女子ダブルスでロブを上手く使うための5つのポイントと、ロブへの対処3つのコツ

どうも!現役コーチのジュリィです!

プロや選手レベルは別ですが、一般レベルの試合に出るようになると、必ず突き当たるカベがあります。

それは『ロブ』のカベです。

自分がロブを打てないと簡単にポイントを取られてしまいます。

また、相手のロブを上手く処理できないと、先にこちらのミスが出てしまいます。

最近は女子テニスといえど、しっかりラケットを振り抜いてスピンをかけるプレイをする人も増えてきましたが、それでもロブの重要性は高いです。

ロブをどう上手く使っていくか?

相手にロブを打たれた時にどう対処するか?

この2つについて考えてみたいと思います。

ロブを上手く使うには?

ロブにはたくさんのメリットがあります。

ロブのメリットと、どのような使い方をすれば効果的なのか、整理してみましょう。

自分から先にミスしないためのロブ

速いボールや、難しいボールに対して、こちらもムキになって速いボールで返そうすると、先に自分のミスが出てしまいます。

そんな時は一旦相手にボールを送りましょう。

それがロブの出来損ないになったとしても、相手に打たせればミスをしてくれるかもしれません。

自滅するよりはマシです。

時間を作るためのロブ

ロブは山なりのボールなので、ボールのスピードは遅いです。

ボールが遅いということは、自分が苦しくなった時に時間を稼げるということに繋がります。

自陣にオープンコートがあるにも関わらず速いボールを打つと、戻ることができません。

ロブで時間を作って、自分たちのポジショニングを整えましょう。

相手のミスを誘発するためのロブ

遅いボールを速く打つのは難しいものです。
スマッシュを打たれることもあるでしょうが、しっかりと下がっておけば、返球できる可能性も十分あります。
また、スライスロブを打つことができれば、滞空時間が長くボールが落ちにくいため、スマッシュを打つのも上手くタイミングを合わせないといけません。

相手のスマッシュミスにも大いに期待できます。

相手から甘いボールを引き出すためのロブ

相手のバック側にロブを上げることができれば、それほどキツイボールは返って来ません。

これにはコントロールが必要ですが、狙い通りにコントロールできれば相手のミスや甘い返球に期待できるでしょう。

上手く上がったな、と思ったら攻撃への準備を忘れずに。

相手からポイントを奪うためのロブ

攻撃的なロブで代表的なのはトップスピンロブですが、女性で上手く打てる人は少ないと思います。

打つことができれば、大きな武器になるでしょう。

忘れてはいけないのが、ボレーでロブを上げる「ロブボレー」です。

ボレーボレーの展開になった時に、上手く相手の頭の上を抜ければそのままエースになることもよくあります。

成功のコツは、相手が頭の上を意識しているかどうかを見極めることです。

ロブに上手く対処するには?

自分が上手く打てるようになることと同じくらい、相手から打たれるロブにどう対応するかが大事です。

せっかく相手を速いボールで追い込んだのに、相手からのロブで攻めが振り出しに戻ってしまった、というパターンをあなたも経験したことがあると思います。

ロブの対応には地道な練習が必要ではありますが、ちょっとしたコツも覚えておきましょう。

いつかロブが来る!と思っておく

自分たちもそうですが、相手も苦しくなったらロブを上げてきます。

特に女子ダブルスは、苦しくなくてもロブを上げてきます。

ロブを上げられて慌てないように、そのための心構えだけはしておきましょう。

ロブカットは当たり前になろう

あなたが前衛なら、なるべく相手のロブをコートに落とさずにプレイしましょう。

そのためにはロブをボレーで返す必要があります。

ロブカットのボレーは、フォアと同じくらいバックも打てるように練習をしておきましょう。

先に書いたように、上手い相手はあなたのバックを狙っています。

ハイバックカモン!

くらいになるまで練習しましょう。

スマッシュのコツ

ロブカットも大事ですが、できればスマッシュでポイントを取れればベストです。

ますはスマッシュを自信がつくまで何度も繰り返し練習することです。

ポイントは足を止めないこと。

落下点まで入るためと、タイミングを取るためにも足を動かすことは大事です。

落下点に入っても足を止めないようにしましょう。

スマッシュは打った後が大事

男性に比べ、女性のボールはスピードでは劣ります。

それは仕方がありません。

あなたのスマッシュは返って来るものだと思っておきましょう。

むしろ、スマッシュの後のプレイに集中するべきです。

女性のスマッシュは威力が無いとは言え、ある程度速いボールを上から打ち下ろします。

返球できたとしても、当てるだけのボールだったり、チャンスボールが返って来ることも多いはずです。

あなたとあなたのペアは、そのボールを見逃してはいけません。

スマッシュだけでポイントを終わらせようと思うと、力んでミスが増えますが、「スマッシュ+その後のプレイ」の合わせ技でポイントを取る気持ちを持つとミスが減り、取りこぼしが少なくなります。

最後に

女子ダブルスはひと言では書けないくらい奥が深いです。

男子ダブルスとは違う戦略と戦術が求められます。

ロブはそのうちの一つです。

ロブを使いこなせば、今よりワンランク上のプレイができるようになります。

ロブを制するは女ダブを制す

誰が言ったのか知りませんが、確かに!と思ったことを覚えています。

また更新します。

ありがとうございました。

おまけ

ダブルスの戦術に絞った動画があります。

必ず決まるスマッシュのコースや、様々なポイントパターンの紹介が解説付きでまとめられています。

「ダブルス必勝プログラム」の内容はこちらのページで公開しています。

気になるあなたはチェックして下さい⇒

杉山貴子さんのダブルス必勝プログラム動画の中身を公開&レビュー

フォローする

コメント

  1. なるほど、明日のミックスダブルスの試合で活用させてみます(笑)