テニスでの肉離れです。おすすめのストレッチやトレーニングはありますか? ~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

いつもコメントをくれる読者の”あつ”さんから質問を頂いたので回答したいと思います。

質問者:あつさん

質問内容はこちら

こんにちは(^-^)
毎日、天気、気温が目まぐるしく変わりながら、段々、春が近づいているんだなぁ。と、周囲から‘テニス好き、いやテニス狂’と思われていた節があったのに、怪我(肉離れ)をしてからあまり焦った様でもなく「案外、アスリートじゃないんだね。」と(はい。私はもともとアスリートではなく一般テニス愛好家です。)驚かれてますが、さてそろそろ足を鍛えていこうかと思ってます。今はストレッチでレッグカールアキレス腱伸ばし、ウォーキングをしており、まだ走ってません。これからジョギングもしていこうと思ってますが、その他おすすめストレッチ、トレーニングありますか?

やはり癖にはしたくないので、しっかり必要な筋肉は養いたいです。今回の怪我は「なるべくしてなった事」(以前、ブログにありましたね。)と反省してます。

テニスは激しいスポーツですから、本気でやっていればいつかはケガをします。

肉離れもテニスでよく起こるケガのひとつです。

あつさんはケガ(肉離れ)から徐々に復帰し、ウォーキングができるまでに回復しているようで、テニスができるようになる日も近いと思われます。

が、ここで無理をしてしまうとまたケガをしてしまいますので、この際きちんと治して、ケガをしにくい身体を手に入れて頂きたいと思います。

それは、あつさん本人も十分自覚しているようですしね。

さて、お勧めのストレッチやトレーニングがあるか?ということですので、少しご紹介してみようと思います。

リハビリトレーニングについて

じっとしている状態で痛みがないなら、リハビリトレーニングを開始しても大丈夫です。

レッグカールをしているということは、痛めた部位はふくらはぎでしょうか?

現在はテニスはしていないとのことなので、下半身の筋力が衰えていると思われます。

衰えた筋力を少しでも元に戻すためのトレーニングがリハビリトレーニングと言われるものです。

リハビリに激しい負荷のトレーニングは必要ありません。

複雑な動きもいらないので、ウォーキングからジョギング、そしてランニングへと徐々に慣らしていきましょう。

テニスのように瞬発的な動きや、切り返しの動きはキケンですが、連続した同じ動きなら、肉離れの再発の心配はそれほどありません。

温熱療法について

自宅でできる簡単な方法は、温熱治療により血液の流れを促進することです。

お風呂や、温めたタオルなどでとにかく患部を温めます。

血液の流れを促進し、自然治癒を促すことが目的ですね。

ストレッチについて

ストレッチについては動画の方が分かりやすいと思います。

参考になるサイトがありましたので、こちらからどうぞ⇒ コニカミノルタ 下半身のストレッチング動画

グルタミンで回復促進

他には、グルタミンを摂取することでしょうか。

スポーツ選手がグルタミンを摂取することは、もはや常識です。

グルタミンには筋肉の回復効果があります。

疲労した筋肉や、キズついた筋肉の回復にはグルタミン成分が使われます。

グルタミン成分は普段の食事から摂取できますが、スポーツにより使った筋肉の疲労を回復させたり、ケガの回復を図るには、通常の食事だけでは不足です。

その不足したグルタミンを補うために、サプリメントを飲むことにより、回復を促進させることができます。

Amazonを見てみる⇒グルタミン

ケガからの回復には忍耐が必要です。

テニスができるようになるまでには、もう少し時間がかかるかもしれませんが、根気よくリハビリをして下さいね。

回答は以上です。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    あつさん、こんばんわ。
    焦らず、諦めず、根気よく・・・< (_ _)>
    頑張って下さいね。
    テニスに復帰できた時の報告を待っています。

  2. あつ より:

    こんにちは(^^)
    早々の回答ありがとうございます。‘安静第一’と、通勤以外の移動は車、週末はイメトレと言ってテレビを見て家にとじ込もっていたら、受傷3週間後病院で「ダメだよ、動かさなきゃ!」と先生に怒られ、そこから慌てていろいろ始めました。さじ加減も難しいですね。
    ストレッチ画像を参考に無理せず、甘やかし過ぎないようやっていきます。(笑)