テニス初心者が今すぐできる!ラケットの真ん中に当たるようになる簡単な2つの方法

どうも!現役コーチのジュリイです!

ラケットの真ん中に当たればボールが気持ち良く飛んで行きますが、テニスを始めたばかりの初心者のあなたにとっては、ラケットの真ん中に当てること自体が難しいと思います。

そこでラケットの真ん中(スウィートエリア)を外さないコツを書いてみますので、ぜひ明日のテニスで実践して欲しいと思います。

スウィートエリアを外さないために

◆ボールとの距離を測ろう

フォアハンドストロークを打つ時に、ボールに上手くラケットを当てるには、テニスラケットの長さを把握していないといけません。

ボールとの距離感を掴むために左手を使いましょう。

これはプロ選手も必ず行っていることです。

左手を出すことにより、

①ボールとの距離を測れる

②バランスを取る

③身体を捻る(横向き)ことができる

などのメリットがあります。

簡単にマネできることなので、意識してみて下さい。

◆スウィングスピードに気をつけよう

テニスは野球のように遠くに飛ばせば良いというものではありません。

ボールのコースや飛距離をコントロールする必要があります。

フルスウィングは控えましょう。

ラケットを思いっきり振るとコートに入らないだけでなく、スウィートエリアを外すことが多くなると思います。

それに、自分でもボールがどこに飛ぶのか分からないですね。

かといって、スウィングの最初から最後までゆっくり振っていてはボールが飛ばないし、面白くありません。

できることなら上級者のように速いボールを打ちたいですよね。

そこでお勧めなのが、これから紹介するスウィングスピードのコントロール方法です。

この考え方を取り入れると、スウィートエリアにボールが当たることが多くなり、ボールのスピードもそこそこキープできます。

今までスウィートエリアを外すことが多かったあなたはトライしてみて下さい。

ボールを打つ、叩く、というイメージをいったん捨てて下さい。

それよりも、ボールを掴みにいくイメージを持ちましょう。

ボールをヒットするポイント(打点)までラケットを持って行くイメージです。

この時にラケットを加速させないようにします。

優しくボールを掴みにいくような気持ちでラケットを打点まで運びましょう。

ここで大事なのは、腕でラケットを操作するのではなく、ゆっくりで良いので横向きに捻った身体を前向きに戻すような動きでラケットをリードします。

ラケットがボールに当たったら、身体の回転を使ってラケットを最後まで振り切ればOKです。

フォロースルーはボールを追いかけるように長く取りましょう。

ラケットの加速の度合いに数字をつけるなら、ラケットをセットした状態が0で、ここがスタートです。

打点に向かって徐々に1・2・3・4とスピードアップし、6くらいの段階でボールにヒットします。

ラケットは加速するので、その後に 7・8・9と上がっていき、フィニッシュで0に戻るイメージです。

ポイントは打点にスウィングの最高のスピードを出さないようにすることです。

そうすることによって、落ち着いてボールをスウィートエリアで捉えることができ、なお且つボールはそこそこ飛んでくれます。

今までスウィートエリアに当たらないことが多かったあなたや、ボールがどこに飛ぶのか分からない状態のあなたには効果的な方法だと思います。

ぜひ一度トライして下さいね。

また更新します。

ありがとうございました。

※テニス初心者向けのDVD「失敗しようがないテニス上達法」というDVDがあります。

こちらの記事では僕が観た感想と評価を書いていますので、興味があれば読んでみて下さい。

テニス初心、初級者にぴったりのテニス上達法DVDがありました!

フォローする

コメント

  1. 佐藤つかさ より:

    質問にご回答頂きありがとうございました!!問い合わせフォームから送信側してもエラーが出てしまいますので、こちらに。とても楽しんでやっているようなので、うるさく言わず、見守っていきたいと思います(^^)

  2. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、こんばんわ~
    あらら・・
    コートに居る時間が少ないとは、あまりテニスしていないのでしょうか?
    芯に当たらないとストレスですから、もっとテニスしましょ!

  3. てにまま より:

    全く、芯に当たらない状態が続いています。

    MYコーチにも「左手を上手に使って」のアドバイスをもらっていますけれど、、、

    数打ちゃ当たる・・・ようになるかしら?(笑)
    なんせコートに居る時間が少なすぎヾ(´∀`o)+