テニスのスウィングはテイクバックから!初心者でも今すぐできる、簡単で実戦的なテイクバック3つのコツ

どうも!現役コーチのジュリイです!

ストロークのスウィングはテイクバックから始まります。

テイクバックをスムーズに、しかもカッコ良くできるようになれば、良いスウィングにつながると僕は考えています。

そのテイクバックを、初心者のあなたでも今すぐ簡単にできて、しかも実際に役立つようなコツをお伝えします。

と、その前に・・・。

まずは正しい構えを覚えましょう。

力を抜いて、身体の前でラケットを持ち、利き手と反対の手は軽くラケットに添えます。

膝は軽く曲げ、背筋は真っ直ぐに。

本来はここでスプリットステップを踏むのですが、今回はここには触れません。

正しい構えができれば、次にテイクバックを開始します。

※フォアハンドストロークを前提にお話しします

テイクバックのコツ①

身体をターンさせます。

この時に気をつけるのは、腰を横に向けるように身体をターンさせることです。

踏み込み足(右利きの場合は左足)は、まだ動かさなくて構いません。

テイクバックのタイミングは、相手のボールがネットを越えるまでが理想です。

テイクバックのコツ②

両手を軽く開きます。

ここで大きくラケットを引かないように注意しましょう。

両手を開く幅は、肩幅くらい。

この時に、両手の手の平を、やや外側に開くようにします。

テイクバックのコツ③

ラケットを持つ側の肘は軽く曲げたままで、軽く外側へ肘を張るようにします。

ラケットの先端から引くのはNGです。

まとめると、

正しい構えを取ることが前提の上で、

①身体のターンは腰から
②両手は肩幅くらいに開き、両手の平はやや外向き
③利き手の肘は軽く張った状態に

いかがですか?

正しいスウィングは、正しい構えとテイクバックから生まれます。

実際にボールを打つ時に色々と意識するのは難しいかもしれませんが、ボールを打つ前の段階のテイクバックであれば、少しはカタチを気にしながら実践できるのではないでしょうか?

しかもテイクバックだけならテニスコートの外でも、あなたが自宅にいても、電車のホームにいても、トイレの鏡の前でもできます。

テイクバックはカタチが大事です。

シンプルでカッコ良いテイクバックを覚えて、理想のスウィングを手に入れて下さいね。

※テニス経験の浅い方へ向けた、「失敗しようがないテニス上達法動画」というDVDを買ってみました。
DVDの観たジュリイの感想と評価はこちら⇒テニス初心者、初級者にぴったりのテニス上達法DVDがありました!

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    もう中さん、こんばんわ(^_^)/
    バックハンドスライスですね?
    では僕なりのお返事を記事にてさせて頂きます。

  2. もう中 より:

     片手バッグの初心者でも今すぐできるバッグハンドスライスのコツってありますか(もう中)
     すいません、こんどは片手バッグハンドスライスで、このプログをみての子供からの質問です。
     (もう中の親)フォアのスライスは久しぶりに月例試合にいって、負けて真っ赤かな顔をしながら打ちまくられる子にラリーの途中で強いボールを何度かスライスで遠くにとばせれるようになった-言ってて、フォアのスライスはいいみたいです。次は片手バッグのスライスもやってたらしく、バッグはすべてネットで全滅ーって言ってて・・・。(フォアのスライスのときに、片手バッグのスライス、お皿をなぞるー・・・その他いろいろ動画をみていたから、マネてやってたみたいですが、マネしてもゆっくりしたボールはうてても、遠くにとばせる気はしないし、強いボールも返せる気がしないしー結局バッグは両手だから、片手の感覚がわからないわって感じで、テニスボールでするとケガしそうだから、風船とスポンジボールとベビーラケットを使って、片手バッグに慣れるーってうしろ向きになって家の壁にバンバンうってるんですけど・・・。とりあえず、スポンジボールとベビーラケットで片手バッグでラケットをふって遠くに飛ばせるようにはなりました。)・・・でこのプログをみて質問です。