我流のサーブですがこれで良いのでしょうか?~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

それでは前回に引き続き、質問への回答をしたいと思います。

質問者:HIDEさん

質問内容はこちら

(3)我流のサーブについて

サーブがなかなかうまく打てずに長く当てるだけのサーブになっていました。

ここ数年、我流でやっていたサーブで、振り切って速いサーブが打てるようになりました。

とはいえ、初中級レベルのサーブですが。

握りですが、グリップエンドに薬指をひっかける形にして、小指を遊ばせておき、掌の中でグリップエンドが動くように握っています。

スイングは、トロフィーポーズから、グリップエンドを支点にヘッドを持ちあげてスイングするのですが、意識としては、グリップエンドを引き下げる意識で打っています。

あとは、ラケットの重みを使って勢いで打っています。

自分としては、うまく打てた時の打球感が良いのと、スピードも、とりあえず満足できるレベルになっているので、気に入ってはいるのですが、小手先だけで打っている気もして、

あまり、こればかりやっているのも良くないのかなと思っていますが、いかがでしょうか?

ちょっと、わかりにくいかもしれませんが。

コーチからは、もっと肘を上げて高い打点で打てと言われます。

万歳をするような形でトロフィーポーズを作っているので、一般的なトロフィーポーズよりは高い位置に構えていますが、ほぼその位置のまま、スイングしているので、

サーブの打点としては低いのだろうなと思っています。

うまく打てたときは満足なのですが、まだまだ確率が日によってバラバラなので、

迷っています。

とりあえず、この我流サーブの確率を上げるようにしても良いのか、

もっとしっかりと体を使ったほうが良いのか。

今、グリップエンドが支点になっているのが、肘を支点にしたほうがよいのでしょうか?

ここまで

文章が長いので、少しづつ分けて回答したいと思います。

>>握りですが、グリップエンドに薬指をひっかける形にして、小指を遊ばせておき、掌の中でグリップエンドが動くように握っています。

コンチネンタルグリップで握っていることを前提としますが、これで良いと思いますよ。

ガチガチに握るのは良くないですからね。

>>スイングは、トロフィーポーズから、グリップエンドを支点にヘッドを持ちあげてスイングするのですが、意識としては、グリップエンドを引き下げる意識で打っています。

スミマセン、この表現が分からないので、コメントがしづらいです(;^ω^)

ラケットヘッドがトロフィーポーズの時に空を向き、その後肘が上がると同時にヘッドダウンできているならOKです。

その後、身体の回転と共に、グリップを引っ張るイメージでラケットがスウィングできていれば問題ありませんよ。

問題ないというか、すごく良いと思います。

>>万歳をするような形でトロフィーポーズを作っているので、一般的なトロフィーポーズよりは高い位置に構えていますが・・・

バンザイは良いとして、トロフィーポーズの時に、必要以上に肘の高さを上げないようにした方が良いですね。

肩と同じ高さくらいがベストです。

>>ほぼその位置のまま、スイングしているので、サーブの打点としては低いのだろうなと思っています。

打点が低いと指摘されているのであれば、そうなのだと思いますが、上半身に着目するよりも、下半身に着目してみてはと思いますがどうでしょうか?

膝の曲げ伸ばしは使えているか?

今一度チェックしてみて下さいね。

>>もっとしっかりと体を使ったほうが良いのか。今、グリップエンドが支点になっているのが、肘を支点にしたほうがよいのでしょうか?

先ほども書いたように、下半身の力を使えていないのであれば、スピード、確率、共にアップする可能性はあると言えますね。

また、身体のひねり戻しの力を使うことも取り入れてみては、と思います。

グリップエンドか、肘を支点にするか、は気にしなくて良いと思います。

テイクバック時に、しっかりとヘッドダウンできていれば問題ないはずですよ。

>>自分としては、うまく打てた時の打球感が良いのと、スピードも、とりあえず満足できるレベルになっているので、気に入ってはいるのですが

ご自分で満足できるレベルなのであれば、わざわざフォームを崩すようなことはしなくて良いと思いますよ。

一日の中で

「よっしゃ!」

と思えるボールを打てたら、それが何よりです。

回答は以上ですが、いかがでしたでしょうか?

サーブは動きが複雑なので、文章にするとさらに難しいですね。

HIDEさんも書くのに苦労されたのではないでしょうか?

またご質問などあればお待ちしています。

こちらはサーブについてのお勧め本です。

テニス丸ごと一冊サービス―テニスなるほどレッスン (Tennis Magazine extra)

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、どうもです(^_^)/

    上から下へとスライドさせるような感じでしょうか?

    ハードヒッターへの甘い誘いですね。

    それが罠だとも気づかずに・・・(;^ω^)

    なんてね(笑)

  2. てにまま より:

    ちょっと私のサーブに似ている気がしますw

    >意識としては、グリップエンドを引き下げる意識

    逆回転がかかっているらしく、強打者は結構ネットしてくれます。