片手バックの初心者でも今すぐできるバックハンドスライスのコツってありますか? ~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

今回はバックハンドスライスについての質問が来たのでお答えしようと思います。

質問者:もう中さん(小6女子)

質問内容はこちら

片手バッグの初心者でも今すぐできるバッグハンドスライスのコツってありますか?(もう中)

もう中さんからは、以前にフォアハンドスライスについての質問を頂き、回答したことがあります。

その記事はこちら⇒フォアハンドスライスが上手になりたいです~質問と回答~

その後のコメントでは、フォアハンドスライスが打てるようになったと喜んでいる様子で、僕も嬉しいです。

そして今はバックハンドスライスに取り組んでいるとのことで、もう中さんはいつも向上心があって素晴らしいですね!

さて、バックハンドスライスのコツについてですが、今トライしているのは片手でのバックハンドスライスだと思います。

今まで、もう中さんは両手打ちでバックハンドストロークをしていたのですよね?

だとすると、片手に慣れるにはある程度の時間がかかると思います。

なぜなら、両手打ちバックハンドの手の感覚は左手の感覚の方が強く、右手で引っ張るような感覚で打つ人は少ないです。

そのために、右手だけでスウィングする感覚の片手打ちバックハンドスライスは、今まで練習してきた左手の感覚とは違い、最初からスタートと言ってもよいくらいだからです。

ではどうすれば良いのか?

ここからが僕の回答です。

両手からいきなり片手へ移行するのは、かなり違和感があり、先にも書いたように時間がかかるものです。

それなら最初は両手でバックハンドスライスを打ってみましょう。

握り方はバックボレーと同じでOKです。

ラケットを上に向けたままボールに逆回転がかかるようにラケットを振り出します。

ただし、スウィングの途中で後ろの手を離します。

ボールをヒットするまでは両手で打ち、フォロースルーは片手で行うというスウィングです。

こうすれば、慣れない片手一本の感覚にはならず、しかも途中から後ろの手の離すことにより、フォロースルーも長くとることができます。

スライスはフォロースルーが短いと伸びのあるボールにならないのですが、この打ち方ならそのデメリットもありません。

気をつけるべき点がひとつだけあります。

完全な片手バックハンドスライスは、、左手で身体の開きを抑えるために、両手を開くようにスウィングします。

しかしこの打ち方は左手も身体と一緒に回転するために、身体が前を向きやすくなります。

そのため回転がかかりすぎてボールが浮きやすくなるので、なるべく身体を横向きに保つように心がけましょう。

片手バックだからと言って、左手を全く使わない訳ではありません。

むしろ上手な人ほど、左手の使い方が上手いのです。

いきなり片手1本でやろうと思わないで、最初は左手に助けてもらいましょう。

回答はいかがでしたか?

YouTubeに途中で手を離すバージョンのバックハンドスライスがありました。

僕は鈴木貴男プロのバックハンドスライスを見たことがあるのですが、やっぱり凄かったです。

鈴木プロにより、スライスの打ち方、使い方を解説された本はこちら⇒

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. もう中 より:

    わかりやすくてありがとうございました。動画をみたら、ダブルハンドのスライスより、大きくなったときに片手でバッグハンドスライスがうてるようになりたいって思いました。片手バッグに慣れるとこからやってみます。(もう中)

  2. ジュリイ ジュリイ より:

    もう中さん、お母さん、こんばんわ。
    プロ選手のプレイを直に見れる機会があるのは幸運ですね。
    フェンスの外ではなく、同じコートの上でプレイを見られるといいですね。

  3. もう中 より:

    ありがとうございました。プリントして子供に渡します。大会のあとに鈴木貴男プロたちが参加するテニスクリニックにけっこーミーハーなんで、子どもと一緒に整理券を朝からならぶのにつきあって子供は2、3度参加したことが、あるんですがすごいみたいですね。ちょっと質問が安易な方にはしってるなーって思ってたんですが毎回本当に申し訳ないです。(もう中の親)