上にいる時は誰かにやってもらうと一目瞭然で分かります。

【最初の一歩がどう出るか?の実験方法】

①ベースライン上にネットに背を向けて立つ

②号令とともにネットに向かってダッシュする
(最初は後ろ向きで、振り返ってネットに走る)

この時の最初の一歩をよく見ておいて下さい。

実験の前には何も言わず、ただ素早くダッシュすることだけを伝えて下さい。

速く走ろうとすれば、必ず最初の一歩がネットと反対方向に出るはずです。

恐らくあなたも自然とできているはずです。

そしてこの動きはスマッシュと同じ動きなので、この動きを意識しつつ、今までより地面を強く蹴るようにすれば最初の一歩が速くなり、ボールに追いつけるようになります。

スマッシュだけでなく、前後左右全ての方向に対して同じ考え方でOKです。

テニスは最初の一歩が速くなればボールに追い付けるだけでなく、ボディバランスも良くなり、ミスが減ります。

さらに余裕を持って相手を観察することができるようになり、次のボールにも対応しやすくなります。

最初の一歩が速くなることにより、あなたにはとても大きなメリットが生まれますので、ぜひ取り入れて頂きたいと思います。

※こちらはテニス初心者、初級者のための本&DVDです⇒

Amazon内 DVD付 テニスの「基本」がすべてわかる180分 (よくわかるDVD+BOOK)

また更新します。

ありがとうございました。

※追記

僕のスクールでアシスタントコーチに協力してもらい、フットワークの実験を行いました。

6人を2グループに分けて、号令と共にダッシュをしてもらいました。

足の動かし方については何も説明していませんが、見事に全員が同じように足で地面を蹴っています。

最初の一歩がどうなっているか、これを見ればハッキリと分かりますのでご覧下さい。

※音が出ますのでご注意を!

フォローする