ここを治せば初心者を脱出!?テニス初心者が即上達するたった3つのポイント

どうも!現役コーチのジュリイです!

テニス初心者のあなたには、もっと上手くなりたいという気持ちや、

あの人のように上手く打てるようになったら気持ちいいだろうな、なんて思うのではないでしょうか?

そして、どうすれば早く上達できるのか?ということも考えると思います。

そこで僕から見た、多くのテニス初心者の方が陥りやすいクセというか、僕が初心者の方によく指導するポイントがありますので、

目指せ「脱!初心者」をテーマに書いてみようと思います。

テイクバックは可能な限り早くしましょう

ストロークのタイミングを取るために、1,2,3!というタイミングの取り方がありますね。

一番分かりやすくて、僕も生徒さんに対してよく言います。

1でテイクバック、

2はタメをつくり、

3でボールをヒット!

このタイミングでスウィングすることを指導するのですが、どうしても1のテイクバックを取ることができない人が多いです。

1で、じっとボールを見て、

2でテイクバック、

3でボールをヒット!

みたいな感じですね。

ラケットを引いて、その反動でラケットを振るようなスウィングです。

テニススクールでのコーチからのボール出しでは、初心者に対してあまり速いボールを送らないので、それでも間に合ってしまうのですが、ラリーをしたり、ゲームをすると速いボールが飛んで来ることもあります。

そうなると間に合わなくなり、振り遅れてしまいます。

振り遅れないまでも、遅れを取り戻そうとして、手や腕に必要以上に力が入ります。

そのような状態ではスウィングのスピードを調整することも、ラケットの面の向きを調整することも難しくなります。

ラケットを引いたらすぐに振るので、一度に色んなことをする必要が出てきてしまって、どこかができなくなるのです。

さらに悪いことに、このクセがつくと、

ラケットを引いた時=足が止まる時

になってしまうことです。

本当は追いついて打ち返すことができるボールも、追いつけなくなります。

テイクバックのタイミングを改善すると・・

1でテイクバックを完了すれば、その後にも余裕が出てきます。

1のタイミングは、相手からボールが飛んできて、自分のどちら側に来るかが分かった瞬間です。

ほとんどはネットを越えるころには分かると思いますので、まずはこのタイミングでテイクバックを取るようにしましょう。

遠いボールは、テイクバックを取りながら足を動かします。

そうすると、ボールを待つ余裕が生まれるので、慌てずに落ち着いてラケットを操作できるようになるでしょう。

テイクバックはボディターンのみ

詳しくは過去記事の、テニスのスウィングはテイクバックから!初心者でも今すぐできる、簡単で実戦的なテイクバック3つのコツでも触れていますが、初心者の方に多いのが身体が前を向いたまま、大きくラケットだけを引いてしまうパターンです。

大きくラケットを引くと、振り遅れやすく、ボールのスピードの調整が難しくなります。

テイクバックは身体をターンさせ、軽く肘を張ればそれでOKです。

手首の角度を変えない(手首を返さない)

ボールをヒットする時に手首の角度を変えてしまうと、ボールがどこに飛ぶのか分からなくなります。

これをしてしまう方は、少しでもボールを飛ばそうと思っているのかもしれませんが、手首を返す力は非常に小さい力なので、手首を使ってもそれほどボールは飛んでいきません。

野球やバドミントン経験者の方は、ボールをヒットする時に積極的に手首を返すと思いますが、テニスの場合はラケットの面を安定させるために、手首は返さず、手首の角度を一定に保ちましょう。

トップスピンをかけるためには手首を使うのですが、これは「バイバイ」をするような動きであり、手首の角度を変えている訳ではありません。

いががでしたか?

もしあなたがストロークに悩んでいて上手くいっていないなら、この3つのうちで当てはまるものはないか、考えてみて下さい。

自分ではできているつもりでも、意外とできていなかったりします。

自分の感覚と、人から見られるのは全然違うこともよくありますので、自分のスウィングをスマホなどの動画で撮ってもらうのも良い方法ですよ。

テニス経験の浅い方へ向けた、「失敗しようがないテニス上達法動画」というDVDを買ってみました。
DVDを観たジュリイの感想と評価はこちら⇒テニス初心者、初級者にぴったりのテニス上達法DVDがありました!

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    へたれさん、こんばんわ~(^-^)
    >>あんまりカッコいいフォームではないので撮影してもらうたびにため息です(泣)
    僕もそうですよ!?
    もっと膝が曲がっていると思ってたのに・・・とか、
    意外とラケットヘッドが出ていない・・・とかですね。

  2. ジュリイ ジュリイ より:

    あつさん、テニス復帰おめでとうございます!
    >>レベルを下げたクラスを受講してます。
    新しい発見があって良かったですね。
    時には1歩下がってみるのも良い経験です。
    今まで見えてなかったものが見えてくるものなんですね。

  3. こんばんは、へたれです
    自分としては他人に撮影してもらうのは上手くなるために結構役立ちます(笑)
    特にサーブとフォアハンドは自分のイメージと違う動きをしてる人が多いようなので選手のフォームと見比べてみると良いと思います。
    と偉そうに言っておりますが自分もあんまりカッコいいフォームではないので撮影してもらうたびにため息です(泣)

  4. あつ より:

    こんばんは。ストーロクは本当に難しい。いや、簡単なショットはないんですけど。
    2ー3週間前よりテニス復帰をし、スクールですけど、体力がない、あと厳しいボールを必死に追いかけてしまう性格を考慮しレベルを下げたクラスを受講してます。やはりそのクラスでしっかりとストロークについていろいろアドバイスを受ける機会があり、改めてそのアドバイスを聞くともう、癖化してしまっていて、なかなか直すのも大変だと実感しております。
    でも、そのアドバイスを受けたお陰で、自分の中でいまいち満足できなかったものが解決できそうな気もしてます。