ダブルフォルトはなぜ起こる?技術面、メンタル面から考えてみました!

サーブで悩んでいる方のなんと多いことでしょう!

今回はサーブ、特にダブルフォルトにフォーカスしてお話をしてみようかと思います。

なぜダブルフォルトがなくならないのか?

また、なぜ大事な場面に限ってダブルフォルトが出るのか?

一生懸命練習してきたのに、なぜか試合ではサーブが入らなくなる、など人それぞれ症状は違います。

原因はひとつだけではないと思いますが、分かりやすく、技術面とメンタル面の2つに分けて解説したいと思います。

まず技術面についてです。

初心者から初級者に多いのが、ファーストサーブとセカンドサーブでグリップを変えて打っている。

または、打ち方を全く変えている場合。

このような方は、2種類のサーブを練習していることになるので、1種類のサーブを練習する人に比べて、上達に倍の時間がかかります。

お勧めは、コンチネンタルグリップで持つナチュラルスピンサーブです。

今回は技術的な解説は省きますが、ファーストサーブ、セカンドサーブ、ともに回転をかけて打つことです。

練習のコツは、まず感覚を覚えること。

コンチネンタルグリップでサーブを打つと、右利きの場合は、最初はボールが左に飛びます。

思っているよりもっとラケットを右に振るようにしましょう。

そしてボールは下に落ちようとします。

落ちる分をある程度計算して、ネットの高いところを通すようにしましょう。

要するに右上に向かってラケットを振る、ということになりますが、最初のうちは変な感じがすると思います。

しかしこの感覚を覚えてしまうことがナチュラルスピンサーブをマスターする第1歩なので、ここであきらめずに頑張って欲しいと思います。

ナチュラルスピンサーブを覚えると、ネットを超えたあたりで、ギュンッとボールが落ちるので、格段に確率が上がります。

初心者、初級者から中級者への、ひとつのターニングポイントであると言えます。

ナチュラルスピンサーブでできること

回転量を減らしてボールのスピードを上げる=ファーストサーブ

回転量を増やして確率を上げる=セカンドサーブ

上の2つは同じスウィングの速さで、同じ打ち方をします。

ボールへのラケットの当て方が違うだけです。

すると、2種類の打ち方のサーブを練習する必要は無くなります。

1種類の打ち方で、当て方を少し変えるだけで回転量と回転の方向を変えられるようになります。

グリップを変えると、最初はとんでもないところに飛んでいきますが、練習を繰り返すことによって必ず上手くなります。

ジュリイは学生時代、自主練習で1日3カゴ(約270球)を毎日サーブしていました。

あなたにも自主練習をお勧めしたいですが、グリップが正しく握れているか?右上方に振れているか?に注意して、1日1カゴ(90球)くらいまでに抑えつつ頑張って欲しいと思います。※やりすぎてケガしないように(;´∀`)

次にメンタル面です。

まず、ダブルフォルトを気にする人と、気にならない人の2種類の人がいます。

この記事に興味を持って読んでくれているあなたは、ダブルフォルトを気にする人でしょうか?

ダブルフォルトを気にする、というのは全くあたりまえの話です。

ポイントに直結しますからね。

苦労して走り回ってポイントを取った後にダブルフォルトをすると、正直かなりへこみます。

ダブルスならパートナーに申し訳ない気持ちにもなります。

しかし必要以上に気にすると、ダブルフォルトを連発してしまうことにもなります。

では、どうすればよいか?

ここで、ひとまず後者のダブルフォルトが気にならない人の、メンタルを説明したいと思います。

最初に言っておきますが、気にならない人が、ダブルフォルトを全くしない訳では無いということです。

気にならない、というだけです。

しかし、実はこれがとても大事なことなのです。

では、なぜ気にならないのか?

自信があるからです。

次は入ると信じているからです。

ダブルフォルトをしても、連発する訳は無い!と思っています。

すると、あら不思議!?

次は入るんですね~(;´∀`)

また仮にこのような人は、ダブルフォルトを連発したとしても、連発なんてめったにあるもんじゃないから、もうこの試合でダブルフォルトはしないはず!と思っています。

すごい自信ですよね。

しかし、スポーツにおいて、自信があるということはすごく大事なことです。

自信がある ⇒ 良いイメージを描く ⇒ 良いプレイができる

こういった好循環を得られます。

イメージが大事なのです。

サーブは特に良いイメージを持つことが大事です。

理由は、相手に影響されないからです。

ストロークやボレーなどは相手からボールが飛んで来るので、イメージ通りのボールが来るとは限りませんが、サーブは自分の打ちやすい所に、自分のタイミングでボールを上げることができます。

イメージ通りにいき易いのです。

ダブルフォルトが気になるあなたはこんなふうに思っていませんか?

ダブルフォルトしたらどうしよう・・・

これは悪循環の始まりです。

悪いイメージを描く ⇒ その通りになる

良くも悪くも、イメージを描くとその通りになりやすいものです。

試合中にダブルフォルトの不安が襲ってきたら、すぐに打ち消してください。

そして、サーブが入ることを強くイメージして下さい。

できれば、そのサーブが入り、ポイントを取った喜びのところまでイメージして下さい。

感情と一緒にイメージすると、より良いですよ。

結論ですが、サーブに自信が無いとネガティブな気持ちになると考えられます。

自信がつくまでしっかりと練習することです。

練習はウソをつかない、とはよく言ったもので、自信の裏には 「あれだけやったのだから大丈夫」 という気持ちがあります。

あなたにも、その自信を身に付けて欲しいと思います。

そして、仮にダブルフォルトをしても、気にしないメンタルを持って下さいね。

おまけ

サーブについては、まだまだ書きたいこともたくさんあるので、また別の機会にサーブについて掘り下げてみたいと思います。

ダブルス、シングルス別のコース打ち分け、トスの上げ方、プロ選手のサーブ配球術、などです。

あなたはどんなことに興味がありますか?

ジュリイなりの視点になりますが、リクエスト頂ければお応えしたいと思います。

※こちらはサーブについて徹底的に書かれた現代テニスのサーブの良書です。

気軽にコメント、感想、質問をお待ちしています。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    ニーソックスさん、はじめまして、こんばんわ~
    先輩とダブルスを組むということは、先輩にニーソックスさんの実力を認めてもらっているのだと思います。
    テニスはほとんどのポイントが誰かのミスで終わるスポーツです。
    プロ選手でもダブルフォルトはしますしね。
    またお時間あればブログの記事読んで下さい。

  2. ニーソックス より:

    すごく気持ちのささえになりましたぼくは一つ年上の先輩とペアを組んでいてダブルフォールトのミスを結構します

    だけどこういうことを教えてもらって自信がでましたありがとうございます

  3. ジュリイ ジュリイ より:

    トスの上げ直しは周りの目が気になるという気持ち、分かりますよ(^^;)
    トスは家でも練習できるので頑張って下さいね!

  4. ひーこ より:

    そうなんですね!!私も、トスが安定しないのが悩みでした!ボールの持ち方♪参考になりました!手首を使わないように注意していても安定せず、トスのあげ直しって~相手に悪い気がして、ずれたら体重移動やスイングでカバーして居ました♪ボールの持ち方と、置きに行く感じですねー。バスケのシュート♪カッコいい先輩の真似をして遊んでたので…分かります♪