全豪オープン2015 ワウリンカの強烈な片手バックと、勝利の陰にあった錦織対策とは?

どうも!現役コーチのジュリイです!

全豪オープン2015 錦織選手、準々決勝で敗退でした。

対戦相手のワウリンカは非常に良いプレーでしたね。

特に片手バックハンドが強烈で、強く印象に残るショットでした。

片手バックハンドは、高い打点になると力が入りにくく、片手バックの弱点だと言われてきました。

実際にナダルがフェデラーと対戦する時には、ナダルはフェデラーにバックの高い打点で打たせることを戦術の中心に据えていました。

徹底的にフェデラーのバックを狙い、ナダルは見事にフェデラーを攻略しました。

しかしワウリンカにそれが通用するでしょうか?

ワウリンカにはそれが当てはまらないように思います。

ワウリンカの片手バックハンドはフェデラーの片手バックより力強く、高い打点を苦にしていないように見えます。

クロスへのボールは深くて威力があり、状況を一発で変えてしまう力があります。

そして何よりもダウン・ザ・ラインへの精度が高く、時には逆クロスへも打ち分けます。

錦織選手はワウリンカのバックハンドに苦しめられているように僕には見えました。

ワウリンカにはプレイに穴がなく、サーブはスピード、確率ともに高かったです。

対して錦織選手は1stサーブの確率が悪く、自分のペースで試合を進めることができませんでした。

常に後手に回ってしまい、得意のストローク戦で相手を振り回す展開が少なかったですね。

そしてこれは推測ですが、ワウリンカは錦織選手のプレイを相当研究してきたのではないかと思います。

錦織選手の攻撃パターンを読んでいたように見えるラリーも見られました。

しかし、それはプロとして当然のことであるとも言えます。

錦織選手は昨年の全米オープン準優勝という結果を残し、世界ランキング5位まで登り詰めました。

昨年はトップ選手からのマークもそこまで厳しいものではなかったですが、ランキング5位の選手ともなればトップの選手からは、警戒するべき選手となり、厳しくマークされます。

得意ショットやウィングショット、振られた時はどんな切り返し方をするか、苦手な展開はどんな展開か、全てのプレイの特徴を研究されるようになります。

ワウリンカ陣営は、そうした錦織対策を入念に行い、万全の準備をして、この全豪オープンの準々決勝に臨んできたのではないかと僕は思っています。

そしてワウリンカはそれを実行に移す実力がありました。

そして勝利に対する強いメンタルも持っていました。

昨年の全米オープンでの雪辱を晴らす!

そういう気持ちで錦織選手との対戦を迎えたことはほぼ間違いの無いことだと思います。

ワウリンカのプレイには隙がなく、錦織選手の完敗という外はありませんでしたね。

錦織選手の全豪オープンは終わりましたが、立派にシードを守り、ベスト8まで勝ち残りました。

シーズン最初のグランドスラムとしては、実力通りの順当な結果だったと言えると思います。

しかし、先ほども書いたように、他の全ての選手が錦織選手を研究してくることは間違いありません。

しかも、ほとんどの選手は、錦織選手に対してチャレンジャーとして果敢に挑んでくることになります。

それを跳ね除け、上位の選手に対してどう戦うか。

また自分を研究された上でプレイしてくる相手に対し、さらにそれを上回り、勝ち続けるか。

錦織選手にとっては真価を問われるシーズンとなりそうです。

ガンバレ錦織圭!

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    あつさん、こんにちは~
    ワウリンカの片手バックハンドは僕的には世界一ですね。
    一般プレーヤーも含めて、今テニスをしている人のうち、片手バックは何割くらいなのでしょうかね~?
    ジョコビッチはショットの不調があっても、フットワークが乱れず、非常にバランスが良いので、簡単に崩れなかったですね。
    それでもワウリンカのバックハンドはエースを取っていましたが。
    日曜日は仕事なので、僕はリアルタイムで決勝戦を見れませんが、楽しんで下さいね。

  2. あつ より:

    こんばんは(*^-^*) ワウリンカのバックハンドはかっこいいですよね!フェデラーよりもすごい
    と思います。ジョコビッチに負けてしまいましたが、やはりバックハンドは光ってました。
    片手バックが武器ってすごいです。偶然なんでしょうけど、スイスの選手は片手バックハンドが
    ポピュラーなのか、器用な選手ってイメージもあります。フェデラーはもちろん、女子プレー
    ヤーのヒンギスもメンタルで??な人でしたが彼女のプレーも多彩で魅力的でした。
    全豪の話に戻りますが、ジョコビッチもさすがですね。最終セットは6ー0とこれには驚きでした。
    ライブに出てエアギターなんて余裕でやっていて今大会大丈夫?なんて思いましたが自分でも、
    言う通りきちんとあわせてきたんだなーと流石、1位の選手ですね。