テニスが上手いのに試合で勝てない人はコレを読んでおけ!

どうも!現役コーチのジュリイです!

「テニスが上手い人と、テニスの試合で強い人は違う」

とよく言われますが、僕もそれは確かにあると思います。

同じくらいの実力があるのに、なかなか試合に勝てない人、またはペアがいますよね。

では一体その差とは何なのでしょうか?

テニスが上手いのに試合で勝てないのは何故なのでしょうか?

また、試合で勝てる人との間にはどのような差があるのでしょうか?

今回はここに踏み込んでみようと思います。

状況を無視し、自分のプレイを押し通す人

試合ではポイントを取ったり取られたりしますが、あなたはポイントを自分の力で取るものだと考えていますか?

それとも、相手から貰うものだと考えていますか?

別の言い方をすると、エースやエース級のボールを打ってポイントを取ろうとしているか、それとも相手がミスをしてくれるのを待つタイプか、という言い方もできます。

あなたはどちらかと言えば攻撃タイプですか?

それとも守備タイプでしょうか?

極端にどちらかに偏ってしまうのは良くありませんが、どちらかのタイプに分かれるのではないかと思います。

どちらかの傾向が強いとしても、状況に応じて攻撃と守備を使い分けていくのがベストです。

そして、試合でなかなか勝てない人は、状況に関係なく攻撃に偏っている人が多いと思います。

チャンスの時に攻めるのは良いのですが、攻撃的なボールを打てない状況なのに、無理をして速いボールやコーナーを狙ったりして、結果的にミスが出てしまいます。

こういった傾向のある人は、自分のプレイを優先しているのだと思います。

自分のやりたいプレイ、理想のプレイを優先して、全て自分の思い通りにポイントを完了させようと思っているのかも知れません。

試合では相手がいて、相手もポイントを取られまいと必死になっています。

そうそう思い通りにはいかないということを理解し、状況判断ができるようになれば勝率が上がっていくはずです。

セオリーを理解していない人

囲碁や将棋のように、テニスにも定石(セオリー)があります。

シングルスの簡単なセオリーを例に取ると、

「つなぐ時はクロスへ、攻撃はストレートへ」などでしょうか。

また、ダブルスでは

「センターセオリー」と言われるものがあります。

センター(2人の間)にボールを送り、またセンターを守ることが大事、という考え方です。

他にも、ポジショニングのセオリーや、決まりやすいコースなども試合に出るなら知っておく方が有利なことってたくさんあるのです。

これらを無視し、自分のその時の気分や感覚で、打つコースやボールを決めていたのでは、効率良くポイントを取ることはできませんよね。

試合の最初から最後まで、全てセオリー通りなのもどうかと思いますが、全く無視したり、または無知のままだと、せっかくの実力も発揮できないまま試合が終わることになるでしょう。

テニスが上手いのに、試合で勝てない人は意外と多いです。

また逆に、テニスはそんなに上手く見えないのに、試合では勝ってしまう人もいます。

もしあなたがなかなか試合に勝てないと思うなら、上のどちらかに当てはまっていないか、自分を見直してみて下さい。

ダブルスのセオリーや、ポイントパターン。セオリーの裏を突く方法や、必ず決まるコースなど、ダブルスで勝つための方法が満載の動画があります。

詳しく知りたいあなたはブログ内のこちらのページをご覧下さい。

⇒⇒ダブルス必勝プログラムの中身を公開

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    へたれこーちさん、こんばんわ~( ^^) _旦~~
    自滅型って・・・(^^;
    テニスにはいろんなプレイスタイルがありますからね。
    まずは自分のプレイの特徴を掴むことが大事ですね

  2. こんばんはジュリイさん、へたれです。
    私は見事に「状況を無視し、自分のプレイを押し通す人」でさらに自分のプレーで相手から得点を取ろうとする自滅型プレイヤーでした(笑)