とんねるず、貴さんのテニスに感心しました。ボレーはラケットを短く持つ方が良いの?~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

質問を頂いたので、回答したいと思います。

質問者:やーさん

質問内容はこちら

あけましておめでとうございます

早速ですが、元旦のたかさんと錦織のテレビを見ていたら

たかさんのボレーの鋭さに関心していました(厚いグリップでバックハンドは苦労しているようでしたが)

よく見ると、かなりグリップを短く持っているようです

グリップを短く持つと安定するのでしょうか

錦織選手もフォアストロークで短く持っているように見えました

お暇なときにご意見いただければ助かります

テニス歴18年でボレーが苦手です。またストロークも日替わり定食の様で安定しません

よろしくお願いいたします

やーさん

やーさん、あけましておめでとうございます!

お正月恒例の人気テレビ番組「スポーツ王は俺だ」を見られてんですね(笑)

実は僕も観ていました。

面白かったですよね~。

錦織選手の活躍のおかげで、年々番組も盛り上がってきてますね。

しかも今回はあのアガシまで!

会場のファンが羨ましいです。

質問内容ですが、

>> たかさんのボレーの鋭さに関心していました(厚いグリップでバックハンドは苦労しているようでしたが)
よく見ると、かなりグリップを短く持っているようです。
グリップを短く持つと安定するのでしょうか?

確かにグリップを短く持つと、安定しやすくなりますね。

操作性が上がるので、コントロールもしやすくなりそうですね。

リーチが短くなるのは仕方の無いところですが、ボレーでついラケットを振ってしまう方にとってはメリットの方が大きいかも知れません。

ボレーはラケットを振らずに、ラケットのフェイスを合わせるだけで良いので、その感覚を身につけるためには短く握るのもひとつの方法ですよ。

>>錦織選手もフォアストロークで短く持っているように見えました
ストロークで短く持つか、長く持つかはかなり個人差が出る部分だと思います。

プロ選手では、長く持つ選手の方が多いと思います。

ストロークやサーブでは、長く持った方がラケットの遠心力を使えることと、手首も柔らかく使えるためだと考えられます。

ストロークやサーブは、ラケットヘッドを加速させることが求められるためです。

強く握る必要は無く、むしろ

ゆるゆる、ふにゃふにゃ、でもOKです。
対してボレーはと言うと、遠心力は必要ありません。

逆に必要となってくるのは、面安定性です。

それには握力が必要になります。

しっかりとラケット面を安定させるには、しっかりとグリップを握る必要があります。

ふにゃふにゃではいけません。

そして、しっかり握るためには小指をグリップにかける必要があります。

と、いうことはグリップエンドより、少し上の部分。

グリップエンドより細くなった部分に小指が来るようにした方が強く握れるはずです。

手元にラケットがあるなら、試してみて下さい。

どうですか?

しっくり来るグリップは見つかりましたか?

回答は以上です。

>>テニス歴18年でボレーが苦手です。またストロークも日替わり定食の様で安定しません

困りましたね~(;^ω^)
でも、簡単にできてしまうと僕たちのお仕事がなくなってしまいますから(笑)、長い目で見ていきましょう!
テニスは幾つになっても上達します!

また質問などあれば、メールやコメントをお待ちしています。

また更新します。
ありがとうございました。

おまけ
TENNIS GEARでも記事を更新しています。

最新記事「テニスラケット、ピュアドライブ2015は色を塗り変えているだけだった?

お時間あれば覗いてみて下さい。

フォローする