フォアハンドを両手打ちにしたいです  ~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

質問を頂いたので、回答をしたいと思います。

質問者:ミナさん

質問内容はこちら

いつもためになりわかりやすいアドバイス、ありがとうございます。勉強になります。

右肘を痛めたため、バックハンドだけでなく、フォアハンドも両手打ちにすることにしました。私は右利きで、バックハンドと同じくフォアハンドも左手を上にして打ちたい(グリップ上下は変えない)と思っています。

特徴、メリット、練習方法、気をつけること、などあれば教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします!

ミナさんはフォアハンドを左手を上にした両手打ちにしたいとのこと。

これを逆手フォアハンドと呼びます。

女子のプロ選手にも、逆手フォアハンドの選手はいます。

モニカ・セレス選手(左利き)は強かったですね。

逆手フォアハンドのメリットはいくつかあります。

❶グリップチェンジの必要が無いこと

❷両手にすることによるパワーUP

❸身体の回転が使いやすい(手打ちにならない)

❹右腕の負担が減る

逆にデメリットはと言うと

❶リーチが短くなる

❷スライスが打てない

こんなところでしょうか?

両手で持つと、大きなテイクバックが取れなくなります。

それをメリットと思うかどうかは本人次第だと思います。

特別な練習方法は今のところ思いつきませんが、注意点としては、打球後に左腕をうまく畳むようにすること。

長くフォロースルーを取れないので、左腕を畳んで身体に巻きつけるようなフォロースルーを心がけて下さい。

ミナさんご自信が思っているように、両手で握ることにより右腕への負担は減ると思います。

スウィングは身体の回転を中心としたスウィングにならざるを得ませんが、手打ちになるよりもはるかに良いですよね。

ミナさんが今までフラット系のボールしか打てなかったとすると、両手に変えることによって、スピン系のボールを打てるようにもなれます。

ボールの届く範囲は短くなりますが、両手で持つことによるメリットもたくさんあるので、ぜひトライしてみて下さい。

回答は以上です。

質問から少し時間をいただきましたが、その理由は、僕自身が逆手フォアハンドをしたことがないのと、僕のスクールのベテランコーチ、Nコーチに意見を聞いてみようと思ったからです。

今回の回答の半分は、Nコーチからのアドバイスです。

いかがでしたでしょうか?

コメント、メールからのご質問などをお待ちしています。

ランキングボタンをクリックしてくれると嬉しいです。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    ミナさん、こんばんわ~
    頑張って下さいね。

  2. ミナ より:

    ご回答いただき、ありがとうございました!他の方にも聞いてくださったとのこと、深く感謝申し上げます。とっても勉強になりました。
    教えていただいたことを踏まえて、練習に励みますね!

    取り急ぎ、お礼まで。