今すぐできる!サーブの確率とスピードをアップさせる簡単な方法

どうも!現役コーチのジュリイです!

サーブは動きが複雑なので、難しいという声をよく聞きますが、 あなたはサーブが得意ですか?

それとも苦手でしょうか?

もしサーブが苦手なら、これからお話することを実践すれば劇的にサーブの確率が上がり、さらにスピードがアップするかもしれません。

得意だというあなたも、あらためてここに目を向けてみれば、さらに確率とスピードがアップするかもしれませんので、ぜひ最後まで読んで下さい。

最初に書いたように、サーブには気をつけるべきポイントがたくさんあります。

しかし意外と見過ごされているのが下半身の動きです。

サーブに限らず、テニスのショットにおいて、下半身のパワーを上手に生かすことができれば、伸びのあるボールが打てるようになります。

プロ選手はよく地面から浮いた状態でボールを打っています。

これはどういうことなのでしょう?

特にサーブは、地面に足がついている状態でボールを打っている選手は1人もいません。

プロ選手には、ただの一人もいないのです。

でも一般プレーヤーにはよく見られますよね。

プロ選手と同じにはできなくても、プロ選手の半分、いや、3割くらいでも真似をすれば、かなりの効果が見込めると僕は思います。

それでは、サーブはジャンプして打てば良いのか、ということになりそうですが、その考え方は半分正解で、半分不正解です。

この違いを、バレーボールを例に出して書いてみます。

テニスのサーブのボールを打つタイミングは、バレーボールのアタックのようなタイミングとは少し違います。

バレーボールのアタックは、ジャンプした一番高いところで打つと思いますが、テニスのサーブのボールを打つタイミングは、ジャンプの頂点より前になります。

テニスのサーブは、身体が伸びきる直前にボールを捉えるのが一番良いタイミングとなります。

テニスのサーブでは、ジャンプすることを念頭に置くよりも、下半身を使って下から上へ伸び上がることを考えることが重要です。

下から上へと膝を使って伸び上がる動きをすれば、自然に足が地面から離れ、身体が宙に浮きます。

ジャンプして打つことが半分だけ正解というのは、このことです。

ジャンプすることが大事なことではなく、屈伸運動の結果としてジャンプしている、ということです。

それではこれを一般プレーヤー向けに置き換えてみましょう。

あなたが明日コートに立ってサーブを打つ時には、

「背伸び」をしながら打ってみて下さい。

バランスが崩れない程度に膝を使って背伸びをし、つま先立ちになりながらサーブを打つような感じです。

ボールを打つタイミングは、背伸びで身体が伸びきる直前です。

今まで完全に地面に足をつけていたならば、今までよりも高い打点でボールを打てることになります。

高い打点で打った方が、ボールがネットを越えやすくなり、サーブの確率も上がるはずです。

また、今まで使えていなかった下半身の動きを使うことにより、ボールのスピードも上がるはずです。

そんなに難しくはありませんので、ぜひトライしてみて下さい。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    へたれこーちさん、こんばんわ~
    リトルビッグサーバー!!いいですね~(^_^)/
    片手バックハンドの選手はサーブが速い気がするとのことですが、多少はあるかもしれませんね~。
    上級レベル以上になると、その傾向はなくなると思いますけどね。
    かたてで常にラケットを扱うからというのは、確かにその通りですね。
    フェデラー選手は右手と左手の太さが明らかに違いますもんね。

  2. こんにちは。へたれです
    自分はテニスを始めて2年目までは苦手ショットでしたが毎日何百球と部活で練習していたらいつの間にか自分の武器と呼べるほどの得意ショットになっていました。
    自分は身長が低いので他の人より膝を良く曲げてできるだけ高くて前の方に打点を取るようにしています。
    スピードガンでの記録は176km/hと背の割に速くリトルビックサーバーとか呼ばれてしまっています(笑)
    最近、一つ疑問に思ったのですが一般人では片手バックハンドのプレイヤーの方がサーブが速い気がします。
    常時片手でラケットを扱う分腕の筋肉が強いからかな?っと思ったのですが何か知っていたら教えてください!よろしくお願いします!